PlayStation Vitaはソニーの最新携帯型ゲーム機だが、PlayStation Portableに搭載していた光学メディアのUMDと互換性が無く、ゲームは新しく買う事になる。 UMDをVitaで使えるようにする方法も検討中との事だが、あまり期待しない方がいいだろう。基本的にVita用のソフトを購入するか、オンラインで提供されるPSP用のソフトを買うなどするしかない。 このオンラインでソフトをダウンロードするためには、Vitaにメモリーカードを入れる必要がある。ニンテンドー3DSは、デジタルカメラなどで使うのと同じ2GBのSDカードが付属していたが、VitaはVita専用のメモリーカードを別途購入する必要がある。 Vita専用のメモリーカードはメモリースティックマイクロに似ているが、これとどの程度互換性があるのかよくわからない。独自規格を推進する事に注力するソニーの事だから、わざわざ専用のメモリーカードを用意していてもおかしくない。 デジタルカメラなどで使用でき、3DSにも使える32GBのSDHCカードは2011年9月現在4,000円前後で購入できるが、Vita用の32GBメモリーカードは9,500円と、定価だとしてもかなり割高だ。 2GBのVita用メモリーカードは2,200円、Wi-Fi版のVita本体が24,980円なので、事実上最低でも定価ベースで27,180円(税込)必要となる。 実際は2GBのメモリーカードではとてもじゃないが足りないので、16GB程度は必要だろう。その場合、合計で30,480円となる。 Vita用のメモリーカードがメモリースティックマイクロと互換性があるなら、16GB版は2,500円程度で販売(2011年9月現在)されており、若干コストが抑えられる事も考えられる。 ちなみに、Vita用のゲームカートリッジを量販店などで購入して遊ぶだけなら、セーブデータなどはゲームカートリッジに保存されるので、Vita専用のメモリーカードは必要ない。
PlayStation VitaにはWi-Fi版と3GおよびWi-Fi版がある。 3GおよびWi-Fi版ならWi-Fiがない外出先などでも、通信対戦などが楽しめるが、3Gは携帯電話系の通信網を使用しており、別途通信料金がかかる。 この通信料金には様々なプランがあるが、ユーザーが一般的に使用するだろうプリペイドデータプランで最低料金を計算してみよう。 プリペイドデータプランは2つあり、980円の20hと4980円の100hだ。 それぞれ20時間と103時間(100時間プラス3時間)データ通信に使用できるが、利用期間も決まっている。20hは30日間、100hは180日間だ。 この期間が過ぎると利用時間がまだ残っていても使用できなくなる。 20hを選んだ場合、1年間使用するには360日間で11回更新する必要があり、初期の料金と合計で11,760円となる。 100hを選んだ場合、1回更新するので合計で9,960円となる。 20hを選んで、3ヶ月使用し、1ヶ月休んで、8ヶ月使用し、合計1年使用したとすると、途中で休んだことにより契約事務手数料を払わなければならないので、12,880円となり、毎月支払うより高くなる。 半年など長期間3Gを使わないなら途中で契約をやめても問題は無いが、週に1回でも使用するなら、永遠に料金を払う必要が生じる。 この3Gも通信速度が最大128kbpsだったり、使い勝手がよいわけではない。 個人的に外出先でインターネットに接続したいなら、料金もそれなりに高くなってしまうが、様々な機器で同時使用も可能なWiMAXなどのポータブルWi-Fiホットスポットをお勧めしたい。 PlayStation®Vita 3G/Wi-Fiモデル NTTドコモが提供するデータ専用プリペイドプランに対応 「プリペイドデータプラン 20h」:980円(税込)/「プリペイドデータプラン 100h」:4,980円(税込) PS Vitaで、これまでにないインタラクティブなエンタテインメントを実感していただくための プリペイドデータプラン同梱キャンペーンも実施
任天堂はゲーム会社の中でも、今後のゲーム市場拡大に向けて最も真剣に考えている会社と言え、その中から2画面でタッチパネルの携帯型ゲーム機ニンテンドーDSや、新しいコントローラー体験のWiiを登場させてきた。 その任天堂が、スマートフォン向けなどのカジュアルゲームの台頭にどう対抗しているのかが問われているのが2011年となり、3月に日本で発売したニンテンドー3DSの拡販をどうして行くのか、Wiiの後継機はどういった物になるのか、ソフトウェアの展開はどうなるのかなどが注目となっている。 以下、説明会の内容をみてみよう。 国内の直近のニンテンドーDS、Wiiハードの販売は、順調とは言えない物で、ソフトウェアでは売り上げトップ10に任天堂のソフトが一つも入ってないという状況になっている。 ニンテンドー3DSに関しても発売当初は順調だったが、発売3週目以降に大震災の影響が大きかったとはいえ、それ以上に売り上げが伸びていない。 