火曜日, 6月 15, 2021
ホーム ネット時代の基礎知識

ネット時代の基礎知識

普段絵を描かない方が絵を描こうとすると一発で最終的な描こうとすることがあります。 プロならともかく、一発で確実に絵を描くことは困難です。
音楽はDTMとしてパソコンで気軽に作曲できるようになりましたが、スマートフォンやタブレットの普及でさらに簡単に自分のオリジナル曲が作成出来るようになっています。プリセットをちょっと加工したり、ループ音源を並べていくだけで簡単に音楽が作成出来ますし、スマートフォンだけで楽器演奏も可能です。 しばらくやっていると、なんとなくそれっぽい音楽が作れるようになりますし、それっぽい用語もなんとなくわかってきますが、音楽の基礎知識がないので、理解が浅いこと事に気づくでしょう。 音楽の基礎を学ぶ流れ どの程度までの基礎を学びたいかにもよりますが、音楽の基礎と言っても様々な物があります。 調べると出てくるのは音楽理論です。音楽理論はある程度わかっている人が音楽に関する知識を深めるために学ぶ物と考えると良いでしょう。その前に、楽典(がくてん)を学びましょう。 楽典とは 楽典は音楽知識の基礎中の基礎のようなことで、音程や音階、音符など基本的な事を学べます。つまりドレミとはなにか、8分音符とか全音符、休符など基礎中の基礎を学べる物です。小学校くらいの音楽の時間に習うようなことと考えると良いでしょう。 これをさらに難しく学習するのが音楽理論で、基本的な事を理解していない場合は、楽典から学習を開始するのが適しています。 音楽理論はどこまで学ぶべきか
日本の携帯電話番号は、MNP等により状況に変化はありますが、基本的には初めの数桁をみるとどのようないつどの携帯電話会社で取得された番号なのかがわかります。 携帯電話の簡単な歴史と、いつ頃から使われている番号が推測できる情報を解説します。
スマートフォンの仕様をみるとRAMとROMという項目があります。 スマートフォンにおけるROMはストレージの意味で使われているようですが一般的なコンピューター用語では使われていない間違った使い方です。
通常のWebサイトを用意して、会社情報、商品やサービスに関する基本的な情報を掲載するのはインターネットが始まった頃から必要とされている基本的な内容です。 近年注目されているのが、自社でメディアを持つオウンドメディア(Owned Media)です。 オウンドメディアとは、自社で自社に関する情報を雑誌や一般のWebサイトの用に発信するメディアを持つことです。