情報漏洩の無い安全なスマートフォンはどれか?

スマートフォンの普及が徐々に進んでいるが、2012年に入るとスマートフォンからの情報漏洩が一般のニュースでも話題になっている。
どこまでを情報漏洩とするか、何を情報漏洩とするかは難しいところだが、インターネットを使っていれば、IPアドレスやブラウザに何を使っているかなどの情報は、接続先のサーバーにはわかる。さらに、検索結果などから表示する広告を厳選するような事まで出来るような仕組みがインターネットにはある。
これはインターネットの技術上防ぐのが難しい部分だが、メールや電話帳の内容など通常送信しない情報まで送信してしまうウイルスのようなソフトが、スマートフォンでもたびたび見つかっている。

スマートフォンのアプリはアプリストアなどからダウンロードするのが一般的だが、それ以外の手段で入れることも可能。
例えば、Androidはアプリストア自体をGoogleが提供しているGoogle Play(旧Android Market)や、その他の携帯電話会社のアプリストアなどいくつもあり、様々なところからダウンロードできる。
一方で、アップルのiPhoneはアップルのApp Storeからダウンロードすることしか一般ユーザーには出来ない。

アップルのApp Storeは登録されているアプリをすべてアップルが審査しており、ウイルスなどのアプリは基本的に無い。もちろん、アップルの審査をかいくぐるようなウイルスが出てくるような事も考えられるが、その可能性は非常に低い。

一方、AndroidのGoogle Play(旧Android Market)は基本的に審査なしに登録されたアプリが多く、どれが正常なソフトなのかウイルスなのかは一般ユーザーには判断が出来ない。
当然ながら、問題が発覚すれば、Googleが公開を止めるのでその点では安心できるが、情報流出などの被害を回復することは出来ない。
AndroidではGoogle Play以外に登録するソフトを事前にしっかり審査するマーケットもあるが、審査のレベルもいくつもあり、それが完全なことは無いので、完全に信頼することは出来ない。

基本的に、AndroidよりもアップルのiPhoneの方が、審査が厳しいため安全と言えるが、今後、その審査をかいくぐるようなウイルスが出てくる可能性はゼロでは無い。
Androidも使うアプリを開発元が著名で、定番となっているようなソフトだけに絞れば安心度が高い。情報漏洩するかどうかはアプリと本人の使い方次第だ。

まとめ
情報漏洩を防ぐにはアップルのiPhoneがお勧めだが、これが完全なわけでは無いし、Androidでもダウンロードアプリを厳選するなどすれば、その問題も少ない。
結局は使う人次第。

最新デジタル機器を何に使うかわからないなら手を出さない方がいい

パソコン、インターネット、電子手帳、携帯電話、スマートフォン、タブレットなど、新しいデジタル機器が続々と登場している。

インターネットが普及し始めた1995年頃にはWindows 95が登場し、パソコンブームとなったが、多くのインターネットやパソコンの使い方がよくわからない方が飛びつき、挫折していった。
挫折してった方の多くは、使い方がわからないとか、何に使ったらいいかわからないという受動的な人だ。能動的に何かやろうとしていった一部の方は、新しいビジネスを生み出し、一般ユーザーの多くは生活に生かしている。

携帯電話が普及し始めた1990年台後半には、いち早く使い出した人に対し、「そんなに電話するのかよ」とか、「携帯電話なんか使い道が無い」とか多くの方が考えていたようだ。しかし、携帯電話自体は単なる電話機で番号を押せば通話ができるという簡単な機能だったので、誰にでも使うことが出来た。いつでもどこでも連絡ができるようになったので、今ではほとんどの方が携帯電話を所有する、現代人の生活必需品になってしまった。

そして、携帯電話からiPhoneやAndroidなどのスマートフォンになり、iPadなどのタブレットが普及し始めている。
携帯電話で電話や簡単なメッセージのやりとりしかしてこなかった方に、iPhoneなどでインターネットをパソコンのように使えたり、アプリで様々な事ができると説明されても、イマイチぴんとこない方が多いようだ。
タブレットも同様で、スマートフォンで十分と考えている方に、画面サイズが大きく、性能に余裕があり、スマートフォンより活用の幅が広がると説明されても、どう活用したらいいかわからないのか、不要と考える方も少なくないようだ。

これは、どちらかというと、この最新の機器は自分の周りの何かに生かせるのではないかといった、将来性を予想できない人に多い。インターネットを初めて見て何に使うかわからなかった方は、能動的に誰かがやっていることをなぞるだけだったが、将来性が予想でき、ある程度技術もあった方は新たなビジネスを生み出すなど新しい道に進んでいった。

