日曜日, 12月 5, 2021

ゼロとイチしかないデジタルで大きな数字を使う方法

デジタルにはゼロとイチしかありません。パソコンやスマートフォンはデジタルですが、ゼロとイチしかないデジタルでどうやってそれ以上の数字を扱っているのでしょうか。 0と1しかない場合は、2つの表現しかできないです。ゼロとイチの2つなので、数字で言うと0と1の2つだけです。 一般的には数字は0から9まで10個あります。この10個の数字を使っても0から9までしか数えられないと思う方はいないでしょう。実際にはそれ以上の数字を扱っています。0から9まで使ったら一つ桁を増やして10。99まで使ったら100と順次桁を増やしています。 これと同じようにゼロとイチしかないデジタルでも桁を増やして行けばどんな数も扱えます。 デジタルのゼロとイチで数字を表すには 一般的な数字デジタル001121031141005101611071118100091001101010111011121100131101141110151111 このようにデジタルで一般的な数字以上の勢いで桁が増えていきます。ゼロとイチしかないデジタルでも桁を増やして行けば、一般的な数字と同じように大きな数字を扱えます。

デジタルとは何か

コンピューター、パソコン、スマートフォンなどはデジタル機器などとも言われますが、そもそもデジタルとは何でしょうか。 デジタルとはかなり大雑把に言えば、電気が入っているオンの状態か、電気が入っていないオフの状態しかない物のことです。一方でデジタルの逆と思われているのがアナログです。アナログはデジタルと違って、オンとオフがきっちりとは決まっておらず、中途半端な状態もあります。 デジタルの場合はゼロ(0)とイチ(1)しかないですが、アナログの場合は0も1も0.1も0.4も0.99999もあります。 部屋の照明で例えると、デジタルの場合は照明がついていて明るい状態か、消えていて真っ暗な状態しかないです。アナログの場合は、消えている状態もあれば、若干ついていてぼんやり明るい状態もあれば、そこからもう少し明るめになっている事も、結構明るい時もあります。そんな曖昧な状態があるのがアナログで、デジタルの場合ははっきりと決まっています。 このデジタルのはっきりと決まっている状態を活用すると、コンピューターで重要になる回路が作れます。 コンピューターの内部をみていくと最終的に行き着くのがどこかがオンかオフになっている状態です。このオンとオフの状態をうまく組み合わせると作れるのが論理回路です。 論理回路を活用し、この回路を大量に組み合わせることで、コンピューターの機能を実現しています。論理回路というのはいくつかありますが、計算するのに必要な、足し算のための回路(加算機)、データを保存するための回路(フリップフロップ)など何種類もあります。この論理回路を大量に組み合わせているわけですが、大量と言っても100とか1000、10万レベルではありません。論理回路を作るためにはトランジスタという部品を使いますが、2020年前後のスマートフォンでは100億個のトランジスタが使われています。1つの論理回路に2個のトランジスタを使っていた場合、1つのスマートフォンに50億個の論理回路が入っていることになります。

IMEとFEP 日本語入力の仕組みと名称変化

パソコンのキーボードで日本語を入力するには、キーの数が少ないのでそのままでは入力できません。 英語など欧米の言語の場合、文字数が30文字以下のため、キーボードから直接文字を入力できますが、日本語の場合、ひらがな、カタカナ、漢字など数千文字あり直接入力は出来ません。同じように入力できない言語に中国語、韓国語などがあります。 このような言語で入力するためには、かな入力の場合ならかなを入力した後に、必要に応じて漢字に変換します。一般的なローマ字入力の場合、ローマ字からひらがななどにしてその後に必要に応じて漢字に変換します。 このような入力方式はインプット・メソッド(Input Method、IM)と言います。OSにこのインプットメソッド用の仕組みが組み込まれており、この仕組みを使った入力の仕組みはインプット・メソッド・エディター(Input Method Editor、IME)と呼ばれています。Appleの場合は公式にはIMと呼んでいるようです。 Windowsの場合はMicrosoft IME、macOSの場合は日本語入力プログラムという名称の日本語入力IMEが組み込まれています。 それ以外のIMEとしてはATOK、Google日本語入力があります。

