SMSの後継となるメッセージングサービスRCSとは

携帯電話では電話番号だけで文字のやりとりが出来るSMSが利用出来ます。
SMSは携帯電話キャリアによって、ショートメール、Cメールなどのサービス名称が異なりますが、電話番号で文字のやりとりが出来る機能はSMS(Short Message Service)と言います。

このSMSで画像などのやりとりを出来るように拡張した物はMMSと呼ばれています。

このSMSやMMSの後継として準備が進んでいるのがRCSです。

RCSとは

RCSはRich Communication Serviceの略で、SMSよりもリッチな情報をやりとりできるようにする新しいサービスです。
携帯電話などの業界団体GSM Association(GSMA)が取り組んでいる新しいサービスで、GoogleもAndroidのメッセージアプリで対応するなど、スマートフォンでの対応も進んでいます。

GoogleはRCS関連企業のjibeを2017年に買収しており、かなり力を入れていることがわかります。
2018年2月に行われるMWC 18に合わせて43キャリアで取り組んでいることも公表しています。

このサービスでは単に文字や画像を送信できるだけでなく、ホテルの予約や飛行機のチケットの予約などで、カレンダーへの情報の追加なども出来るようになっており、企業がユーザーに情報を送信する際の利便性が向上するようです。

LINE、WhatsApp、Facebook Messengerなどが置き換わるわけではないでしょうが、電話番号で利用出来るので、今後利用範囲が広まると予想されています。

https://www.gsma.com/futurenetworks/rcs/”>RCS GSMA

Twitterが複数アカウントによる同じ投稿を禁止へ

Twitterは2018年2月22日、複数のアカウントから同じ内容を投稿する行為を禁止することを発表した。
Botなどによる複数の投稿を禁止する物で、投稿だけでなくRTや、Likeについても複数のアカウントでの設定を禁止にする。

ユーザーによる投稿だけでなく、Twitterのクライアントでも同様で2018年3月23日までにこの新しい基準へ対応する必要がある。

Twitter Bot

これは世論誘導するような行為を禁止する物で、選挙などにTwitterが悪用されることを防ぐ狙いがある。
近年、組織的にTwitterなどのSNSを使い、大量の投稿をすることで、世間に間違った印象を与える問題が発生しており、今回は同じ投稿を複数のアカウントにまたがってする事を明確に禁止する。

このような行為はシステム的に行われており、文言をある程度変えれば今後も複数のアカウントで同様の投稿は可能だが、SNSが悪用されることを防ぐ第一段階となりそうだ。

なお、自然災害などの緊急の場合に複数のアカウントへ同じ投稿をすることは禁止されない。

https://twitter.com/TwitterAPI/status/966367370708176897
Automation and the use of multiple accounts

YouTubeの新収益化基準を下回ったらどうなる

YouTubeが2018年1月に公開した新しい収益化の基準は、1000名以上のチャンネル登録者数、過去1年間の再生時間4000時間以上となっています。

これは新規の収益化申請に加えて、2018年2月20日現在の収益化していたYouTubeチャンネルにも適用されます。

気になるのはその後にこの基準を下回ってしまった場合です。

新収益化基準を下回ったらどうなるか

YouTubeのヘルプにはこのように書かれています。

YouTubeの収益化新基準

プログラムの条件を下回るとどうなりますか?
チャンネルが以前に YouTube パートナー プログラムの新しい条件に達し、審査されて収益化が承認された場合、過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者数が 1,000 人という条件を下回ったとしても、それだけで収益化の資格を失うことはありません。しかし、6 か月以上チャンネルの活動がなく、アップロードやコミュニティへの投稿が行われていない場合、YouTube は独自の裁量により、新しい条件を下回ったチャンネルの収益化の資格を取り消す権利を有します。
YouTube パートナー プログラムのポリシーに違反した場合は、総再生時間やチャンネル登録者数に関係なく、チャンネルは収益化の資格を失います。

What happens if I drop below the program threshold?
Channels that previously reached the new eligibility thresholds for the YouTube Partner Program and were reviewed and approved to monetize will not lose monetization just because they drop below 4,000 watch hours in the previous 12 months or 1,000 subscribers. YouTube does however reserve the right, at its discretion, to remove monetization from channels who drop below the new eligibility thresholds if their channel is inactive and not uploading or posting Community posts for 6 months or more.
Channels will lose monetization if they violate any of the the YouTube Partner Program policies, regardless of their watch hours and subscriber count.