初期の電子手帳は、シャープなどが出していた単なる電話帳的な機能の製品から、PalmやWindows Mobileを経て、iPhoneやAndroidへ進化していったが、iPhoneやiPadなども将来は何か別の物に進化する可能性がある。
初期の電子手帳は機能は少ない物の、当時はある程度使える物だった。現在のiPhoneやAndroidなども今はすごい機能が満載だが、10年後に使われている同様のコンセプトのデバイスに比べると、機能は劣る物となるだろう。

現在、単なる携帯電話は、より進化したスマートフォンへ、移行しつつある。
今までデジタルデータの処理に使用していたパソコンと、スマートフォンの間を埋めるデバイスとして、タブレットが普及し始めている。
タブレットの台頭でパソコンの売上げが減少する事が予想され、パソコン各社はタブレットに負けない魅力のパソコンを開発するなど、各デバイス間での競争も激しくなっている。

タブレット自体もサイズ別などに様々なバリエーションが登場しようとしており、2012年現在はiPadが圧倒的だが、まだまだ発展途上だ。

パソコンはある程度機能が安定している。毎年機能は向上するが、1年もすれば大きく進化するスマートフォンやタブレットよりは革新が少なく安定した製品と言える。
パソコンは5年程度そのまま使っても最新モデルに比較すれば、性能は向上しても活用の幅は変わらないだろうが、スマートフォンやタブレットは5年もあれば3世代くらいは進化する。
その進化について行けないような、何に使ったらいいかわからない方が、そのたびに流行に飛びつけば、ほとんど使いこなさないうちに新しい物を購入することになるだろう。

最新デバイスを、この製品はこんな事に使えると自分が理解できるようになってから購入するのでも遅くは無い。

ただし、その場合はかなり時代から遅れることにもなるが、ある程度成熟したものを購入でき単純な出費という意味では少なく済ますこともできる。

「ドコモ、2012年夏にiPhone参入騒動」は意図的リークか?

通常、各企業による公式発表以外の報道は誤報になることもあり、すべてを信頼することはできない。
しかし、何らかの形で意図的に情報をリークするなどして、他社を牽制するために結果的に誤報になったとしても情報をリークすることはあり得る。

2011年12月1日に日経ビジネスオンラインにおいて、2012年にドコモがiPhoneおよびiPadを販売することに合意したとの記事が掲載された。

ドコモ、来年夏にiPhone参入 日経ビジネスオンライン

複数の関係者によると、11月中旬にドコモの山田隆持社長と辻村清行副社長らが訪米し、アップル本社でティム・クックCEO(最高経営責任者)らと会談。次世代iPhoneと次世代iPadの販売で基本合意し、販売数量などの条件について本格的な交渉を開始した。
アップルはドコモにiPhoneやiPadの販売権を与える条件として、ドコモが昨年12月に商用化したLTEネットワーク(サービス名は「Xi(クロッシィ)」)に対応させることを要求し、ドコモがこれに応じたもようだ。

この情報はどこからのどんな意図の物か
この記事は日経ビジネスの取材による物だが、ドコモもしくはアップルの内部関係者しか知らないような情報から記事にしたようだ。日経ビジネスと言えば、日本でも一流の報道機関であり、全く何もないところからの情報ではないだろう。
しかし、アップル自体はこの手の情報統制に内部でも厳しく、日本のアップル関係者は一般的に直近にならないと情報を知らされていないようだ。そうなると、米国のアップル関係者から得た情報とも考えられるが、国内取材が中心の日経ビジネスが、米国のアップル関係者からここまで情報を引き出したとは考えにくい。製造業者からの情報もあり得るが、ハードウェアの情報は得られても、通信業者に関する情報は知らされないのが一般的だろう。残るのは、ドコモの関係者だが、アップルや他社からの情報入手が困難なことを考えるとドコモ自身からの情報と考えるのが妥当だろう。

ドコモは、純増数などでソフトバンクに差をつけられ、2011年10月のiPhone 4S発売以降、auとも差をつけられるようになっている。MVNOによる乗り換えも多くなっていると考えられるが、ドコモの公式な情報ではこの影響は、Android端末の発売が12月などになったことの影響が大きいと考えられている。
しかし、実際の販売状況をよく知るドコモ自身が、現行のAndroid端末ではiPhone 4Sに勝てる見込みがないことから、情報をリークするという形で他社の勢いを削ごうとしたと考えることもできる。もちろん、これらの情報が誰がどういった形でこの記事を書いた記者に提供されたのかは、記者自身にしか知るよしがないし、その意図も情報をリークした物しか知らない。

現在、スマートフォンを買おうかどうか考えている方の中には、ドコモでiPhoneが使えるようになるならそれまでまとうという方も少なくないだろう。また、より高速な通信速度で使えるとされているLTE対応の新機種が来年出るなら、ドコモかどうかはともかく現行機種を買うのを考える方も少なくないだろう。