DX デジタルトランスフォーメーションとは

DX デジタルトランスフォーメーションという言葉がIT業界では2010年代後半からよく使われるようになり、一般メディアでも2020年頃からよく使われてるようになっています。デジタルトランスフォーメーションを英語で書くとDigital Transformationになり、TransをXと略しているためDXとも書かれます。 デジタルトランスフォーメーションの定義はそれぞれ異なる場合がありますが、日本の経済産業省がまとめたデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)における定義を利用するのがわかりやすいです。 「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジ タル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのも のや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004.html つまり、デジタル技術を活用して、業務を変革して競争上の優位性を確立することです。 これを実現するには何段階かあり、業務をデジタル化し、情報を集め、その情報を活用する必要があります。これは大小関係なくどの業界でも当てはまることで、小さな個人事業から、社員数十万人の国際的企業まで、業種を問わず全て業界で活用可能です。 例えばお弁当屋さんを個人で開業しているとして、日々の売上げ等は最終的にまとめてはいても、細かな分析はしていない事は多いでしょう。仕入れ、仕込みなどは経験から来る勘で行っていることが多く、長年の経験でうまく出来ていることも多いでしょう。それでも問題ないかも知れませんが、例えば日々の売上げを分ごとに分析し、いつどのような時間帯に何が売れるのか、どのような人が何を選ぶのかがわかれば、仕込みを最適化できるようになります。こんなことは長年の勘でも出来るし、そこそこうまくいっているので、そのまま勘だけで行うのが従来のやり方です。
Advertisment

Follow Us

0ファンいいね
0フォロワーフォロー
3フォロワーフォロー
0購読者購読

Parties

プログラミングの難易度を他の事と比べます

0
コンピューターでのプログラミングは何をするかで難易度が大幅に異なります。マシン語は難易度が相当高く、Cはかなり高く、Pythonはそれほどでもなく、ノーコードは簡単というようなイメージですが、どのくらい難易度が高いのかはプログラミング未経験者の方には全く理解出来ないと思います。 他の世界の難易度と比較してみます。 プログラミングの分類はイメージで実際とは異なる事があります。 料理の難易度車を作る難易度服を作る難易度マシン語魚を釣りに行く、動物を育てる、野菜を種から育てるところから始める鉄、原油、ゴムなどの車に使う素材を探すところから始める綿花、蚕、原油などから素材を作るところから始めるC言語、C++さばいていない魚、ほとんど加工されていない肉の塊、野菜は畑からとってくるなどして、自分で加工して料理をする素材業者に車用の素材を発注して車用の素材を作る糸を編むなどして布にして、染色などは自分で行うJava、C#、Swift魚の切り身、加工後の肉、使いやすいようになっている野菜などの半加工品を買ってきて、自分で暖めたり、味付けなどして自分で作る棒状や板など、ある程度加工されている素材を、自分好みのサイズなどに切るなど、細かな加工をして車に仕上げていく好みの生地を選んで、裁断、縫うなどして服の形にするPython、JavaScript冷凍、レトルトなどから自分で解凍などして並べるパーツを組み合わせて乗りたい車を組み立てる服を加工してオリジナル感を出したりするノーコード並んでる物を選ぶカフェテリア好みのエンジン、シート、色などを車屋に伝えて注文する店で選んで買う使うだけの人お母さんが作ったものを食べるお父さんの車に乗るお母さんが買ってきた服を着る マシン語、機械語 プログラミングでマシン語は、CPU、メモリなどそのコンピュータを全て理解していないと利用出来ませんし、全て1から行わなければならないので、他の難易度で言うと素材集めから始めなければならないような状態です。このレベルになると、専門業者の中のその中の専門家が行うような事になります。プログラミングでは、一般のソフトウェア開発者の場合、ソフトウェアエンジニアリング関連の授業でやったことがある方がいるくらいでしょうか。このあたりを理解している人が本物です。

