Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
ネット時代の基礎知識 | わかるナビ
ホーム ネット時代の基礎知識

ネット時代の基礎知識

スマートテレビはインターネットなどに接続できるテレビ受像器のことだ。 インターネットに接続できるテレビ自体、日本なら1990年代からあったが、インターネットから様々なサービスが受けられるようになった2011年頃から製品の提供が本格化した。 一般的には、通常のテレビ放送と、インターネットから得られる様々なサービスを利用でるようにつくられている。出来ることはスマートテレビを提供する会社などによって異なり、利用できるサービスや料金などが全く異なる。 一般的にテレビは5年から10年間は買い換えない。日本ならその買い換え需要がデジタル化の関係で、2009年から2011年頃の集中したため、2015年から2020年にならないと普及は進まない。 これは世界中どこでも同じで、2013年に発売されるテレビがすべてスマートテレビになったとしても、2020年頃にならないと、世界的に普及したと言えないだろう。 2012年前半時点では、この買い換え需要を早めるような魅力的な製品にはなっていない。 当然ながら、セット・トップ・ボックス(STB)や外付けチューナーのような形で、テレビに接続するスマートテレビ機能を付加するようなことも出来る。 従来のテレビ放送の場合、単にチャンネル番号に合わせるだけで視聴できた。最近はリモコンのボタンも多くなっているが、スマートテレビになると機能も増え、どのように操作するのかも課題だ。 画像を認識したジェスチャーや、ニンテンドーWiiのようなコントローラーなどもテレビ自体にその機能を搭載していれば簡単にできる。また、音声認識などもやり方としてはあり得る。 今後、家電各社などがどのようなスマートテレビを出してくるのかはわからないが、最も注目されているのがアップルだ。アップルはApple TVというテレビに接続するボックス型のメディアプレーヤーを提供しているが、これがさらに強化された物を準備しているという。
YouTubeではLiveストリーミングで動画を配信することが出来ます。 これには動画をアーカイブで保存する機能も用意されています。 アーカイブとして保存できる最大の時間は配信条件によって変わります。 「今すぐ配信」の場合は12時間 「イベント」の場合は8時間 「1440p」での配信は4時間 となっています。 これ以上の配信を予定していてアーカイブとして保存したい場合は、途中で配信を切るなどの配慮が必要です。
AmazonがDTP(Digital Text Platform)を始めており、出版事業に手を出し始めていることは以前の記事 AmazonがKindleで狙うのは何か? で紹介しましたが、紙に印刷しないという利点を生かして、本自体の価格が下がることが予想されます。 価格が下がると、著者への支払いが下がることも考えられますが、実際はどうなるのでしょうか? 一般的に書籍などから著者が受け取れる印税は、書籍販売価格の10%程度です。つまり1,000円の本が1冊売れたら著者は100円受け取れることになります。 それ以外の900円は、編集費用、出版社の利益、紙代、印刷費用、製本費用、書店までの流通費用、書店の利益、本を広告宣伝するならその費用などになります。 電子出版の場合、紙に印刷、製本、流通に関係するコストは無くなりますので、このあたりの経費がざっくりと削減できます。 編集や、出版社を通さず、書いた物を自身がそのまま販売するなら、出版社や編集者に支払う費用も無くなります。 この場合、電子書籍を販売して得た利益は、著者への印税、電子書籍を販売するサイトだけが受け取ることになります。 当然ながら製紙会社や本を運搬する運送業者への支払いはなくなります。厳密には、電子書籍を販売するサイトを維持するためのサーバー費用、流通に関わるデータ通信料などがかかりますが、全体から見るとほとんど無料とも言える金額となります。 そこで、すでに始まっているAmazon DTPで著者が受け取れる印税ですが、2010年1月15日版のAmazon Digital Publication Distribution Agreement 5.4.1によれば 5.4.1 Royalties. Provided you are not in breach of your obligations under this Agreement, we will pay you, for each Digital Book sold to a customer (i.e., an end...
YouTubeをパソコンで視聴する際に便利なショートカットキーというよりも、キーボードでいくつかの操作ができるボタン機能が用意されています。 M 再生音をミュートしたり、元に戻すキー K 再生したり、一時停止するキー L 10秒早送り J 10秒巻き戻し N 大文字のみ 次の動画に移動するキー F フルスクリーン ESC フルスクリーンから戻る > 再生速度を速くする < 再生速度を遅くする
各種ソフトとの連携機能が強化されるなど、DropboxやSugarSyncなどに代表されるオンライン・ストレージ・サービス選びも容量や料金以外の点から選ぶ必要があり、その選択が難しくなっている。 しかし、基本は容量と料金であり、特にクラウド上に大量のデータを保存するならコストに直接響いてくる部分になるだけに重要である。 最低料金・容量 年間100GBあたり料金 最大容量 MobileMe 9800円($99)/年 20GB 40GB Google Docs 約$25 1TB $256/年最大16TB Dropbox 無料 2GB $239.88 100GB $19.99/月 SugarSync $4.99/月 30GB $149.99 250GB $24.99/月 ZumoDrive 無料 1GB $239.88 500GB $78.99/月 こう比較してみると、どのファイルを使用するかにもよって変わってくるが、文章ファイルなどのファイル形式を使うのならGoogle Docsを使うのが最も低コストだ。 ファイル形式を問わず利用する場合、最大容量がサービスによって異なるし、中間あたりの容量にする場合もコストが異なってくる。 自分が利用するファイル形式や容量に合わせて、利用するサービスを選択するべきだろう。

人気

最新