Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
専用ゲーム機の行方 | わかるナビ
ホーム わかるレビュー 専用ゲーム機の行方

専用ゲーム機の行方

任天堂が2012年に発売した据え置き型ゲーム機「Wii U」が日本でも海外でも不振だ。 「ニンテンドー3DS」は日本でヒットし、欧米でもポケモン新作の影響などもあり2013年末に絶好調とは言えない物のそれなりの売り上げを記録した。 しかし、ディスプレイ付きのコントローラー「GamePad」を採用し、テレビを使わなくてもゲームを楽しめる「Wii U」が世界的に不振だ。 これはディスプレイ付きのコントローラーの利点を活かせていない事などが影響している。 これについて2014年1月30日(木) 経営方針説明会 第3四半期決算説明会において任天堂社長の岩田聡氏が挽回策について説明した。 現在スマートフォンなどが急速に普及している。単純に考えれば、以前のセガのように、独自ハードウェアから撤退し、任天堂がスマートフォン向けにソフトを提供すれば、かなりの売上げが期待できる。 しかし「ハード・ソフト一体型のビデオゲーム専用機プラットフォームを経営の中核とすること」はこれからも変えないことが説明された。 つまり、任天堂はハードとソフトを一体運営することで新しい遊びを追求していくということだ。 このため、現状のハードウェアを盛り上げていく必要がある。 「GamePad」の魅力を最大限に発揮するソフトを、「宮本の指揮する当社の内作開発部門の今年の最優先課題のひとつ」として開発している。 また、「GamePad」にはNFC機能があるが、この機能の活用例を6月に行われるE3で公表するとのこと。 また、「Wii U」は起動しゲームを選ぶまでに20秒以上かかるが、初夏に予定する更新ですぐにゲームを選べ、20秒程度でゲームが始められるようにする。 バーチャルコンソールでは、ニンテンドーDSへの技術的な対応のめどが立ったため、今後DSソフトを配信する。 以上が「Wii U活性化」策だが、2014年5月にはマリオカート8を全世界で販売し、単発に終わらないようにしていくとのこと。 さらにニンテンドー3DSもニンテンドー・ネットワークIDに対応したばかりだが、デバイス単位であったものをID単位にするのを推進する。 これをスマートフォンなどのスマートデバイスにも対象を広げる。スマートデバイスで任天堂とつながりを持てるような何らかのサービスを2014年中に開始する。ここで何をするかは現在開発中だが、「開発チームには、ゲームをつくることも、自社のキャラクターを使うことも禁じていません。」ということで、単なる文字や動画などでは無く、マリオなどを使った楽しめるコンテンツが登場してくることが予想できる。 さらに、スマートフォンなどでサービスを提供した方が便利な物はそちらを強化していく。 ハード・ソフトの売り方も変えていくという。 現在、ハードが3万円、ソフトが5千円という一律の料金体系だが、ソフトを何本も購入する方にはソフトを安くするというようなことが考えられるという。 これは中期的な計画だが、Wii Uではこの実験的な取り組みをしていくという。 また、キャラクターIPを積極的に活用していくことや、2015年からは新市場へのアプローチ方法を変更するという。 まとめ 任天堂はハードとソフトの一体開発をこれからも続ける Wii UのGamePadの魅力を高め、Wii Uを活性化させる ニンテンドー ネットワーク IDの積極活用 スマートフォンなどを積極的に活用する
任天堂の2011年第二四半期決算が発表されたが、円高などの影響で赤字に転落した。 10月28日に行われた決算説明会で岩田社長より今後の戦略などが紹介されたので、任天堂のゲームが今後どうなっていくか紹介しよう。 情報提供について 任天堂に限らず、多くの会社は自社での情報発信をそれほどせず、メディアに任せていたところがあったが、ニンテンドー3DSカンファレンスをネットで生中継した結果ユーザーからの反応がよかった経験から、ユーザーに向けて直接情報提供することを今後推進するという。 その第一弾が10月21日に行われたニンテンドーダイレクトで、IR向けの情報提供と分けて情報提供していくとのこと。 年末商戦について ゲームは年末商戦に売れ行きが上昇するが、例年の結果から今年も売れ行きが上昇することが予想されている。特にスーパーマリオ3Dランドやマリオカート7などの新作が続々と登場することで、3DSはもちろん、Wiiも売り上げが上昇することが予想されている。 年末商戦後について 従来、続編を中心に新作が提供されることが発表されていたが、それ以外にも新しいジャンルのソフトなどを提供していくとのこと。 ニンテンドー3DSの新機能について 3DSは11月末に本体更新が予定されているが、これによって追加コンテンツに対応、 起動回数制限の試遊版、スリープ中のダウンロードなどができるようになる。さらに将来はeShopのWeb化でeShopのコンテンツをPCやスマートフォンでも参照できるようになるとのこと。 すれちがい通信などの普及について 本体の普及により、口コミなどでの普及を狙う。 Wii U 2012年のE3でWii Uの最終形をみせる。ニンテンドー3DSでの失敗のようなことがないようにするというので、ソフトなどもかなりそろった状態で提供されることが予想される。 ゲーム専用機は生き残れるのか? これらの施策などを通して「ゲーム専用機限界論を払拭していきたい」とのこと。 2011年10月28日(金)第2四半期(中間)決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文
携帯型ゲーム機はスマートフォンなどゲームが出来る携帯デバイスの普及で厳しい競争となっている。 その中でも、エンターテイメント系デバイスとして脅威となっているのがiPod touchだ。 iPod touchはiPhoneと同等の外観、性能で電話機能のないメディアプレーヤーのような製品だ。 2011年10月に発表された最新製品でiPhoneと比較すると、プロセッサの性能が若干おとり、カメラ機能も低いが、基本的な部分は最新のiPhoneと同じだ。 何よりも魅力的なのが価格だ。 最も安い容量8GB版は16,800円(税込)でニンテンドー3DSより若干高い程度になっている。アメリカでは$199とニンテンドー3DSの$169.99より高いが、$200を切っていてボリュームゾーンには入っている。 この価格なら他の携帯ゲーム機と同等に競争できる。 機能面だけでみると、写真やビデオ撮影機能は3D画像がとれる3DSより画質自体は高機能で編集機能など含めより楽しめる環境が用意されている。 また、iPhone系やMacなどのみになるが、FaceTimeというビデオ通話機能があるのも訴求点となっている。 音楽プレーヤーや映像プレーヤーとしてみると、iPod touchは他機種を大きく上回っており、楽曲の購入などサービス面でみても大きく差を付けている。 肝心のゲーム機能では、3DSやPSPのような作り込まれたゲームは数が少ないが、無料もしくは100円程度で購入できるミニゲームが多数あり、出先での暇つぶしなどの目的なら十分こなせると言っていいだろう。 スマートフォンが携帯ゲーム機にとって脅威となっているが、携帯ゲーム機の主要ユーザー層の一つ、未成年市場では本体の価格や月額料金の高いスマートフォンはまだまだコスト面で負担が高い。 iPod touchのような月額課金無しで使用できるiPod touchは、ミニゲームなどが中心になる物の、購入後のコストも含めるとゲーム機としてみても非常にコストパフォーマンスが高い。
ゲーム機は数年置きに機能を向上させた新世代機が登場する。3DSも各種表示能力など携帯型ゲーム機としての基本機能が向上した。ソニーの新携帯型ゲーム機PlayStation Vitaも表示能力や操作方法など機能が向上する。しかし、最も目立つ表示能力が向上し、よりすごい表現が可能になったとしても、新しいゲーム機を買おうと思う方はゲームファン以外に多くはない。 これは、いくら速くなっても、燃費や安全性が高まったとしても、車に乗る方以外には車が売れないのと似ている。 3DSの立体視表示機能はこの表示能力向上の一種と言える。一般には立体表示こそニンテンドー3DSの最大の特徴とみられているかも知れないが、ゲームの楽しみを増大させる特徴は別にある。それが、通信に関係する機能だ。 ニンテンドー3DSの新機能 Wi-Fiを使った通信機能は初代ニンテンドーDSから備えていたが、これを強化しているのが3DSだ。 3DSのWi-Fi関連の機能強化点では、「すれちがい通信機能」や「いつの間に通信」がある。すれちがい通信機能では、特定のソフトでそのモードに設定しておくと、同じ設定をした他の3DS本体が近くにくると自動的にWi-Fiで接続し関連データをやり取りする。いつの間に通信は、インターネットに接続された3DSが自動的に各種データを受信する機能。 夜など充電している間など、3DSを使っていない間に、ビデオや本体更新データなどを自動受信し、自動的にアップデートしたり、外出先で自動受信したビデオの再生が出来るようになっている。 さらに、操作方法の改善では、ジャイロセンサーが付き、スライドパッドが追加され、よりゲーム操作の幅を広げ、DSiからついたカメラ機能も、3D撮影機能や、QRコードの読み込みが出来るようになり、拡張現実(AR)にも対応できるようになっている。 なかなか受け入れられない3DSの新機能 ニンテンドーDSが売れた理由に前世代のゲームボーイアドバンスからの表現力向上だけではなく、2画面でタッチパネル搭載による新しい操作方法のゲームが受け入れられた事がある。