AppleのキラーソフトiLifeには動画編集ソフトのiMovie、写真管理ソフトのiPhoto、音楽制作ソフトのGarageBandなどが含まれるが、2010年10月に発表されたiLife '11ではこれらの機能がさらに強化された。 いくつかの強化点があるが、特に魅力的なのがiMovieやiPhotoだろう。 iPhotoでは、魅力的なスライドショーをiLifeに含まれるジングルと共に、リアルタイムに再生できるし、ムービーとして書き出すことも可能。iMovieでは面倒な動画の編集を今まで以上に簡単に実現できる、映画の予告編のような動画をハイクオリティなバックグラウンドミュージックと共に簡単に作成できる機能などが追加された。 従来のバージョンからiLifeに含まれるジングル(音楽)は、それだけで魅力的な曲が多かったが、今回はさらにそれが強化されている。それもそのはず、ロンドン交響楽団が演奏した物が収録されるなど、お金のかけ方もすごいことになっているようだ。 これらの曲は著作権自体は作曲者などに帰属されているが、iMovieなどを使って動画を作る限りユーザーは自由に利用できる。つまり、iMovieを使ってAppleが用意したジングルを使う限り、オリジナルDVDを作ったり、YouTubeにアップロードしても著作権的には全く問題ないライセンスフリーということだ。 問題があるのは、このジングルだけを使用し、他社の動画編集ソフトのBGMに使用したり、iTunesライブラリにあるAppleがiLife用に用意しているわけではない他の曲を使用し、YouTubeなどにアップロードする行為。そのようなことをせず、iMovieを使い、Appleのジングルを使用する限り全く問題なく様々なことに使える。 しかし、YouTubeのContents IDという機能を使用し、著作権の警告をしてくる自称権利者団体が後を絶たない。これらには、著作権的に問題ないことを異議申し立てして徹底抗議しよう。 http://www.apple.com/jp/ilife/
携帯電話のスマートフォン化、AppleのiPad、ノートパソコンの普及などによりコンピューティング環境が変わろうとしている。 パソコンだけではなく、何らかの形でのコンピューターの利用をコンピューティングと定義すると、様々なデバイスの登場によりこの利用環境が広がっている。 2010年現在のデバイスで考えると いつでもどんな環境においても持ち運ぶデバイスはスマートフォン ある程度荷物を持ち歩ける状態なら、スレートPCなどの軽量のコンピューター 文字入力など、ある程度パソコンを使う必要がある環境で仕方なく持ち運ぶのが、比較的軽量のノートパソコン 出先でハイパフォーマンスなコンピューターが必要な場合は、ハイパフォーマンスなノートパソコン 本格的にハイパフォーマンスな環境が必要な場合は、ハイパフォーマンスなデスクトップパソコン さらに、パフォーマンスが必要な場合はクラウドやグリッドなどをしようした物 また、これらの機器間でのデータ連係には、クラウド的な環境も必須となる。 これを、実際の環境に当てはめると 電車の中、ちょっとした近所での買い物などにはiPhoneなど 電車やタクシー、バスでの移動、飛行機内では、iPadなど 移動中でも、じっくり使うなら、VAIO PやX、FMV-BIBLO LOOX Uなどの小型のノートパソコン 日帰りの移動程度だったら、iPadもしくは小型で軽量のノートパソコン 泊まりも含む移動なら、ある程度パフォーマンスの高いノートパソコン、VAIO ZやLet'snote Sシリーズなど 移動でも、動画編集などハイエンドな使用方法なら、それに耐えるハイエンドのノートパソコン のような感じになる。 自宅や会社での使用は、目的が何かによって異なるが、Webなどを使った情報収集主体なら、iPadのような物でも十分だろう。キーボードなどを使いデータを入力するなら、ノートパソコンやデスクトップパソコンが必要な用途が残るだろう。 実際には、コンテンツは受け身の方の方が多く、日本の携帯電話で十分と思われている環境も多いため、将来も少しリッチなコンテンツ利用はiPadのような製品で十分という方が多くなるだろう。 当然ながら、これらの機器で使用するソフトウェアや周辺環境の整備も欠かせないが、iPadのようなスレートPCやタブレットPCと呼ばれる製品が普及する中で、現在のコンピューティングと思われていた物が変わっていくことは確実だ。
Googleは電子メール、カレンダー、アドレス帳などクラウドベースのサービスを多数提供し、そのほとんどが無料なので活用している方も多いと思います。 これらのサービスはPCの前にいれば便利ですが、手元にPCが無い環境になると途方に暮れてしまいます。 たとえば、GoogleカレンダーはiPhoneとPCを接続した際にデータを同期することが出来ます。しかし、これはPCと同期したときのみ可能です。iPhoneに入れたカレンダーを、PC側に同期したり、他人と共有しているカレンダーの情報が更新されてもPCに接続したり、直接Webでカレンダーを見ない限り情報は更新されません。 これを解決する方法は当然ながらあります。 この方法はGoogle自身が提供しているサービスで解決可能です。日本ではあまり知られていませんが、この方法自体Googleが英語で解説していることもあるのでしょう。 英語で情報を読める方はGoogle Sync servicesのサイトをご覧ください。 URLは http://www.google.com/sync/ です。 ここにはiPhone、Android端末、Windows Mobile、BlackBerryなどのスマートフォンに加えWindowsパソコンやMacでの同期方法も解説されています。 