2月 092014
 

CameraSensorSize

カメラの画質を決める2大要素はセンサーサイズとレンズです。
一般的なカメラのセンサーサイズ一覧です。
センサーサイズが大きいほど、1つの画素がとらえる光の量が大きくなるので、画質が良くなります。しかし、センサーサイズが大きくなると、レンズも大きくなるのでカメラも大きくなります。

フルサイズ(35mm) 36 × 24mm 3:2 (フルサイズセンサーの一眼レフ)
APS-C(キヤノン以外) 23.5 x 15.6mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
APS-C(キヤノン) 22.5 × 15.0mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1.5型 18.7 × 14mm 4:3 (ハイエンドコンパクト)
フォーサーズ(4/3) 17.3 × 13mm 4:3 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1型 13.2 × 8.8mm 3:2 (ハイエンドコンパクト)
1/1.8 7.2 × 5.3mm 4:3 (少し高いコンパクト)
1/2.3 5.9 × 4.4mm 4:3 (一般的なコンパクトデジカメ)
1/3 4.8 × 3.6mm (スマートフォンなど)

ここで言う1型は1インチの25.4mmではなく、CCDが使われる前の撮像管を使用していたときの名残で、おおよそ15mmが1型となります。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - カメラのセンサーサイズ比較 Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.