YouTubeで「広告なしで収益受け取りの対象」という表示の意味は

YouTubeでは動画投稿者が動画内で利用できる音楽を提供しています。

この音楽の中には、Maroon 5、Ed Sheeran、Nicki Minaj、Taylor Swiftといった有名ミュージシャンの最新のヒット曲も含まれます。ただし、この手の有名ミュージシャンが提供している曲は、各著作者であるミュージシャン側が広告を掲載することで、YouTubeに動画を投稿する一般のユーザーが動画内で音楽を利用できるようにしているものです。

これによって、自分の楽曲に有名楽曲を掲載しても削除されるようなことはなくなります。
もちろん、動画を自分で収益化して利益を出そうとしている場合は、この手の楽曲は利用できません。

このミュージシャンが広告を表示することなく、動画投稿者が自由に広告を設定して収益化も問題ない楽曲も用意されています。

https://www.youtube.com/audiolibrary/music

このオーディオライブラリーには3つのカテゴリで音楽が掲載されています。
日本語版と英語版の表示を確認すると下の図のようになります。

オーディオライブラリー

Audio Library

無料の音楽 (Free music)
広告をサポートする音楽 (Ad-supported music)
効果音 (Sound effects)

この「無料の音楽」は、動画投稿者が自由に利用可能な音楽で、広告を設定して収益化(マネタイゼーション)も可能な曲です。ただしクレジット表記が必要な場合もあります。
一方で、「広告をサポートする音楽」は、主に有名ミュージシャンの有名楽曲で、音楽の著者者が広告を掲載するが、YouTubeの動画に音楽を掲載してもいい曲になります。

収益化をする場合は「無料の音楽」、収益化をしなくてもいいが有名楽曲を使いたい場合は「広告をサポートする音楽」から音楽を選びましょう。

一方で、意味がよくわからない表現をしている部分もあります。
各動画の設定画面に音声の設定項目があります。

ここでは曲について次のように表示されています。

広告なしで収益受け取りの対象

Ad-free and eligible for monetization

日本語「広告なしで収益受け取りの対象」
英語「Ad-free and eligible for monetization」

これはミュージックライブラリの、「無料の音楽 (Free music)」を別の表現で記載した物です。
つまり、自由に収益化も出来る曲がここに並んでいます。

「広告なしで収益受け取りの対象」は動画投稿者が自由に収益化出来る曲という事です。

CDセールスのみの音楽チャートから各指標を組み合わせた指標へ

日本では2014年現在も、オリコンによるCD等の物理的音楽ソフトセールスのみの音楽チャートが最も利用されています。

日本では音楽CDがいまだにセールス数が多い物の、CDに付属された付録目的に購入している方も多いようです。
このため、CDのセールス数がその曲が人気につながっているわけではありません。

海外ではデジタル配信による販売が普及しており、また、ラジオのオンエア数、YouTube、サブスクリプション型のサービスなど複数の指標で音楽チャートを作る事が一般化しています。

日本でも同じように複数の指標を元に音楽チャートを作る動きがあります。

アメリカのビルボード社と提携した阪神コンテンツリンクのビルボード・ジャパンは、様々な指標を元に日本の音楽チャートを提供しています。

2008年に
音楽ソフトの販売数と、ラジオのオンエア回数

2010年12月に
ネット販売サイトの販売数、iTunesの配信回数

2013年に
楽曲ツイート回数と、楽曲データベースの盤情報の提供回数

という5つの指標を合算したチャートで日本の音楽の人気を示したチャートになっています。

詳細はこちら

音楽は購入から配信へ Spotify、Beats Music、Pandoraの基本

音楽はレコードから一般ユーザーへの販売が始まり、CDへと移り変わりましたが、現在はインターネットによるデジタル配信が一般的になりつつあります。
これは、その曲を購入する行為ですが、2014年現在世界的に普及しつつあるのが、音楽を購入せずに定額配信で聞くという方法です。

これは、音楽をCDやデジタル配信で購入せず、無料もしくは有料でどんな曲でも聴けるようになるサービスです。
このサービスを展開する代表的なのはSpotify、Beats Music、Pandoraの3社でしょうか。

各社サービス内容は各社異なりますが、アカウントを作成することで無料で音楽が聞け、有料会員になることでさらなるサービスを受けられるようになるのが一般的です。

無料で音楽は聞けますが、広告付きとなり、この場合はインターネットに接続中でしか聞くことが出来ません。
有料会員になることで、広告が無くなり、音楽をダウンロードして、オフラインでも音楽が聴けるようになります。

有料の料金は1ヶ月500円や1000円などサービス内容によっても異なりますが、おおよそ1万円程度の出費で音楽を無制限で聴けるようになります。
もちろん、すべての楽曲がサービスされているわけではありませんが、一部のアーティストを除き一般的な曲ならほぼすべて聞けると思って問題ありません。

