火曜日, 6月 15, 2021
ホーム ネット時代の基礎知識

ネット時代の基礎知識

Amazonが、Kindle用にマンガを簡単に出版するためのツールを公開した。 Kindle Comic Creatorで、マンガ特有の見開きなどの設定も簡単にできるツール。 JPGなど一般的な画像方式に対応しているため、自分で書いたマンガのデータさえあれば簡単にKindle Direct Publishingを使ってマンガを出版することができる。 Kindle Comic Creator
アップルのiPhone(アイフォーン)とスマホ(スマートフォン)は何が違うのかという質問は常に聞かれます。 これと似たような質問を他のジャンルでやると、 プリウスとハイブリッドカーの違い 男爵いもとジャガイモの違い のようになります。 iPhone(アップルの製品名)とスマホ(携帯電話のジャンルの1つ)の違いは、製品名とジャンルの違いということで、どちらも同じ物という事になります。 スマートフォンは従来型携帯電話がスマートになった物で、iPhoneやAndroid(アンドロイド)などがスマートフォンのことです。 Androidだけがスマートフォンなのではありません。 2013年以降はiPhoneやAndroid以外にもWindows Phone、Firefox、Taizen、Ubuntuなど様々なスマートフォンが登場します。 ちなみに従来型の携帯電話は日本ではガラパゴスケータイ(ガラケー)などと言われていますが、正式な製品ジャンルはフィーチャーフォンです。 ここのフィーチャーは未来のフューチャー(future:未来)ではなく、フィーチャー(feature: 機能、特徴)です。 通話だけの電話ではなく、高機能な電話というような意味です。
Googleの検索窓に計算式を入力する事で、複雑な計算も一発で表示されます。 数学的には組み合わせの計算で、nCm または C(n, m) と表記します。 5個の中から2個を選ぶ組み合わせは 5C2 または C(5, 2)と表記します。 Googleではこの計算する場合chooseを使います。 ロト7の場合37個の数字の中から7個選ぶ必要があります。数学的な計算式は37C7になります。その場合Googleで以下のように入力します。 37 choose 7 その結果は 10295472 と表示されます。 つまり、1等は1/10,295,472であるということです。 ロト6の場合は43個から6個なので 43 choose 6 で、1等の確率は1/6096454となります。 ミニロトの場合31個の数字の中から5個選ぶ必要があり 31 choose 5 で1等の確率は1/169,911となることがわかります。 ちなみにアメリカの宝くじの中にMega Millionsというのがあります。 こちらは56個の数字の中から5個、さらにMega Ballというのを46個から1つ選ぶと1等のJacpotとなります。 この場合の計算式は (56 choose 5)*46 となります。 結果は 175711536 で、約1/17億となります。
YouTubeでは動画投稿者が動画内で利用できる音楽を提供しています。 この音楽の中には、Maroon 5、Ed Sheeran、Nicki Minaj、Taylor Swiftといった有名ミュージシャンの最新のヒット曲も含まれます。ただし、この手の有名ミュージシャンが提供している曲は、各著作者であるミュージシャン側が広告を掲載することで、YouTubeに動画を投稿する一般のユーザーが動画内で音楽を利用できるようにしているものです。 これによって、自分の楽曲に有名楽曲を掲載しても削除されるようなことはなくなります。 もちろん、動画を自分で収益化して利益を出そうとしている場合は、この手の楽曲は利用できません。 このミュージシャンが広告を表示することなく、動画投稿者が自由に広告を設定して収益化も問題ない楽曲も用意されています。 https://www.youtube.com/audiolibrary/music このオーディオライブラリーには3つのカテゴリで音楽が掲載されています。 日本語版と英語版の表示を確認すると下の図のようになります。 無料の音楽 (Free music) 広告をサポートする音楽 (Ad-supported music) 効果音 (Sound effects) この「無料の音楽」は、動画投稿者が自由に利用可能な音楽で、広告を設定して収益化(マネタイゼーション)も可能な曲です。ただしクレジット表記が必要な場合もあります。 一方で、「広告をサポートする音楽」は、主に有名ミュージシャンの有名楽曲で、音楽の著者者が広告を掲載するが、YouTubeの動画に音楽を掲載してもいい曲になります。 収益化をする場合は「無料の音楽」、収益化をしなくてもいいが有名楽曲を使いたい場合は「広告をサポートする音楽」から音楽を選びましょう。 一方で、意味がよくわからない表現をしている部分もあります。 各動画の設定画面に音声の設定項目があります。 ここでは曲について次のように表示されています。 日本語「広告なしで収益受け取りの対象」 英語「Ad-free and eligible for monetization」 これはミュージックライブラリの、「無料の音楽 (Free music)」を別の表現で記載した物です。 つまり、自由に収益化も出来る曲がここに並んでいます。 「広告なしで収益受け取りの対象」は動画投稿者が自由に収益化出来る曲という事です。
歩留まりとは全生産量に対して、実際に良品として出荷できる割合のこと。 英語では「yield rate」と呼ばれている。 実際の生産量が10だったとして、良品が10なら、歩留まりは1もしくは100%。 生産量が10で良品が8なら歩留まりは0.8もしくは80%ということになる。 歩留まりがいいというのはこの数字が高いということになり、「歩留まりが低下した」ということは、この数字が下がり、不良品が大量に発生したことにつながる。 「歩留まりを上げる」なら、この数字を上げて良品を多数出すことになる。