古い製品が事実上利用できなくなるSHA-1からSHA-2への移行

0
52

すでに2014年頃からこの傾向は始まっていますが、2016年頃から本格的にSHA-1からSHA-2への移行が進んでいきます。
これによって、古いデバイスが事実上利用できなくなることが予想されています。

これは一体何かといえば、SSLでの暗号化に使用していたSHA-1からSHA-2へ移行することで、古いSHA-1しか対応できないデバイスでWebサービスの多くが使えなくなります。
SHA-1はSSL通信での暗号化に使われるハッシュ関数と言われている物で、脆弱性が報告されているため、よりセキュアなSHA-2への移行が2016年前後にかけて行われます。

すでに、いくつかのWebサービスではSHA-1からSHA-2へ移行しているため、古いデバイスで最新のWebサービスが利用できなくなっています。
これが2016年前後に多くのWebサービスでSHA-2へ移行されるため、古いデバイスがハードウェア的に利用できても、サービスの利用が出来なくなる事が予想されています。

特に日本で問題になるのが、ガラケーといわれている旧来の携帯電話で、2010年前後からSHA-2へ対応しているため、対応前の古いガラケーはWebサービスの多くが利用できなくなります。