音楽は購入から配信へ Spotify、Beats Music、Pandoraの基本

0
145

音楽はレコードから一般ユーザーへの販売が始まり、CDへと移り変わりましたが、現在はインターネットによるデジタル配信が一般的になりつつあります。
これは、その曲を購入する行為ですが、2014年現在世界的に普及しつつあるのが、音楽を購入せずに定額配信で聞くという方法です。

これは、音楽をCDやデジタル配信で購入せず、無料もしくは有料でどんな曲でも聴けるようになるサービスです。
このサービスを展開する代表的なのはSpotify、Beats Music、Pandoraの3社でしょうか。

各社サービス内容は各社異なりますが、アカウントを作成することで無料で音楽が聞け、有料会員になることでさらなるサービスを受けられるようになるのが一般的です。

無料で音楽は聞けますが、広告付きとなり、この場合はインターネットに接続中でしか聞くことが出来ません。
有料会員になることで、広告が無くなり、音楽をダウンロードして、オフラインでも音楽が聴けるようになります。

有料の料金は1ヶ月500円や1000円などサービス内容によっても異なりますが、おおよそ1万円程度の出費で音楽を無制限で聴けるようになります。
もちろん、すべての楽曲がサービスされているわけではありませんが、一部のアーティストを除き一般的な曲ならほぼすべて聞けると思って問題ありません。

音楽を購入する場合、デジタル配信なら1曲100円から200円程度で購入。CDなら1000円程度かかり、一般的にはあまり多数の曲を合法的に聴くことは出来ません。
この定額配信なら、広告付きで良ければ無料で、有料でも年間にCDを数枚買う程度の出費で好きなだけ音楽を聴けるようになります。

日本では2014年夏現在サービスが開始されていませんが、欧米を中心に人気を集めつつあり、音楽は購入から配信へと移り変わりつつあります。