アメリカでは、ソフトウェアでJUST DANCE 2といったダンス系ゲームが、WiiだけでなくXbox 360でもヒットしており、ダンスゲームブームという状況になっている。 ヨーロッパでは、絵心教室などがのびており、国によって状況は違うが、DSタイトルなどが順調に売り上げている。 ソフトウェア面だけみると、全世界で売り上げているポケモンブラック・ホワイトはアメリカ市場で前作を大きく上回る伸びを見せており、ヨーロッパで売り上げている絵心教室(Art Academy)も世界出荷本数は190万本となっている。 Wii Partyも定番ソフトとなりつつあるので、さらに伸ばすべくアメリカでの拡販を展開していく。 日本とアメリカのゲーム人口推移では、日本ではアクティブユーザーが50%程度、スリープユーザーが25%程度、ノンユーザーが25%程度となっている。 アクティブユーザーのうち、DSやWiiのユーザーは42%程度なっている。 一方、アメリカのゲーム人口は、アクティブユーザーが63%で、ノンユーザーが30%程度、7%程度がスリープユーザーということで、日本に比べてスリープユーザーが少ない事がわかる。 このようなユーザーの動向をふまえた新ハードを展開するのがWiiの後継機となるようだ。 具体的には2012年に発売、2011年6がつんい開催されるE3において、体験できる状態で出展し、具体的な仕様はこのときに公表。 「任天堂の考える家庭内で遊ぶゲーム機の新たな構造を提案したい」 ということなので、従来はなかった新しい提案のあるゲーム機となりそうだ。 ソフトはいくつか展開していくが、ニンテンドー3DSの普及に向けて更なる背作が必要となっている。 例えば、裸眼立体視は体験させればよい物ではなく、3Dの状態は人によって最適な位置が異なるので、それを適切な状態で啓蒙していく必要性。コンテンツの充実などが必要で、地道な取り組みを徹底していくとのこと。 また、すれちがい通信機能をいかした「すれちがいMii広場」というソフトもあり手応えも感じているが、3DSユーザー全員がこの機能を使っている訳ではなく、販売促進として、それを興味を持つきっかけを提供していくとの事。 5月末に本体更新を予定しており、「ニンテンドーeショップ」「インターネットブラウザー」の機能が追加されるが、この更新機能を使用していただけるように、期間限定で「エキサイトバイク」を無料配信し、ニンテンドーeショップを使うきっかけにしていきたい。 また、バーチャルコンソールも、ゲームボーイやゲームボーイカラーから始めるが、他のプラットフォームについても可能性を追求していくとの事。 ソフトも、ゼルダの伝説と機のオカリナ3D、スターフォックス64 3Dなどに続き、スーパーマリオ、マリオカードなど展開していく。 任天堂IRサイト
本格的な携帯ゲーム機は任天堂のゲームボーイが始まったと言ってもいいだろうが、それがより一般化したのが2004年にリリースされたニンテンドーDSだ。 ニンテンドーDSは2010年3月時点で1億3000万台ほどが売れたゲーム機で、同時期に発売されたソニーのPSPは5000万台強が販売されたようだ。 ニンテンドーDSの普及と同時期に携帯電話の機能が向上し、インターネットがよりパーソナルな使われた方をしている点も注目だ。 一般の携帯電話(フィーチャーフォン)は2007年頃からちょっとしたゲームなら問題なく動作するようになり、iPhoneなどに代表されるスマートフォンはさらに大画面でゲームが楽しめるようになっている。 FacebookなどSNSサイトでのゲームも一般化し、日本でもmixiや各種ゲームサイトが各種登場しパソコンや携帯電話などで、様々なゲームを楽しめるようになっている。 専用ゲーム機を購入する必要のあるニンテンドーDSやPSPはより作り込まれたゲームを、専用コントローラーで操作するので、ゲーム好きの方には欠かせない製品だ。しかし、出先などでちょっとした息抜きに簡単なゲームをやりたいような方にとっては専用端末が不要で、手持ちのパソコンや携帯電話などでゲームが出来れば十分という方も増えている。後者の短時間で楽しめるゲームをカジュアルゲーム、それを楽しむ方をカジュアルゲーマーなどと呼ぶこともある。例えば携帯電話の年間出荷台数は12億台という、ニンテンドーDSが6年ほどかかって達成した数字の10倍の規模となっている。 年間10億台を超える携帯電話のかなりの割合は、数千円で販売されている通話機能くらいしかないシンプルな携帯電話ではあるが、それなりにゲームも楽しめるような機能を持っている携帯電話も多数販売されているのが実情だ。 パソコンの販売台数は年間3億台で、その半分はビジネスユースと見られているが、より高価なパソコンでさえ、ゲーム専用ハードウェアよりも数が出ていることがわかる。 既に、ゲームしかできない、ゲーム以外の機能はおまけ機能のようなハードウェアよりも、ゲームも出来るハードウェアの方が圧倒的に数が出ている。 作り込まれ、一通り楽しむにも時間がかかるゲームよりも、短時間で楽しめるカジュアルゲームの方が圧倒的に数が出るだろう事は容易に予想できる。

人気

最新