Wiiの表示性能は前世代のゲームキューブから多少向上した程度だが、今までのコントローラーとは異なる体験を生み出すモーションセンサーにより一般層へ広く普及した。 このように、新しいゲーム機を売るためには単に表示性能を向上させるだけではなく、ゲームを楽しむための付加機能の追加が欠かせなくなっている。 ニンテンドー3DSの場合は、Wi-Fiを使った通信機能やジャイロセンサーや内蔵カメラがそれだし、Wiiの後継機種となるWii Uはコントローラーにも画面がつくなど、新しい遊び方を提案できるようになっている。 しかし、これらの新機能もそれを生かしたゲームが登場し、誰でもわかりやすくそれによって楽しみが向上する事を一般層へ認知させない限り、売り上げに貢献する事は出来ない。 Wiiの場合、コントローラーの操作をみせるだけで新しい楽しみ方がわかったが、3DSの新機能でややこしい説明無しで誰でもわかる新機能は立体視機能くらいしか無い。その立体視表示については、ゲーム機の主要ユーザーとも言える子供への健康に及ぼす可能性、目が疲れるという意見があるなど、批判的な部分が目立ったりもした。 実際、立体視機能は新機能の一つジャイロセンサーと相性が悪いなど、まだ発展途上と言われても仕方の無い部分もあるが、この辺りどう伝えればいいか任天堂も苦労しているようだ。 そんな新機能も有力なソフトがそれに対応するなどすれば、それだけで状況が一変してしまうのがゲーム業界の面白い部分でもある。
ニンテンドー3DSの売り上げが芳しくない。 発売から半年ほどの8月に15,000円へ値下げし、9月には今後リリース予定のソフトが発表されそれなりに売れているようだが、大ヒットとはなっていないようだ。 その原因の一つにソフト不足がある。ゲームは年末年始にかけて販売数をのばす。11月にはスーパーマリオ3Dランド、12月にはマリオカートなど任天堂のソフトやサードパーティーから、年末から2012年にかけて主要ソフトが発売される予定で、それなりに売れる事が予想される。 DSシリーズは一時期常に品切れ状態になるなど絶好調といえたが、3DSに限らず今後の携帯型ゲーム機が同じようなヒット商品となるのは難しい。 一般層にどれだけ受け入れられるか ニンテンドーDSは2007年前後に大ヒットとなった。ヒットの要因となったのが、普段ゲームをやるゲームファンだけではなく、あまりゲームをやらなかった一般層に普及した事がある。このヒットは、脳トレなどゲーム機用のソフトとしては従来売れなかった教育ソフトなどが、一般層に受けたことが要因の一つだが、3DSもこのような一般層へどれだけ浸透するかが今後の売り上げに直結する。 一般のゲームファンは自分がやりたい面白そうなゲームが販売されれば、本体と一緒にソフトも購入する。しかし、ゲームに興味の無い一般層は本体の値段がいくら安くなっても簡単には購入することはない。脳トレのようなブームを再度狙うにも、簡単にできる物ではない。 スマートフォンと携帯型ゲーム機 3DSに限らず携帯ゲーム機は、スマートフォンの普及が販売数に障害となると考えられている。 2008年頃からiPhoneなどスマートフォンが世界的に普及し、普段はゲームをやらないような一般ユーザーでも簡単に楽しめるカジュアルなゲームが、スマートフォンで楽しめるようになった。日本でもモバゲーやグリーなどの従来型携帯電話でも気軽にゲームで楽しめるようになっている。ある程度のゲームが出来る端末を持っているなら、いくら安くてもゲーム機能が中心の端末をわざわざ購入しようと言う方は少ない。 ニンテンドーDSシリーズは2004年11月の発売から2011年3月末までの約6年半で全世界1億4,642万台販売(任天堂決算資料から)した。一方、スマートフォンの2010年の販売数は、全世界年間3億台ほど(ガートナーなどの携帯電話販売数、年間約16億台の20%と仮定)販売されている。 この売上データから予想すると、2011年末のスマートフォンの累計販売台数はニンテンドーDSの数倍と想定される。実際に使われている稼働台数も、DSどころかスマートフォンがすべてのゲーム機を圧倒しているだろう。 スマートフォンは今後さらに増加する事が確実で、大ヒットしたニンテンドーDSシリーズが6年かけた合計販売台数を圧倒する台数が確実に普及する。 こうなると、ニンテンドー3DSに限らず、わざわざ携帯型ゲーム機を購入するのはゲーム好きだけという事になる。任天堂は以前から「ゲーム人口の拡大」という戦略をとっている。ニンテンドーDSやWiiでは、新しい遊び方をアピールする事でそれに成功し本体やソフトの販売数を伸ばしたが、様々な機能を向上させた3DSでは、それが直接「ゲーム人口の拡大」につながっていないのが現状だ。 アップルの携帯型音楽プレーヤーのiPodはiPhoneの普及で販売数を減らしているように、それに変わる物が登場する事で、従来の製品が売れなくなる事がよくある。 携帯型ゲーム機もその状況に陥ってしまうのだろうか?

人気

最新