G SuiteでGoogle Home、Googleアシスタントを使う方法

Googleが企業や学校向けに提供しているG Suite(旧Google Apps)は、無料で提供しているGoogleアカウントとは管理方法などが異なります。
Gmail.comのメールアドレスなど、無料で提供しているGoogleアカウントではGoogleアシスタントをそのまま使えますが、G Suiteでは設定しないと使えません。

Googleアシスタントとは


そもそもGoogleアシスタントをご存じでしょうか。
Google検索の音声検索とは異なり、個人向けに情報を提供するのがGoogleアシスタントです。
Googleアカウントの情報に合わせて個人ごとの検索結果などを表示したり、文字通りアシスタント的な動作をします。

利用するには、Androidの場合はホームボタンを長押し、iPhoneの場合はGoogleアシスタントアプリを使って利用します。
Androidで「OK Google」から呼び出す場合、どちらが呼び出されるかは設定によりますが、設定が適切ならGoogleアシスタントになります。

G SuiteでGoogleアシスタントを使う方法

G Suiteのドメイン管理からアプリを選びます。
G Suiteの管理者以外はこの操作はできません。利用したい場合は管理者にご相談ください。

アプリからその他のGoogleサービスを選びます。

ウェブとアプリのアクティビティを右側にある「・・・」を横にしたメニューからオンにします。

この状態で、GoogleアシスタントをG Suiteのアカウントに設定します。

ここまで設定すればGoogle HomeをG Suiteのアカウントで利用可能です。

YouTubeを組織で管理するならブランドアカウントを使おう

YouTubeチャンネルは大きく分けて2つのチャンネル種別があります。
「Googleアカウントの名前を使ったYouTubeチャンネル」と「ブランドアカウントのYouTubeチャンネル」です。
どちらも同じYouTubeチャンネルではありますが、使い方にあわせてYouTubeチャンネルを使い分けましょう。

今回は企業などの組織でYouTubeチャンネルを管理する方法を解説します。

組織でYouTubeチャンネルを管理する方法

個人で単に視聴するだけなら、自分の名前で作ったGoogleアカウントでYouTubeにログインする際に作られる自分の名前のYouTubeチャンネルを利用しても特に問題はありません。
この場合、YouTubeチャンネルの名称はGoogleアカウントの名前となります。このYouTubeチャンネルは、「Googleアカウントの名前を使ったYouTubeチャンネル」なので「個人のYouTubeチャンネル」です。

しかし、企業や組織などでYouTubeチャンネルを作る場合は、個人名では無いYouTubeチャンネル名を利用します。
例えば山田太郎さんが、猫に関する動画を配信する場合で「山田とカワイイ猫」というYouTubeチャンネル名を付けたいとします。

普段使っているGoogleアカウントの名前を変えるわけには行かないので、Googleアカウントを新規作成する方法があります。
この場合は、Googleアカウントの名字部分は「山田」、名前部分を「とカワイイ猫」にする方法も技術的には可能です。

この方法では、そのGoogleアカウントでしかYouTubeチャンネルの管理ができません。

1人でYouTubeチャンネルを利用するならこれでも問題ありませんが、組織で利用する場合、様々な不都合が生じます。

個人のYouTubeチャンネルを複数人で管理する問題点

YouTubeチャンネルを管理できるのはそのGoogleアカウントにログインできる人に限られます。
1人で使うとか、担当者1人で管理するなら問題はありません。一般的に組織では、複数人で管理することが一般的です。
これを回避するため、Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを共有するという方法もあります。
GoogleはGoogleアカウントを1個人に提供しており、複数人で使い回すことは推奨されていません。実際に、そのような利用方法をした場合、セキュリティ上の問題が通知され、アカウントが停止され、利用出来なくなる可能性もあります。
うまく使えていたとしても、個人の設定ミスで、そのYouTubeチャンネルが利用出来なくなる可能性もあります。

これらの問題がすべて解決できるのがブランドアカウントです。

組織で使うYouTubeチャンネルはブランドアカウントで管理しよう

YouTubeをブランドアカウントで管理するイメージ図(YouTubeのHelpより)

GoogleはGoogleのサービスを企業で使うための仕組みを用意しています。
その中の1つがブランドアカウントです。例えばGoogleマップで自分のお店情報を発信したいときは、お店のブランドアカウントを作成してもらい、ここでお店の情報を発信してもらう事を推奨しています。

これと同じく、Google傘下のYouTubeもブランドアカウントが用意されています。

前述した「山田とカワイイ猫」チャンネルもブランドアカウントにその名前を付けるだけで、新しいYouTubeチャンネルを作成することができます。
例えば、磯野さんが会社の「海山商事」のチャンネルをつくって動画で会社のPRをしたくなった場合は、磯野さんが個人で持っているGoogleアカウントで「海山商事」のブランドアカウントを作り、そこでYouTubeチャンネルを作成します。

