パソコンに接続して使えるUSBキーボード(鍵盤)の選び方

キーボードは2種類あります。パソコンで文字入力するキーボードとピアノなど楽器のキーボードです。

パソコンで音楽ソフトを使えば、パソコンを楽器のように使用する事ができます。この音楽ソフトで音楽データを入力するのに便利に使えるのが楽器のキーボードです。
もちろん、マウスや文字入力するキーボードでも音楽データの入力はできますが、楽器演奏がうまくなくとも、楽器用のキーボードで入力した方が便利です。

もちろん、楽器用のキーボード自体は無くてもいいのですが、最近は楽器の演奏練習がパソコンを通してできるようになっています。その代表例となるのがMacのGarageBandです。
GarageBandはMacを購入するとついてくる無料で使用できる作曲ソフトですが、2009年に登場したバージョンから楽器練習機能が追加されました。

GarageBand

この練習機能は基本的な事から学習するので、初めて楽器を演奏するという方でも使用できます。また、アーティストレッスンという機能もあり、有料となりますが、ノラ・ジョーンズなどが自身の曲の演奏方法を教えてくれたりもします。

このレッスンではピアノなどの鍵盤楽器とギターの練習ができますが、それぞれ楽器のキーボードとギターが必要になります。

ギターでは、音声出力(シールド)のあるギターが適していますが、楽器のキーボードはUSBで接続できるタイプが適しています。

このUSBで接続できる楽器のキーボードはいくつかの種類があります。
電子ピアノやシンセサイザーなど高価な物から、単に鍵盤だけあり、単体では何の機能もない物など多種多様です。

電子ピアノは、ピアノの音を電子的に再現したピアノですが、鍵盤を押さえたタッチ感など含め本物のピアノを再現しています。5万円程度で購入できる物もありますが比較的高価です。

シンセサイザーは、電子的に様々な音を出せる楽器で、鍵盤がついている物が多いですが、どちらかといえば鍵盤は演奏に使うためのおまけで、どんな音が出せるかがシンセサイザーのポイントとなります。一般的にスピーカーを内蔵しておらず、単体ではヘッドホンを使わなければ音も出ません。
こちらも5万円程度で購入できる製品もありますが、比較的高価です。

カシオなどが、楽器練習用のキーボードを発売しています。
光ナビゲーションキーボードとして2万円前後で販売されていますが、こちらはスピーカーなども本体に内蔵されており、単体で音も鳴り、それだけで練習にも使えます。
こちらをパソコンに接続するにはUSB端子が必須で、最新の製品の多くにUSB端子がありますが、古い物にはUSB端子が無い物も多く中古などで購入する場合は注意しましょう。

パソコンで接続するのが前提なら、単体で音は出ませんし鍵盤の機能しかありませんが、USB接続のキーボードがおすすめです。
例えばKORGのnanoシリーズ2にあるnanoKEY2は5,000円程度と非常に安価です。
もう少し高価で、見た目も普通の鍵盤の用な物なら同じKORGでmicroKEYという物が1万円程度で販売されています。

これらのキーボードは単体では音も出ませんし、シンセサイザーのように様々な音源も内蔵されていませんが、パソコンで接続して音楽データの入力やGaregeBandの音楽レッスンに使用するなら、このような低価格な製品が適しているでしょう。

キングジムのデジタルメモ ポメラ

King Jim Pomera DM10

テキスト入力に特化したデジタルメモのポメラが、キングジムより2008年11月に発売されました。

テキストを入力するだけの機能を持った製品で、折りたたみ式のキーボードを採用し、小型の筐体ながらフルキーボードに近いキーピッチを持った製品です。
日本語変換にはジャストシステムのATOKが採用され、変換効率が高いというのも特徴の一つです。

King Jim Pomera

発売直後に1万台程度売れ、その半年後くらいにはテレビCMの影響もありさらに売り上げを伸ばし、販売一年後の2009年11月には9万台という当初目標の倍程度の売り上げを達成しました。

King Jim Pomera

ユーザーの85%は男性で、40代から50代が60%、30代が18%、60代が13%という状態で、男性ビジネスマンが利用者の中心である事がわかります。

2008年に登場したポメラのDM10は内蔵メモリなどの容量が少なく、全角で8,000文字までのファイルを6つしか保存できませんでした。
microSDカードを使えば、ファイル数自体は増やせますが、1ファイルあたりの容量など文字数の制限はユーザーにとって大きな不満となっていました。

