YouTubeでアップロードした動画を再編集する方法

YouTubeでは、一度アップロードした動画を再編集できる方法を用意しています。
大きく分けて、YouTube動画エディタと、動画加工ツールの2つがあります。
動画エディタは、すでにアップロードした動画やクリエイティブ・コモンズの動画を組み合わせて新しく動画を作る際に利用できます。

動画エディタのは「クリエイターツール」「作成」「動画エディタ」で行くことが出来ます。
URLはhttp://www.youtube.com/editorです。

一度、アップロードした動画を編集したい場合は、動画加工ツールを使うことになります。

youtubeE1

動画加工ツールは、各動画の編集画面等から入ることが出来ます。

youtubeE2

ここでは、簡単なカット編集等が出来ます。

youtubeE3

さらに色の変更やぶれた動画を安定させるスタビライズ機能。

youtubeE4

色の変更やモザイク機能もあります。

youtubeE5

人の顔をぼやかす機能も用意されています。

youtubeE6

編集後の動画は、URLをそのままにして公開し直すことも出来ますし、新しいURLとして公開することも出来ます。

関連記事: