Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
ネット時代の基礎知識 | わかるナビ
ホーム ネット時代の基礎知識

ネット時代の基礎知識

電子書籍用の端末Kindle paperwhiteやKobo gloに使われている表示デバイスは液晶ではなく、E Inkでもなく電子ペーパーだ。 E Ink社の製品を使用しているので、E Inkとしても間違いではないが、E Inkは会社名でありデバイスの名称としては電子ペーパーの方が正しい。 E Ink社の電子ペーパーは非常に小さいマイクロカプセルの中に白と黒の粒子が入っており、ここに電気を通すことで、白と黒を切り替える。一度切り替えるとその状態を維持するので、表示に必要な電気は書き換えの時のみで、数十秒に一度しか書き換えないような読書用のデバイスには最適な表示デバイスとなっている。 他にも方式はいくつかあるが、基本はこの方式で、市場シェアのほとんどを占めているのがE Ink社だ。
パスワードを設定する際、辞書に載っているような用語を避けて、自分にしか分からない複雑な物にする必要があると言われています。 パスワードを聞いても誰にも分からない理由 ハッシュ化しているから では、パスワードはハッシュ化という技術で保存されているため、パスワードが保存されたファイルが流出してしまっても問題は無いと書きました。 しかし、パスワードが「password」でハッシュ関数SHA-1でハッシュ化した場合、確実に「W6ph5Mm5Pz8GgiULbPgzG37mj9g=」になります。 このハッシュ化したデータの元のデータが「password」だと解析するには膨大な時間がかかりますが、「password」を「W6ph5Mm5Pz8GgiULbPgzG37mj9g=」にするのは一瞬で可能です。 このようなパスワードでよく使われるような単語は、辞書に載っているような用語はすでにハッシュ化したデータとして存在しており、データがハッシュ化されています。これは逆引き表などと言われています。 この逆引き表と、ハッシュ化された物を比べれば、パスワード自体を解析するのは簡単に可能です。 つまり、パスワードが保存されたファイルが流出さえすれば、簡単なパスワードは一瞬で解析できると言うことです。 このため、辞書に載っているような用語、パスワードでよく使われるような文字列を避けて、複雑な物にする必要があります。
https://www.youtube.com/watch?v=SEuchzsbmkg https://www.youtube.com/watch?v=SEuchzsbmkg 動画の説明をご覧ください。 日本の携帯電話を海外で使う場合には、海外で使えるタイプか、サービスに加入しているかのチェックが何よりも重要。 日本の携帯電話を海外で使う方法 準備編より それらのチェックが完璧で、実際に海外で使用する場合、日本とは掛け方が多少変わる。電話番号に国番号などが必要になる事がある。 国際電話で重要な「+」の入力方法 国際電話をする際、国番号の前に「+」が必要になる。この「+」は携帯電話など国際電話するときに使う。 「+」は「0」を長押しすると出てくる。 海外から日本に電話をかける 日本の携帯電話を持って海外旅行中に日本に電話する場合、海外から日本に国際電話をする感覚でかける必要がある。 例えば、日本の番号が「03-1234-5678」だった場合、はじめの「0」を抜かして日本の国番号「81」を加えてかける必要がある。81の前には「+」を加える必要もある。この「+」は国際電話をかける際に必要になるので覚えておこう。 海外から日本にかける場合の電話番号は 「+81-3-1234-5678」 となる。 市外局番などの始めの「0」を抜かすのと、「+」と「国番号」が必要になる。 ちなみに、市外局番の0を抜かすのは長野県飯田市の0260や、埼玉県加須市の0480などのように末尾に「0」がある場合は、末尾の「0」を抜かす必要は無い。 電話帳に登録している場合は、この+81や0を削除するなどを自動で行い、そのままかけられる設定になっている事があるが、この国番号など、海外でかける際の番号設定は重要なので覚えておこう。 海外にいる日本の携帯電話同士で会話する それぞれ日本で使用している携帯電話を持って一緒に海外旅行しているが、一時的に別行動している人と携帯電話で話したい場合。 それぞれ同じ国にいるが、日本の携帯電話を海外で使用している事になるので、日本に国際電話する感覚でかける必要がある。 つまり、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、 「+81-90-1234-5678」 としてかける必要がある。料金も国際電話となる。 現地の電話にかける場合 日本の携帯電話を海外で使用し、現地の電話番号にかける場合、通常現地の電話番号の市外局番からかける事でつながる。 アメリカの場合、(310) 123-5555 というような番号の場合はそのままでかかる事が多い。 国や地域によっては、この番号の前に国番号のアメリカなら1を加えて1 (310) 123-5555 としてかけなければいけない場合もある。 注意事項として各携帯電話会社はこの辺りを解説しているので、マニュアルなどにある説明事項はよく読んでおこう。 日本から海外に行っている人に電話する 日本の携帯電話を持って海外旅行している人に、日本から電話する場合は、日本で電話するのと同じ番号でかければいい。 この場合、日本からかけた人は日本にかけるのと同じ料金となる。 実際には国際電話になっているが、国際電話分の料金を負担するのは海外に携帯電話を持ち出している方となるので、海外旅行中に日本からの着信があった場合は、自分の懐を心配しよう。 現地の電話から海外に持ち出している電話にかけてもらう場合 海外に持ち出している日本の携帯電話の番号に、現地の電話番号からかけてもらう場合も日本に国際電話するようにかけてもらう必要がある。 番号は、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、 「+81-90-1234-5678」 となり、料金も国際電話となる。