ゼロとイチしかないデジタルで大きな数字を使う方法

0
デジタルにはゼロとイチしかありません。パソコンやスマートフォンはデジタルですが、ゼロとイチしかないデジタルでどうやってそれ以上の数字を扱っているのでしょうか。 0と1しかない場合は、2つの表現しかできないです。ゼロとイチの2つなので、数字で言うと0と1の2つだけです。 一般的には数字は0から9まで10個あります。この10個の数字を使っても0から9までしか数えられないと思う方はいないでしょう。実際にはそれ以上の数字を扱っています。0から9まで使ったら一つ桁を増やして10。99まで使ったら100と順次桁を増やしています。 これと同じようにゼロとイチしかないデジタルでも桁を増やして行けばどんな数も扱えます。 デジタルのゼロとイチで数字を表すには 一般的な数字デジタル001121031141005101611071118100091001101010111011121100131101141110151111

デジタルとは何か

0
コンピューター、パソコン、スマートフォンなどはデジタル機器などとも言われますが、そもそもデジタルとは何でしょうか。 デジタルとはかなり大雑把に言えば、電気が入っているオンの状態か、電気が入っていないオフの状態しかない物のことです。一方でデジタルの逆と思われているのがアナログです。アナログはデジタルと違って、オンとオフがきっちりとは決まっておらず、中途半端な状態もあります。 デジタルの場合はゼロ(0)とイチ(1)しかないですが、アナログの場合は0も1も0.1も0.4も0.99999もあります。 部屋の照明で例えると、デジタルの場合は照明がついていて明るい状態か、消えていて真っ暗な状態しかないです。アナログの場合は、消えている状態もあれば、若干ついていてぼんやり明るい状態もあれば、そこからもう少し明るめになっている事も、結構明るい時もあります。そんな曖昧な状態があるのがアナログで、デジタルの場合ははっきりと決まっています。 このデジタルのはっきりと決まっている状態を活用すると、コンピューターで重要になる回路が作れます。 コンピューターの内部をみていくと最終的に行き着くのがどこかがオンかオフになっている状態です。このオンとオフの状態をうまく組み合わせると作れるのが論理回路です。

IMEとFEP 日本語入力の仕組みと名称変化

0
パソコンのキーボードで日本語を入力するには、キーの数が少ないのでそのままでは入力できません。 英語など欧米の言語の場合、文字数が30文字以下のため、キーボードから直接文字を入力できますが、日本語の場合、ひらがな、カタカナ、漢字など数千文字あり直接入力は出来ません。同じように入力できない言語に中国語、韓国語などがあります。 このような言語で入力するためには、かな入力の場合ならかなを入力した後に、必要に応じて漢字に変換します。一般的なローマ字入力の場合、ローマ字からひらがななどにしてその後に必要に応じて漢字に変換します。 このような入力方式はインプット・メソッド(Input Method、IM)と言います。OSにこのインプットメソッド用の仕組みが組み込まれており、この仕組みを使った入力の仕組みはインプット・メソッド・エディター(Input Method Editor、IME)と呼ばれています。Appleの場合は公式にはIMと呼んでいるようです。 Windowsの場合はMicrosoft IME、macOSの場合は日本語入力プログラムという名称の日本語入力IMEが組み込まれています。

DX デジタルトランスフォーメーションとは

0
DX デジタルトランスフォーメーションという言葉がIT業界では2010年代後半からよく使われるようになり、一般メディアでも2020年頃からよく使われてるようになっています。デジタルトランスフォーメーションを英語で書くとDigital Transformationになり、TransをXと略しているためDXとも書かれます。 デジタルトランスフォーメーションの定義はそれぞれ異なる場合がありますが、日本の経済産業省がまとめたデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)における定義を利用するのがわかりやすいです。 「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジ タル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのも のや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004.html つまり、デジタル技術を活用して、業務を変革して競争上の優位性を確立することです。

ASUSマザーボードでIntel PTTをオンにする方法

0
Windows 11ではシステム要件が厳しくなり、特にセキュリティ関連機能のTPM 2.0への対応が必要になります。この機能は最近のほぼ全てのパソコンで対応していますが、特に自作PCのマザーボードではオンになっていない場合もあります。 Microsoftが提供しているPC正常性チェックで非対応となった場合 ASUSのマザーボードの場合UEFI BIOS Utilityで設定する必要があります。 設定方法はAdvanced - PCH-FW ConfigurationでPTTをEnableにします。