月曜日, 7月 4, 2022
ホーム プログラミング

プログラミング

プログラミングの勉強は本だけでも出来ますし、スマートフォンやタブレットでも出来ます。 しかし、実際にプログラムを作って、その結果を確認するというような事は、パソコンを使わないと出来ません。 このため、パソコン自体の使い方をある程度覚える必要があります。 決して細かなところまですべて覚える必要はありませんが、パソコンで何をするとどうなるのかは理解しないとプログラミングは出来ないです。 プログラミングの勉強をする前に、パソコンの基本的な操作は出来るようにしておきましょう。 特に必要なのはパソコン無いのファイルやフォルダの構造、プログラムのスタートのさせ方、インストール方法といった基本的な事です。 パソコン教室ではWordやExcelの使い方などを中心に教えているようですが、そのような使い方はプログラミングではあまり役に立ちません。WordやExcelで利用出来るVBAでプログラミングの勉強は出来ますが。 自己流で結構ですので、プログラミングの勉強をする前に、パソコンをある程度使えるようにして、プログラミングの勉強している間にもパソコンの機能自体がどうなっているのかある程度理解しておきましょう。 プログラミングを勉強する上でパソコンの使い方、パソコンの機能を知ることは、プログラミングを理解する助けにもなります。
JavaScriptフレームワークやライブラリは日々進化しています。 これらのフレームワークやライブラリを活用することが当然となりつつありますが、数ある中で何を使うかは非常に重要です。 その中で、これだけは押さえておけば問題ないという物をリストアップしました。 これ以外にも多数ありますが、自分の利用用途、ドキュメント類の豊富さなどから自分に合った物を選びましょう。 MVC (Model View Controller)系 Backbone.js Knockout.js Angular.js DOM (Document Object Model)系 jQuery Prototype Zepto.js 次点分など Underscore.js three.js D3.js YUI Library
コンピューターでのプログラミングは何をするかで難易度が大幅に異なります。マシン語は難易度が相当高く、Cはかなり高く、Pythonはそれほどでもなく、ノーコードは簡単というようなイメージですが、どのくらい難易度が高いのかはプログラミング未経験者の方には全く理解出来ないと思います。 他の世界の難易度と比較してみます。 プログラミングの分類はイメージで実際とは異なる事があります。 料理の難易度車を作る難易度服を作る難易度マシン語魚を釣りに行く、動物を育てる、野菜を種から育てるところから始める鉄、原油、ゴムなどの車に使う素材を探すところから始める綿花、蚕、原油などから素材を作るところから始めるC言語、C++さばいていない魚、ほとんど加工されていない肉の塊、野菜は畑からとってくるなどして、自分で加工して料理をする素材業者に車用の素材を発注して車用の素材を作る糸を編むなどして布にして、染色などは自分で行うJava、C#、Swift魚の切り身、加工後の肉、使いやすいようになっている野菜などの半加工品を買ってきて、自分で暖めたり、味付けなどして自分で作る棒状や板など、ある程度加工されている素材を、自分好みのサイズなどに切るなど、細かな加工をして車に仕上げていく好みの生地を選んで、裁断、縫うなどして服の形にするPython、JavaScript冷凍、レトルトなどから自分で解凍などして並べるパーツを組み合わせて乗りたい車を組み立てる服を加工してオリジナル感を出したりするノーコード並んでる物を選ぶカフェテリア好みのエンジン、シート、色などを車屋に伝えて注文する店で選んで買う使うだけの人お母さんが作ったものを食べるお父さんの車に乗るお母さんが買ってきた服を着る マシン語、機械語 プログラミングでマシン語は、CPU、メモリなどそのコンピュータを全て理解していないと利用出来ませんし、全て1から行わなければならないので、他の難易度で言うと素材集めから始めなければならないような状態です。このレベルになると、専門業者の中のその中の専門家が行うような事になります。プログラミングでは、一般のソフトウェア開発者の場合、ソフトウェアエンジニアリング関連の授業でやったことがある方がいるくらいでしょうか。このあたりを理解している人が本物です。 C言語、C++ ある程度素材が集まり、他の分野なら、専門の業者が行うような事を自分でできるくらいになると、かなり尊敬されるレベルなのではないかと思います。一般的に高速な処理が必要な場合にはこのあたりから行うことが多いです。素材からこだわるプロの料理人、レーシングカーを作るようなレベルになるとこのあたりからでしょうか。車や料理についてある程度わかっていないと、形にもならないように、プログラミングもコンピュータの事を理解していないと出来ないです。 Java、C#、Swift