YouTube パートナー プログラムの概要
YouTube Partner Program overview

つまり、基準を下回ったら直ちに収益化が無効になるわけではないが、新しい動画のアップロードなどが6ヶ月以上ない場合は、独自の裁量により収益化の権利を取り消すということです。

この独自の裁量というのがよくわかりませんが、YouTubeチャンネル自体に問題が無くても、場合によっては収益化が出来なくなる場合があるようです。

2017年末からのYouTube収益化の審査は最大3ヶ月待ち状態

YouTubeで動画を収益化するにはパートナープログラムへの加入が必要です。
しかし、2017年12月頃からこの審査が実質止まっています。

いつ再開するのかがはっきりと提示されたのが、YouTubeパートナープログラムの新基準が発表された2018年1月17日となります。
この時に今後数週間で審査が開始されるというメッセージがYouTubeヘルプに表示されました。

YouTube Partner Program overview
YouTubeパートナープログラムの概要

Updated January 17, 2018: If you applied for the YouTube Partner Program in the past month, your application will be reviewed in the next few weeks according to the new program eligibility requirements. Thank you for your continued patience in the meantime.

2018年2月20日に情報がアップデート

しかし状況は変化せず、既存の収益化済みチャンネルも新基準が適用される2018年2月20日にこの情報がアップデートされました。

資格要件に従って現在審査が行われています

Updated February 20, 2018: If you applied for the YouTube Partner Program in the past month, your application is currently being reviewed according to the new program eligibility requirements. Thank you for your continued patience in the meantime.

2018 年 2 月 20 日更新: 過去 1 か月以内に YouTube パートナー プログラムへの参加申し込みを行った場合、新しいプログラムの資格要件に従って現在審査が行われています。大変お待たせしておりますが、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

2018年2月21日に情報がさらにアップデート

YouTube pending application

Updated February 21, 2018: If you meet the new threshold, your pending application will be reviewed in the next few weeks, so look out for an email update around then. If you do not meet the new threshold then your application will be reviewed once you reach the new eligibility requirements.

日本語版はまだ公開されていませんが「ペンディング中の申請は数週間以内に審査されます」と書かれています。
2月21日に数週間以内とするなら、3月中旬くらいになるのでしょうか。

審査が止まってから3ヶ月ほど、新基準が発表されて1ヶ月以上審査が実質進んでいない状況で審査中というメッセージに変わりました。
実際の所いつ審査が終わるのでしょうか。

最大3ヶ月待ちというのは2018年2月下旬現在で、これが長引けば4ヶ月待ちもしくはそれ以上になってしまうのかも知れません。

YouTubeの2018年1月の収益化新基準に達していないと2018年2月から収益化不可

YouTubeは2018年1月17日(現地時間)に、動画を収益化できるYouTubeパートナープログラムに関する新しい基準を発表しました。

チャンネル登録者数1000名以上、過去1年間の再生時間4000時間以上のチャンネルだけ収益化出来るようになりました。
2017年春に再生回数1万回以上という基準が作られましたが、これを置き換える新しいより厳しい基準です。

クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP)の新たな変更点に関するお知らせ

ここで、既存の収益化しているチャンネルもこの基準に達していない場合、2月20日に新基準が適用されると公表されていました。

対象外の収益化済みチャンネルはどうなったか

新しい基準に達していた場合は収益化は継続されますが、基準に達していない場合は収益化が出来なくなります。
この新しい基準は日本時間2018年2月21日早朝に適用になったようです。

収益化の対象ではありません

申請はまだ完了していません。

収益受け取りプログラム

これはMCN(UUUMなど)に加入している場合も適用されます。

AdSenseへの紐付けはそのままで、収益化関連の設定が解除され、再度申請が必要な状況になっています。
一部の設定は可能なようですが、基準に達していないと審査すらされないので、基準に達する前に設定をすることはあまり意味が無さそうです。

まずは魅力的なYouTubeチャンネルの作成を目指し、再度のYouTubeパートナープログラムでの収益化を再開させましょう。