音楽を購入する場合、デジタル配信なら1曲100円から200円程度で購入。CDなら1000円程度かかり、一般的にはあまり多数の曲を合法的に聴くことは出来ません。
この定額配信なら、広告付きで良ければ無料で、有料でも年間にCDを数枚買う程度の出費で好きなだけ音楽を聴けるようになります。

日本では2014年夏現在サービスが開始されていませんが、欧米を中心に人気を集めつつあり、音楽は購入から配信へと移り変わりつつあります。

音楽系クラウドストレージサービス

一般的にパソコンやスマートフォンで容量をたくさん使うのはデジカメの画像や動画、音楽です。
音楽ファイルは一般的にパソコンでCDからリッピングした物や、配信サービスから購入した物をダウンロードして自分の端末から聞くことになります。

この自分が所有している音楽を、クラウド上に預けて、パソコンで聞くときは自分のパソコンから、スマートフォンで聞くときはクラウドサービス経由でというような使い分けが出来るのが、音楽系のクラウドストレージサービスです。

最近は配信サービスから音楽を購入するのが一般化しているので、わざわざデータをダウンロードする必要も無くなっている音楽の新しい形のサービスと言えるでしょう。

日本では権利の関係で2013年現在サービスがほとんど始まっていませんし、無理矢理使おうとしても日本地域からは各サービスにアクセスすることも出来ないことがほとんどです。

一般的なクラウドストレージサービスでも音楽を預けて、各サービス用のアプリなどを使えば音楽の再生などを楽しむことが出来ますが、音楽に特化したサービスの方がアプリなどの使い勝手は上です。
また、料金も音楽に特化していることもあり、一般的なサービスよりも格安となっています。

主なサービス

iTunesMatch

iTunes Match
年間$24.99 (約2,500円)

パソコンなどで使用しているiTunesのライブラリの内容をチェックして、iTunes Music Storeにあるファイルはそのまま、無い音楽はアップロードして自分が持つ全てのライブラリをクラウド上に再現できます。

クラウド上にあってもiPhoneやiPadなどで標準に搭載されている音楽アプリから、クラウドやiPhoneに転送したかどうかなどを意識することなく利用できます。容量なども無制限です。

多くの音楽を持っているが、iPhoneに入りきらないけど、いつでも自分のライブラリの中から好きな音楽を聴きたいiPhoneやiPadユーザーに最適なサービスです。

Google Play

無料で2万曲までアップロードできるGoogleの音楽用ストレージサービスです。
iTunesのフォルダや別途管理している音楽フォルダーなどを指定して音楽ファイルをアップロードすることが出来ます。
月額$9.99 (約1,000円)の有料サービスもありこちらはアップロード数の制限がなくなり、ストリーミングにより自分が持っていない音楽なども聴けるようなサービスもなっています。

Androidだけでなく、iOS用のAppも2013年秋に提供され、AndroidやiOSでサービスを利用できます。

AmaconCloudPlayer

Amazon Cloud Player

Amazonで購入したMP3ファイルの制限はありませんが、それ以外は無料で250曲までアップロードできます。
最大25万曲までアップロードできるCloud Player Premiumというサービスもあります。料金は年間$24.99 (約2,500円)

Amazonで購入したMP3はそのまま利用できます。
今回紹介している中で唯一日本でもサービスが行われていますが、Amazonで購入したMP3音楽だけが聴けるサービスになっています。

GrageBandを愛用しているなら買うべきMainStage

Macで音楽作成の定番ソフトは、Macを買うと付いてくるApple製の音楽ソフトGaregeBand(ガレージバンド)。

GaregeBandの上位ソフトとしてはLogic Proが17,000円(2013年春現在)、Pro Toolsなどがあるが、どれもそれなりに高額。
本格的にやるなら当然これらの上位ソフトがあった方がいいが、GaregeBandをお手軽にさらに活用できる方法がある。

それがApple製のMainStageというソフトの導入だ。

mainstage_201304-2

mainstage_201304-1

現在はMainStage 2になっているが、このソフトは主に楽器を演奏する際に役立つソフト。GaregeBandが作曲などのシーケンスソフトだとすると、MainStageはエフェクトなど楽器の演奏、レコーディングなどで使われるソフトだ。

特にライブなど、実際に楽器を演奏する際に役立つソフトだが、楽器を演奏する方以外でも役立つ。
それが、GaregeBandでつかえるApple Loops、音源などが大量に含まれていると言うことだ。

mainstage_201304-2

このソフト自体も活用できるが、GaregeBandを起動すると今までよりも使える音源などが大幅に増えている。

これが2,600円という価格で提供されている。
以前、Apple Loopsはそれだけで1万円以上で提供されていたが、これが他のソフトも含めてこんな安く手に入るなら買うしかない。

問題は、10GB以上の容量が必要になるということだ。
音楽に使うだけでもMacのストレージ容量は多ければ多い方がいい。