Twitterは2018年2月22日、複数のアカウントから同じ内容を投稿する行為を禁止することを発表した。 Botなどによる複数の投稿を禁止する物で、投稿だけでなくRTや、Likeについても複数のアカウントでの設定を禁止にする。 ユーザーによる投稿だけでなく、Twitterのクライアントでも同様で2018年3月23日までにこの新しい基準へ対応する必要がある。 これは世論誘導するような行為を禁止する物で、選挙などにTwitterが悪用されることを防ぐ狙いがある。 近年、組織的にTwitterなどのSNSを使い、大量の投稿をすることで、世間に間違った印象を与える問題が発生しており、今回は同じ投稿を複数のアカウントにまたがってする事を明確に禁止する。 このような行為はシステム的に行われており、文言をある程度変えれば今後も複数のアカウントで同様の投稿は可能だが、SNSが悪用されることを防ぐ第一段階となりそうだ。 なお、自然災害などの緊急の場合に複数のアカウントへ同じ投稿をすることは禁止されない。 https://twitter.com/TwitterAPI/status/966367370708176897 Automation and the use of multiple accounts
ScanSnapに代表されるオートシートフィーダ付きスキャナなど、関連機器の利便性が向上したことで、製本された本(単行本、文庫本、漫画など)や雑誌などの印刷物をナイフなどで解体し、スキャナーでスキャンし電子データとして保管しやすくなった。 電子データといっても、基本的に紙に印刷されている文字や画像などをページ丸ごと画像として保存しているだけだが、透明OCRにより文字を検索することも可能になっている。 2010年現在、まだ数が少ない物の、純粋な電子書籍も入手可能になっている。数は少ないながらも電子版を購入できるのに、わざわざ自分の蔵書を傷つけてまで電子化する理由がわからない方もいるようだ。 一般に「自炊」と言えば、自宅で料理を作ることだが、紙に印刷され製本された本を解体し、自分で電子書籍化することも一部で「自炊」と呼ばれている。 この、電子書籍の自炊は、ページ数や製本された状態、使用機器にもよるが、慣れてていても1冊あたり10分前後かかる。製本された本をナイフなどを使い解体してしまうので、元の状態には戻らない。 本好きの方の多くは、本を傷つけることに罪悪感があるようだ。わざわざ電子書籍を「自炊」する方のほとんどは、本を製本された状態で物理的に保管しておきたいのではなく、書かれている内容を読むために「自炊」している。多くの方は罪悪感よりも利便性を選んでいるわけだ。 現在、紙の書籍は文庫本なら500円前後から、新書や単行本は1,000円程度から3,000円程度で販売されている。電子版があったとしても、iPadでしか読めないなど自由度が低く、紙版の7割程度の価格で販売されお得なわけでもない。その電子版も紙版の発行から遅れていることも少なくない。 「自炊」した場合、PDFなど一般的なフォーマットで保管するため、Kindleの様な電子書籍に特化したリーダー、iPadや各種スマートフォン、パソコンなどあらゆる電子デバイスで表示できる。 かかるコストは、時間や機器のコストを入れても1冊あたり100円前後がいいところだ。もしも、文庫本などで販売されている小説が、各種端末で表示できるKindle版として200円で販売されるなら、わざわざ「自炊」する意味が無くなるが、現在はどの電子書籍も1,000円近いため、コスト面でも「自炊」は有利となる。 また、最大の問題は、本を良く読む方に特有の問題として保管にかかるコストだ。 大抵の読書家は、図書館などで借りることもあるだろうが、本を購入し続けるので、それを保存する必要があり、本棚が必要になる。しかし、初めは余裕でもしばらくすれば本棚には入らなくなり、段ボール箱に入れて押し入れに入れたり、倉庫に入れるようになる。 収納場所が限界に達すると古本屋に売るなど、処分することになるが、電子化すれば、データ容量が大きくなる雑誌でも、1冊あたり100MB前後で収めることが可能なので、2TBのHDDが1万円を切る現在、無限に近い蔵書を電子版として保管できる。 iPodの普及により、CDをリッピングし、数百、数千曲を持ち歩くことも珍しくなくなったが、これと同じように電子版なら数百、数千冊の蔵書を持ち歩くことも可能だ。 まとめると そもそも、電子版が普及していない 電子版があっても価格が高く、自由度が低い 本の置き場を気にしないでもいい 何冊でも持ち歩ける というような理由から電子版を「自炊」する方が増えている。 わざわざ製本された本を解体し「自炊」してまで、いつでも好きな本を読みたい方と、本棚や段ボール箱に保管しておきたい方のどちらが本好きと言えるだろうか。

人気

最新