また、バッテリ駆動時間が20時間程度と長いという特徴がありますが、その代わりに通信機能が付いていないので、このツールで入力した物をどうやって他の製品に転送するかが問題でした。
やり方としては、USB接続でWindowsパソコンと接続するか、microSDカードでファイルをコピーするしかありません。

それでも、テキストを入力する必要のある方、例えば議事録をとりたいビジネスマン、文字を書くのが仕事のライターなど様々な職業の方に受け入れられています。

http://www.kingjim.co.jp/pomera/

タッチタイプ(ブラインドタッチ)の基本 どの方式で入力するか

タッチタイプで入力するには、キーボードの配置を覚える必要があります。
その配置を覚えるためには、どの方式で入力するかが問題です。

平均的な日本人は、何らかの形でアルファベットを入力することが必ずあると思います。
英文を書くまでは行かなくても、例えばWindowsだとかMacだとか、もっと単純な例で言えば血液型のA,B,O,AB型など、日本人でも必ず英文を入力すると思いますので、英語の配列を覚えるのは必須でしょう。

日本語の入力方法は、大きく分けて3つの方式があります。
日本のパソコンに搭載されているキーボードは、ほぼ確実にかな入力用のプリントがありますが、このかな入力と、富士通のワープロ・オアシスに搭載されていた親指シフト、ローマ字入力の3つです。

親指シフトはNICOLAなどとも呼ばれていますが、日本語だけを入力する場合、一番速い配列などと言われています。今でも愛用者用に専用キーボードなどが販売されていますし、フリーソフトなどで通常のキーボードで親指シフトを使うことも出来ます。

ローマ字入力は現在一番使われている方法ですが、小学生などアルファベットを知らない方が入力する際はアルファベットから学習しなければならないという欠点もありますし、タッチする回数が多くなると言う点も欠点でしょう。
かな入力、親指シフトの欠点としては、日本語入力のためだけに配列を覚えなければならないというのがあります。

日本人なら一部の記号などを除いて、日本語で入力するので、これを覚える事は将来的に無駄にはならないでしょうが、タッチタイプ練習の段階で、日本語の配列を覚えなければならないのは負担ともなります。
ローマ字入力の場合、アルファベットの配列さえ覚えれば、アルファベットの入力に加えて、ローマ字で日本語も入力できます。覚えるのは26個です。
一方かな入力、親指シフトとも、50音を覚えなければならないので、2倍になりますが、アルファベットもタッチタイプ出来なければ意味がありませんので、76となり、覚える量はローマ字の3倍となります。

将来、高速にキーボードで入力しなければならない仕事に就くのでなければ、初めはアルファベットの配列を覚えてローマ字入力でのタッチタイプをマスターし、それでも速度が遅いと思うなら親指シフトでのタッチタイプを練習するのが良いのではないでしょうか?

小学生などの場合、将来を考えて、キーボードを使う前にアルファベットを学習し、その上でローマ字入力が出来るようになるのが理想ではないでしょうか?

タッチタイプ上達のためにその2
まずは、アルファベットの配列を覚えローマ字入力で練習

タッチタイプ(ブラインドタッチ)の基本 キーボードを見ないようにする

キーボードを見ないでタイプすることをタッチタイプ、タッチタイピングなどといいます。英語ではTouch typingです。
ブラインドタッチと呼ばれていた時期が長く、今でもブラインドタッチと呼ぶ方も多くいますが、ブラインドタッチ(blind touch)は和製英語で、日本では通じても英語圏では通じないので注意してください。

キーボードを見ないで入力出来ない人も多くいますが、ある程度キーボード入力に慣れてくると、感覚的にどのキーがどこにあるのかわかるようになり、キーボードを見るのは単なる癖のようになってしまう方も多くいるようです。
最終的には、キーボードの位置を覚え、感覚的に使えるようになるのが理想です。
キーボードの位置を覚えるのは短時間で出来ても、感覚的に使えるようになるまでは慣れが必要で、少なくとも数週間、キーボードを使う頻度によっては数年かかっても慣れない場合もあるかもしれません。
しかし、どなたでもしっかりと訓練すればタッチタイプは出来るようになります。

タッチタイプが出来るようになれば、入力速度が速くなるかどうかは人によります。
また、ミスタッチ(違うキーを押してしまう)が減るかどうかも人によりますが、ある程度慣れれば増える事もないでしょう。
タッチタイプに過剰な期待をせず、気長に訓練するのが一番ですが、キーボードを見て入力する癖が付いてしまうと、なかなかそれを修正するのは難しくなるので、キーボードを見ないようにするのが一番の訓練でもあります。

タッチタイプ上達のためにその1
キーボードを見ないようにする。