プログラミング言語を学習する際、どの言語を学習するかは重要です。始めに学習した言語が学習者にとって難解でつまらない物なら、ほとんど学習しない段階で投げ出してしまうでしょう。何らかのプログラミング言語でプログラミングとは何かの基礎を学んだ上で、自分に必要なプログラミング言語を学習するという流れが最適です。 初心者向けプログラミング言語 始めに学ぶべきプログラミング言語は、対象者、スキルレベルなどによって異なります。例えば、コンピュータのことをよく知っていて、コンピュータをしっかり制御したい場合などにはC言語が適しているかも知れませんし、Webデザイナー等で、サイトの改善のためにプログラミングが必要になった場合はJavaScriptかもしれないし、PHPかもしれません。コンピュータの操作もよくわからず、インストールなども難しい場合はScratchかもしれないです。 パソコンに関する操作が一通り問題なくでき、その言語をある程度覚えるだけで様々な事にも活用出来るプログラミング言語はPythonです。Pythonなら学習用にも、基本的な学習後の活用にもそのまま利用出来ます。 パソコンの操作がよくわからないし、何かのインストールや設定もよくわからないような場合には、JavaScript及びHTML、CSSが適しています。インストールなどは不要で、ファイルに文字を入力し、保存するスキルさえあれば、自分で何かを書いた結果がEdge、Safari、ChromeなどのWebブラウザに直接表示されるため、パソコンの操作に不慣れた人にでもプログラミングの基礎を学習できます。JavaScriptやHTMLなどは現在のインターネットの基礎になっており、これを覚えておけば今後様々な事に活用することも可能です。 パソコンの操作自体がよくわからないし、キーボード操作もおぼつかないような場合に適しているのはScratchです。Scratchはインストールなど不要で、Webブラウザでマウスからドラッグアンドドロップさえ出来ればある程度のことは可能になります。 ここで説明した中でScratchだけは学習に特化しているので、Scratchだけで様々な事に活用することは難しいですが、ここでプログラミングの基礎を学んだ後に、PythonやJavaScriptに進んでいくのが良いでしょう。 従来、表計算ソフトのExcelなどで高度なことをやる際にマクロで利用していたのはVBA(Visual Basic for Applications)でした。VBAでも様々な事が出来ましたが、Microsoftの環境でしか使えませんでした。ExcelでもJavaScriptを使ってマクロを実行できるようになったため、より一般的なプログラミング言語で活用出来るようになっています。同じようにGoogleドキュメントでもJavaScriptは利用出来るなど、様々なソフトでJavaScriptに対応しています。何らかのアプリケーションソフトを使うのでなく、アプリケーションソフトを活用する際にJavaScriptの知識があれば様々な事が出来るようになります。 そのため、JavaScriptはある程度コンピュータを高度に使いたい方向けの基礎知識になりつつあります。
プログラミング関係の書籍は大量に販売されていますが、その言語を学びたい方に今現在適した書籍というのは限られます。 プログラミング言語の書籍は大別すると プログラミング自体を知らない人向けプログラミングは知っていて、新しい言語を学びたい人向けその言語の基本はしているが、より深く知りたい人向け特定の何かを目的とした物 に分けられます。 例えば プログラミングが初めての人向けに、プログラミングとはこのような物ですよと紹介する書籍は、プログラミングの基礎から、そのプログラミングを出来るようにする説明、そのプログラミングの基礎を説明しています。 プログラミングは知っていて、新しい言語を学びたい人向けの書籍は、その言語の文法や主要な機能を解説していて、プログラミングの基礎についての説明はほとんどありません。 より深く知りたい人向けの書籍は、特定のプログラミング言語の応用の使い方などを深く解説した物で、このあたりの書籍はかなり数が限られます。 特定の何かを目的とした物では、機械学習に関する説明をした書籍で、特定のプログラミング言語で機械学習する方法や、ゲームのプログラミング方法などを解説した物などがあります。どの場合も特定の言語や開発環境での開発方法を解説した物が多いです。 どの場合も、本人の目的に応じて選択する必要があり、自分の目的に合った物なのかは目次、内容をしっかりと確認しましょう。