一応日本語でiPhoneで同期する際の流れを解説すると、 iPhoneの設定画面で、メールやカレンダーの設定を選ぶ、アカウントの追加を選ぶ、Microsoft Exchangeを選ぶ。Exhangeを選ぶのはGoogle SyncがExhangeのプロトコルを使用しているため。 ここで、Serverはm.google.com、UsernameやパスワードはGoogleアカウントの物、Domainは空欄、Descriptionは自分で区別つくものを。 さらに同期したいサービスを選びます。ここではカレンダー これで、このアカウントのカレンダーがiPhoneと同期できるようになります。 複数のカレンダーを使用している場合は、さらに設定が必要です。 iPhoneで m.google.com/sync にアクセスする Googleアカウントを入力すると、未対応の端末と表示される場合は、下の方にある言語を変更を押して、英語などに変更する。 英語画面になるとカレンダーが選べるようになるので、ここで設定する。 さらに、同期をプッシュでやるのか、定期的に行うかは、先ほどのアカウント追加画面で、Fetch New Dataを選ぶと設定できるようになります。
パソコンの起動時間は常に話題になります。 Windows Vistaで長くなったのが、Windows 7で短くなったとか、あたらしいOSは速いとか。そもそもパソコンの起動時間とは何でしょうか? パソコンの起動時間にはいくつかの種類があります。 全く完全に電源が切れた状態から起動する場合、スリープ状態から復帰する場合などいくつかの種類に分かれています。 携帯電話の場合、電源を入れたり切ったりするのは、購入したときや飛行機に乗るときくらいしかないかもしれません。 その電源を入れ、使えるようになるまでは機種にもよりますが、数十秒かかります。2つ折りの携帯電話なら、電源を入れた状態で蓋を閉じたりすると、スリープ状態になります。携帯電話のスリープ状態は、電話の着信やメールの受信を待機するだけの状態です。 このスリープ状態の場合、開けるとすぐに使えるようになります。 パソコンもこれと同じようなスリープ状態があります。 Windows Vistaや7はもちろん、XPや95、Mac OS Xなどにも当然この機能はあります。 ノートパソコンの場合、蓋を閉じるとスリープ、開けるとスリープから復帰という設定にしていることがほとんどです。 パソコンのスリープはOSなどにより異なりますが、携帯電話のように一瞬とはいきませんが、おおよそ5秒から10秒前後で復帰します。Windows 7では3秒程度です。 全く電源が入れた状態から起動する場合、ハードウェア各種のチェックから、OSの読み込みなど様々な処理が入るので時間がかかります。 一方スリープでは、OSは起動しており、スリープ時にスリープ前の状態を維持するため、内部回路には電気が流れています。そのため、機動に必要な処理は一切不要ですが、スリープ時にも電力を消費します。 携帯電話の場合1週間ほど、パソコンでも数日間はバッテリだけでスリープ状態を維持できます。 起動時間を計測する場合、全く電源が切れた状態から起動するのか、スリープから復帰するのかなど条件を合わせる必要があります。 電源が切れた状態からの機動は、コールドブート(コールドスタート)。ハードウェアの電源が入って、ソフトウェアだけ再起動する場合は、ウォームブート(ウォームスタート)。 それ以外にはレジューム、休止状態などスリープにもいろいろありますし、用語も多岐にわたっています。 まとめ パソコンなど電子機器の機動にはいくつかの種類がある
Webブラウザで様々なサイトを見ていると、リンク先が気になるけど、今すぐ読む必要もないから、このサイトを読み終わってからにしようというような事があります。 後で読もうと思っていても、読むのを忘れてしまった経験がある方が多いでしょう。また、リンクをクリックして、そのサイトを読んだら戻ろうと思っても、そっちの方が面白くなって二度と戻らなくなったりすることも良く聞く話です。 リンクを開く場合は、そのままクリックするか、新しいタブやウィンドウを開くなどするのが一般的ですが、クリックするのも、戻るのも、新しいタブを開くのも、その操作には若干の時間と手間がかかります。 これを減らせるのがCoolPreviewsです。 このプラグインを入れ、リンクの上にマウスカーソルを合わせると、横にアイコンが表示されます。 そのまま、そのアイコンにマウスカーソルを合わせると、画面はそのままに、リンク先のサイトが表示されます。 リンクを開くまでもなく、ちょっと見てみたいだけというサイトはこの機能を使えば簡単に見ることが出来るようになります。 もちろん、これをみてもっと読んでみたいと思えば、新しいタブで開くと言うことも簡単に出来ます。 マウスカーソルをそのウィンドウから外せばすぐに元の画面に戻ります。 これ以外の機能としては、画面上の言葉を選択し、マウスの右ボタンを押すことで表示されるコンテキストメニューにCoolPreviews Searchが追加されます。 これで、検索サイトを選ぶとこちらもクリックしたり入力することなく検索結果が表示されます。 検索結果によっては、検索一覧を見るだけで用件が済むこともありますし、もちろん、気になるサイトがあったら新しいウィンドウを開いたりして読むことも可能です。 CoolPreviewsは、Webサイトのプレビューという新しい概念を気づかせてくれた、Webサイトを利用する全員が便利に使えるプラグインです。 Mozilla.org CoolPreviews CoolPreviews

人気

最新