そもそも、この報道にあるようにLTE対応のiPhoneやiPadはあるのか
iPhoneなどのLTE対応はQualcommなどの通信チップ開発状況から予想すると、2012年中頃以降になると思われる。これらのチップが2012年の次世代iPhoneや次世代iPadに搭載されたとしてもおかしくはない。
Appleとしても、日本でLTEの投資では先行するドコモを利用することで、iPhoneの使い勝手をより向上させるのは悪くない選択肢となる。

一方、ドコモはこの手の情報における教科書的な回答をしている。

弊社に関する一部報道について ドコモのお知らせ

現時点において、「iPhone」及び「iPad」の取り扱いについて、当社がアップル社と基本合意したという事実はございません。
また、現時点において、「iPhone」及び「iPad」の取り扱いに関し、アップル社と具体的な交渉をしている事実もございません。

消費者はどうすればいいか
これらの情報がどこからのどんな意図だったのかを検証することは難しいが、要するに企業同士の情報合戦であり、消費者がこれらの情報に惑わされ何らかの行動をするべきではない。
情報機器は各社ある程度計画的に開発、販売されるが、計画がうまくいかないこともあるし、Appleの場合は中途半端な製品を販売することもしない。そのため、実際に1年後にどんな製品が出てくるのか、もしくは出てこないかはApple自身も正確なことを言えるわけではない。
消費者としては、現時点で提供されている物が、自分が必要とする物が価値のある物かどうかで判断するのが正しいと言える。

スマートフォンのOSの種類とその基本的な特徴

現在、スマートフォンはiPhoneとAndroid系が人気だが、そもそもiPhoneとはなにか、Androidとは何かをわかっていない方も多いようだ。
iPhoneはAppleが自社で開発したOSのiOSを採用したスマートフォン、AndroidはGoogleが開発したOSのAndroidを採用したスマートフォンだ。

これらのスマートフォンはパソコンで言えばWindowsとMacの用に、基本的な部分(OS: オペレーティングシステム)が異なる。
それぞれのOSの基本的な特徴を解説しよう。

主要なスマートフォンのOSの種類と基本的な特徴

Symbian
5,000円から15,000円程度の主にノキアが途上国向けなどに提供する、低価格なスマートフォンに採用される。

Android
1万円から5万円程度と価格帯も幅が広く、低価格機からハイエンドモデルまで様々な製品に採用されている。GoogleがOSを開発し、端末メーカーがそれを採用した製品を提供する。

BlackBerry

2万円程度から。RIM(Research In Motion)の端末に採用されている。主にメールなど企業向けの機能を重視している。

Windows Phone

4万円から。Windows MobileやWindows CEなど、従来からあるマイクロソフトの組み込みや携帯型のOSの発展系で主に携帯電話に使われている。
開発はマイクロソフトで、そのOSを採用した機器がノキアや様々なところから登場する見込み。

iOS

4万円程度からのiPhoneに採用される。iPod touchなど携帯電話系の通信機能のない製品にも採用されるが、Appleの機器にのみ採用されている。

他にもwebOS、Bada、BrewなどOS自体は多数存在する。日本の従来型の携帯電話にもOSもあるなど、OSはどんな製品にも基本的には存在している。

スマートフォンは2011年より2012年頃買うのがお得か

iPhone 4SやGalaxy S IIなどが好調のようだが、これらのスマートフォンはどれもスペックが高くなった影響で、バッテリ駆動時間に大きな影響が出ている。
特にiPhone 4Sは通知センター(Notification center)などつねに通信するサービスがOSに追加されるなどの影響もあり、バッテリ駆動時間が従来機種より下がっているようだ。

スマートフォンはOSの機能などを問わずに、バッテリ消費が激しい物だが、これを性能や機能を落とさず改善するには、サイズそのままでバッテリ容量を増やすか、低消費電力にするしかない。
バッテリ容量は年々増加しているが、一気に増やすことは技術的に難しいため、あまり期待ができない。

各機器を低消費電力にするという点では、現実的な選択肢が2012年頃になると普及する。
それが、半導体の製造プロセスだ。

たとえば、TSMCという大手半導体製造会社は10月24日に28nmプロセスでの製造開始をアナウンスした。
半導体製造プロセスは単純に言えば細かくなればなるほど、部品自体が小型化され、低消費電力で動作できるようになる。従来40nmだったものが一段階小型化されるため、消費電力面では非常に有利になる。

この28nmプロセスでの半導体製造はプロセッサーだけではなく、通信モジュールなど様々な部品にも影響する。これが多くの部品に採用されるのが2012年頃からなので、スマートフォンは2012年頃になると2011年の同等製品と比較し、バッテリ駆動時間が延びることになる。

その代わり、2012年頃になると次世代のより高性能なARMアーキテクチャーを採用する製品が登場し、よりパフォーマンスが向上することになる。このパフォーマンス向上とバッテリ駆動時間の関係がどうなるかは製品が出てみないとわからない。