パソコンに接続して使えるUSBキーボード(鍵盤)の選び方

キーボードは2種類あります。パソコンで文字入力するキーボードとピアノなど楽器のキーボードです。

パソコンで音楽ソフトを使えば、パソコンを楽器のように使用する事ができます。この音楽ソフトで音楽データを入力するのに便利に使えるのが楽器のキーボードです。
もちろん、マウスや文字入力するキーボードでも音楽データの入力はできますが、楽器演奏がうまくなくとも、楽器用のキーボードで入力した方が便利です。

もちろん、楽器用のキーボード自体は無くてもいいのですが、最近は楽器の演奏練習がパソコンを通してできるようになっています。その代表例となるのがMacのGarageBandです。
GarageBandはMacを購入するとついてくる無料で使用できる作曲ソフトですが、2009年に登場したバージョンから楽器練習機能が追加されました。

GarageBand

この練習機能は基本的な事から学習するので、初めて楽器を演奏するという方でも使用できます。また、アーティストレッスンという機能もあり、有料となりますが、ノラ・ジョーンズなどが自身の曲の演奏方法を教えてくれたりもします。

このレッスンではピアノなどの鍵盤楽器とギターの練習ができますが、それぞれ楽器のキーボードとギターが必要になります。

ギターでは、音声出力(シールド)のあるギターが適していますが、楽器のキーボードはUSBで接続できるタイプが適しています。

このUSBで接続できる楽器のキーボードはいくつかの種類があります。
電子ピアノやシンセサイザーなど高価な物から、単に鍵盤だけあり、単体では何の機能もない物など多種多様です。

電子ピアノは、ピアノの音を電子的に再現したピアノですが、鍵盤を押さえたタッチ感など含め本物のピアノを再現しています。5万円程度で購入できる物もありますが比較的高価です。

シンセサイザーは、電子的に様々な音を出せる楽器で、鍵盤がついている物が多いですが、どちらかといえば鍵盤は演奏に使うためのおまけで、どんな音が出せるかがシンセサイザーのポイントとなります。一般的にスピーカーを内蔵しておらず、単体ではヘッドホンを使わなければ音も出ません。
こちらも5万円程度で購入できる製品もありますが、比較的高価です。

カシオなどが、楽器練習用のキーボードを発売しています。
光ナビゲーションキーボードとして2万円前後で販売されていますが、こちらはスピーカーなども本体に内蔵されており、単体で音も鳴り、それだけで練習にも使えます。
こちらをパソコンに接続するにはUSB端子が必須で、最新の製品の多くにUSB端子がありますが、古い物にはUSB端子が無い物も多く中古などで購入する場合は注意しましょう。

パソコンで接続するのが前提なら、単体で音は出ませんし鍵盤の機能しかありませんが、USB接続のキーボードがおすすめです。
例えばKORGのnanoシリーズ2にあるnanoKEY2は5,000円程度と非常に安価です。
もう少し高価で、見た目も普通の鍵盤の用な物なら同じKORGでmicroKEYという物が1万円程度で販売されています。

これらのキーボードは単体では音も出ませんし、シンセサイザーのように様々な音源も内蔵されていませんが、パソコンで接続して音楽データの入力やGaregeBandの音楽レッスンに使用するなら、このような低価格な製品が適しているでしょう。

USB 3.0対応を待つべきかどうか、それが問題だ

近々行われるパソコンのインターフェース周りのアップデートとして、USB 3.0が注目されている。

速度が10倍ほどになり、コネクタなども下位互換性があり、データ転送が速くなるという利点がある。インテルのチップセットが対応するので、これがパソコンの本体に標準搭載されるのは確実。
対応PCが登場するのは速くて2009年末だと思われ、2010年内には多数の製品で対応してくるだろう。

本体が対応しても、周辺機器も対応しなければ意味がない。
周辺機器としては、データ通信の速度が重要になる製品での対応も気になるところだ。

例えば、HDDなどの外付けストレージドライブ、内蔵ストレージにデータを保存するビデオカメラなどだ。
これらの製品をUSB 2.0で接続し、100GB程度のデータをコピーするのにかかる時間は1時間ほどかかる。これが10分以内に短縮するならUSB 3.0は非常に有用だ。

当然ながら、本体の対応に加えて、周辺機器の対応も必要だが、本体がチップセットなどの対応により2010年には対応するとして、周辺機器はどうだろうか。
USB 3.0対応のコントローラーはいくつかあるが、周辺機器向けはまだ遅れている。順次対応製品が登場するだろうが、コストなども含め本格的に対応するようになるのは若干時間がかかるかもしれない。

2011年頃に登場する周辺機器ならUSB 3.0対応製品も増えてくるだろうが、それまでは若干時間がかかりそうだ。この期間はUSB 3.0へと考え、無理にUSB 3.0のために買い控えをする必要はないだろう。

2009年現在言えることは、それなりに普及しているだろう2011年頃までは2年ほどの時間があるため、そうなってから買い換えるというのもありだということ。
USB 3.0は下位互換性があるので、自分で持つ周辺機器などが全て対応するようになってから、USB 3.0対応のPCを購入しても遅くないだろう。