ブランドチャンネルは管理者等を複数人設定できます。
例えば、管理者を磯野さんと、会社の上司、コメントなどの管理をするのを穴子さんに設定するなどします。こうすれば、複数人でそのYouTubeチャンネルを自分のGoogleアカウントから管理できるようにすることで、組織でのYouTubeチャンネルの管理が簡単にできるようになります。

「山田とカワイイ猫」チャンネルの場合、1人で作っていたYouTubeチャンネルがすごく人気になった場合も、コメント管理を他の人に委託するような事もブランドアカウントのYouTubeチャンネルなら簡単に設定出来ます。

Googleアカウントのログイン時に「本人確認ができませんでした」になる理由

本人確認ができませんでした

Googleアカウントのログイン時に、正しいGoogleアカウント、パスワードなどを入力しても「本人確認ができませんでした」となる場合があります。
これは、入力したパスワードなどは正しいが、そのGoogleアカウントの通常のログインとは違うとGoogleのリスク分析システムが判断した場合に出るメッセージです。

つまり、いつもログインしている場所やデバイスが大きく異なるような場合に表示されます。

例えば、普段は自宅で使用していたが、夏や冬に実家に帰って、実家のパソコンからログインしようとした場合。
普段は東京の会社でログインしているが、出張した地方の支店でログインした場合。

といった普段と違うログインをGoogleが怪しいと判断していると言うことです。
こうなった場合、スマートフォン等にGoogleアカウントを登録していると、そのスマートフォンで追加認証することでログインできる場合もあります。

スマートフォンを持っていない場合、登録した電話番号、復旧用のメールアドレスがその場で使えない場合はGoogleアカウントにログインできなくなる場合があります。

このため、Googleアカウントにどこからでもアクセするためには、Googleに登録している情報を最新の物に更新した上で、Googleアカウントを登録したスマートフォンが必要となります。

https://www.youtube.com/watch?v=2bMAh6cWp_I
この件は動画でも説明しています。

ポケモンGoで使うアカウントとは

Pokemon Go login

2016年7月から正式なサービスがスタートした、スマートフォン向けAR対応ゲームのポケモンGo(Pokémon Go)で遊ぶにはGoogleアカウントか、ポケモントレーナークラブアカウントが必要です。
両方が必要なわけでは無く、どちらか1つが必要です。

https://www.youtube.com/watch?v=1-QtgL_2jdM

しかし、2016年7月現在、ポケモントレーナークラブアカウントの取得は出来ません。
このため、ポケモンGoを遊ぶにはGoogleアカウントが必須になります。

日本でGoogleアカウントを使うには13歳以上である必要があります。これはGoogleアカウントの規約上の決まり事です。
本来とは違う年齢でGoogleアカウントを作成した場合、後々問題になります。最悪、Googleアカウントが使えなくなりますので、嘘をついてGoogleアカウントを作るのは止めましょう。

それでは、13歳未満がポケモンGoを遊ぶにはどうしたらいいのでしょうか。
自分のアカウントでは出来ませんので、保護者のアカウントで遊ぶしか無いです。
そもそも、ポケモンGoはいろいろなところ行って遊ぶ必要があるので、13歳未満が1人や子どもだけで遊ぶのは適していません。
おそらく、この辺で保護者による管理責任による問題が今後出てくると思われます。十分注意しましょう。

GoogleアカウントはAndroidスマートフォンやタブレットを使っているならほぼ確実に持っているので、そのGoogleアカウントを使いましょう。
iPhoneユーザーの場合は持ってないこともあり得ますが、その場合は新規に作成しましょう。
持っている場合は、そのGoogleアカウントを使えばいいです。

Googleアカウントは
https://accounts.google.com/AddSession?hl=ja
から作成できます。
https://www.google.co.jp
の右上にあるログインからも作成できます。
ログインがない場合は、誰かがすでにログインしているようです。

スマートフォンを持っていなくても、パソコン、タブレット、YouTubeを使っている人のほとんどはGoogleアカウントを持っています。
持ってなかった場合は新規に作成しましょう。

すでにある物か、新規に作成したGoogleアカウントとポケモンGoを連携させないと、ポケモンGoは遊べません。

Gmailで古いメールを一括処理する方法

Gmailではメールの検索が出来ます。
メールの内容からだけではなく、日付での検索も出来ます。

古いメールを一括で処理したい場合「older_than」という演算子が便利です。

10週間以上前のメールを一括処理したい場合

older_than:10d

半年以上前のメールを一括処理したい場合

older_than:6m

2年以上前のメールを一括処理したい場合

older_than:2y

の用にして検索します。
ここで分かるように日、月、年はd、m、yを使って表記します。

未読メールを消すだけなら「is:unread」の演算値を追加して

older_than:4y is:unread

のように検索して、一括して既読にしてしまうのがいいでしょう。

さらにインボックスからアーカイブに移すには「in:inbox」の演算子を利用して

older_than:4y in:inbox

一括してアーカイブに入れてしまうのが便利です。