5月 272009
 

Windows XPには、ウィンドウを最小化するときにアニメーションで表示したり、マウスポインタの下に影を表示したり…と見た目重視のいろいろな視覚効果が用意されている。

これらの視覚効果は格好はいいのだが、CPUにかなりの負担をかけている。お節介な視覚効果をオフにしてWindows XPを快適に操作するには以下のように設定する。

1.[Windows]キーを押しながら[Pause]キーを押す。すると、[システムのプロパティ]ダイアログボックスが表示されるので、[詳細設定]タブをクリックする(a-1)。続いて[パフォーマンス]の[設定]ボタンをクリックする(a-2)。

[システムのプロパティ]

2.[パフォーマンスを優先する]ボタンを選択すると(a-3)、視覚効果の設定がオフになる(a-4)。

[パフォーマンスを優先する]ボタンを選択

3.Windows XPらしさを残したい場合は、[ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する]ボックスをチェックする(a-5)。[OK]ボタンをクリックすると設定が完了する(a-6)。

[ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する]

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 視覚効果をオフにして快適操作 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.