9月 232011
 

クレジットカードが普及した今、トラベラーズチェックは役に立たない事はありませんが、使い勝手が悪いだけの金券でしかありません。
クレジットカードを持てない理由が無い限り、海外旅行では少量の現金と、クレジットカードがあれば問題ありません。

日本から海外に行く場合、トラベラーズチェックを購入するには取り扱い銀行などに行って、どこかの通貨立てのトラベラーズチェックを買う事になります。
アメリカに行くならUSドルのトラベラーズチェックなど、行き先にあわせて購入する必要があります。もちろん、現地通貨のトラベラーズチェックが無い場合もありますが、その場合、日本円かUSドルなど、主要通貨のトラベラーズチェックを買う事になります。

購入時には所定の手数料がかかります。為替の問題もあり、基本的に数%は損をする事になります。
使用する場合は、支払いをトラベラーズチェックで出来るホテルなどもありますが、一般の小売店がそれを受け取るかどうかはわかりません。おそらく、クレジットカードは無いのかと聞かれ、対応しないところも多いでしょう。
現金にする事も可能です。

余った場合は、売却するのが基本です。もちろん、そのまま持っていても問題はありません。

クレジットカードなら、日本で使用するのと同様に使用でき、支払いは通常と同じなので、トラベラーズチェックをわざわざ買いに行ったり売却する手間が省けます。

盗難などの対策のためにトラベラーズチェックを選ぶ方もいるでしょうが、盗まれたり紛失した場合の危険性はクレジットカードと同様です。最近はクレジットカード使用時に他のIDカードで本人かどうか確認する事も多く、犯罪者は簡単には使えません。
クレジットカードの方が全体的な利便性は高いと言えます。

そもそも、海外旅行になれた方の多くの方は、トラベラーズチェックなんかみた事が無いようです。なんか昔使ってたらしいねというレベルでしょうか。
トラベラーズチェックをどうしようか気にしている方は、古い情報で惑わされないようにしましょう。

結論
海外旅行ではクレジットカードが必須。
トラベラーズチェックなんかいまだに存在しているんですか? という人多数。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 海外旅行でトラベラーズチェックは無用の長物 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.