USBの小型ディスプレイをMacで使う方法

2009年現在、パソコンの周辺機器で流行しているのが、ちょっとした情報を表示するためのUSB接続の小型ディスプレイです。

最近は、Webブラウザ、メール、オフィスソフトなどに加えて、様々な情報表示ソフトを常時立ち上げている方も多いと思います。
そんな場合に便利なのがマルチモニタですが、20型前後のワイド液晶は2万円程度で購入でき、マルチモニタで使用するには便利ですが、ちょっとした情報を表示するために、20型程度の液晶を用意するのは設置場所の点で問題になります。
また、ノートパソコンで使う場合、メインに使用するのがノートパソコンの液晶で15型前後なのに、外付けの液晶が20型というのはサイズのバランスがおかしいと思うかもしれません。

そこで、最近流行し始めているのが、7型から8型程度で、接続はUSBケーブル一本の小型ディスプレイです。
価格も1万円程度とお手頃です。

通常、外付けモニタを接続するにはVGAポートや、DVIポートなどのディスプレイ専用外付けポートが必要でしたが、この小型ディスプレイは一般的なUSBケーブルを使用します。
画面表示用のデータはUSB 2.0で小型液晶に送っています。電源もUSBポートからとるバスパワーに対応しています。
USBケーブル1本で外付けディスプレイが接続できるので、シンプルで非常に利便性が高いと言えます。

ディスプレイは通常の横置きに加えて、縦置きなどにも対応しているので、Windows Live MessengerなどのIM(インスタントメッセンジャー)表示専用にしても良いですし、テレビ放送や、ビデオPodcastなどの動画表示専用モニタにしても良いでしょう。
複数のモニタを接続することも出来るので、用途に合わせた専用モニタにしても面白いかもしれません。

このような、新しい周辺機器で問題になるのが対応製品です。
Windows XPやVistaの対応には問題ありませんが、MacやLinuxはどうでしょうか?

このUSB接続の小型ディスプレイを販売しているメーカーは、サムスン、バッファロー、アイ・オー・データなど様々なところがありますが、ほとんどの製品はWindowsにしか対応してません。

DisplayLink社のWebサイト
DisplayLink社のWebサイト

しかし、これらの製品はDisplayLink社の製品を使って製品化している物であり、DisplayLink社が提供しているドライバを使用することで、各社の対応機器には入っていないMacなどでも使用可能になります。

DisplayLink社のドライバは同社のサポートサイトから入手可能です。
当然ながら、これらのソフトウェアは、DisplayLink社の製品を使った物にのみ対応していますし、メーカー各社の保証が得られるわけではありませんのでご注意ください。

DisplayLinkのMac用ドライバ
DisplayLinkのMac用ドライバ

主なUSB接続ディスプレイ

センチュリー plus one (LCD-4300U) 4.3型 800×480
SAMSUNG SyncMaster U70 7型 800×480
アイ・オーデータ機器 LCD-USB7Xシリーズ 7型 800×480
BUFFALO FTD-W71USB 7型 800×480
センチュリー plus one (LCD-8000U) 800×600

これからのインターフェース規格はUSB 3.0で決まりだろう

ハイエンドのパソコンユーザーにとって、外付けHDDの接続規格がどうなるかは興味津々なところだろう。
現状ではUSB 2.0対応製品が多いが、速度を選べばeSATAになる。MacではFireWireだ。

最近使われている主なインターフェース規格
USB 2.0 480Mbps
FireWire(IEEE1394,i.LINK) 400,800Mbps
eSATA 2.4Gbps

eSATAはHDDなどに限ったインターフェース規格であり、他の周辺機器との互換性の面で難がある。
もしも、速度が同じくらいに出るのなら例えばUSBなどに統合した方が様々な製品で使用することが出来るため使い回しにはいいだろう。

その点、期待されているのがUSB 3.0だ。これは5Gbpsで、USB 2.0の10倍、eSATAの2倍の速度となっている。実際にeSATAの2倍の速度が実現できるなら、コネクターに互換性もありUSBの普及状況からしてUSB 3.0が次の高速インターフェース規格となることは確実だろう。

USB 3.0 5Gbps
IEEE 1394b-2002(FireWire 800) 800Mbps,FireWire S3200 3200Mbps

なにより、インテルなど業界大手がUSB 3.0には力を入れており、インテルのチップセットがこれにサポートしてしまえば事実上、PCでの採用は決まったも同然だ。
だが、気になるのがアップルの対応だ。アップルは以前からFireWireに力を入れており、最新のプロ向けMacにもFireWireは搭載されている。
FireWireはUSB 3.0程ではないが、近い速度が期待できるFireWire S3200という規格もあり、USB 3.0を採用しなくても、高速なインターフェースとして利用できる。

だが、FireWire対応の周辺機器は明らかに数が少ないし、Macがトータルで考えた場合に高コストになってしまう一因でもある。

次世代のMacではどのインターフェースが採用されるかわからないが、少なくともチップセットレベルで対応するUSB 3.0には対応してくるだろう。それに加えて、FireWireも対応するのかどうかが焦点となってくる。

従来の資産を引き継ぎたい方にとって、FireWireの採用は是非とも望みたいところだろうが、コストや将来性を考えるとそろそろ無くなってもおかしくない。