Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
ネット時代の基礎知識 | わかるナビ
ホーム ネット時代の基礎知識

ネット時代の基礎知識

https://www.youtube.com/watch?v=SEuchzsbmkg https://www.youtube.com/watch?v=SEuchzsbmkg 動画の説明をご覧ください。 日本の携帯電話を海外で使う場合には、海外で使えるタイプか、サービスに加入しているかのチェックが何よりも重要。 日本の携帯電話を海外で使う方法 準備編より それらのチェックが完璧で、実際に海外で使用する場合、日本とは掛け方が多少変わる。電話番号に国番号などが必要になる事がある。 国際電話で重要な「+」の入力方法 国際電話をする際、国番号の前に「+」が必要になる。この「+」は携帯電話など国際電話するときに使う。 「+」は「0」を長押しすると出てくる。 海外から日本に電話をかける 日本の携帯電話を持って海外旅行中に日本に電話する場合、海外から日本に国際電話をする感覚でかける必要がある。 例えば、日本の番号が「03-1234-5678」だった場合、はじめの「0」を抜かして日本の国番号「81」を加えてかける必要がある。81の前には「+」を加える必要もある。この「+」は国際電話をかける際に必要になるので覚えておこう。 海外から日本にかける場合の電話番号は 「+81-3-1234-5678」 となる。 市外局番などの始めの「0」を抜かすのと、「+」と「国番号」が必要になる。 ちなみに、市外局番の0を抜かすのは長野県飯田市の0260や、埼玉県加須市の0480などのように末尾に「0」がある場合は、末尾の「0」を抜かす必要は無い。 電話帳に登録している場合は、この+81や0を削除するなどを自動で行い、そのままかけられる設定になっている事があるが、この国番号など、海外でかける際の番号設定は重要なので覚えておこう。 海外にいる日本の携帯電話同士で会話する それぞれ日本で使用している携帯電話を持って一緒に海外旅行しているが、一時的に別行動している人と携帯電話で話したい場合。 それぞれ同じ国にいるが、日本の携帯電話を海外で使用している事になるので、日本に国際電話する感覚でかける必要がある。 つまり、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、 「+81-90-1234-5678」 としてかける必要がある。料金も国際電話となる。 現地の電話にかける場合 日本の携帯電話を海外で使用し、現地の電話番号にかける場合、通常現地の電話番号の市外局番からかける事でつながる。 アメリカの場合、(310) 123-5555 というような番号の場合はそのままでかかる事が多い。 国や地域によっては、この番号の前に国番号のアメリカなら1を加えて1 (310) 123-5555 としてかけなければいけない場合もある。 注意事項として各携帯電話会社はこの辺りを解説しているので、マニュアルなどにある説明事項はよく読んでおこう。 日本から海外に行っている人に電話する 日本の携帯電話を持って海外旅行している人に、日本から電話する場合は、日本で電話するのと同じ番号でかければいい。 この場合、日本からかけた人は日本にかけるのと同じ料金となる。 実際には国際電話になっているが、国際電話分の料金を負担するのは海外に携帯電話を持ち出している方となるので、海外旅行中に日本からの着信があった場合は、自分の懐を心配しよう。 現地の電話から海外に持ち出している電話にかけてもらう場合 海外に持ち出している日本の携帯電話の番号に、現地の電話番号からかけてもらう場合も日本に国際電話するようにかけてもらう必要がある。 番号は、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、 「+81-90-1234-5678」 となり、料金も国際電話となる。
2016年現在の最新記事はこちらにあります。 iPhoneでYouTubeをパソコン風の画面で見る方法 iPhoneのChromeでモバイル版とPC版(デスクトップ版)を切り替える方法 基本的な総合的な操作方法はこちらの動画でも解説しています。 https://www.youtube.com/watch?v=pD3j5Y4vpDk https://www.youtube.com/watch?v=pD3j5Y4vpDk 以下は2016年以前の環境で使う場合の記事です。 iPhoneやiPod touch、Androidの内蔵WebブラウザのSafariやChromeなどでYouTubeにアクセスすると、iPhone用に最適化されたインターフェースで表示されます。 そのインターフェースの下の方にはPC版(英語モードではDesktop)というリンクがあり、これをタップするとパソコンで表示したときと同じ画面が表示されます。 iPhoneはご存じのようにFlashが使えないので、PC版の画面では動画の再生が出来なくなりますが、最近ではHTML5で再生できることが多いようです。 iPhoneやiPadのSafariでYouTubeを開くと、YouTube App(アプリ)と同じインターフェースの画面になります。 元に戻そうと思ってもiPhone版などのリンクが見つからず、どうしたらいいかわからない方が多いようです。 変更のリンクは下の方や左側にありますが、 PC版からモバイル版へ最も簡単に切り替える方法はhttp://m.youtubu.comにアクセスすることです。 ここにアクセスするだけで今後、iPhone用に最適化された画面で表示されるようになります。 一方、モバイル版からPC版にするにはhttp://www.youtube.com/?nomobile=1などにアクセスします。 これでPC版の画面が表示されるようになります。PC版で表示すればiPhoneやAndroidなどでもアップロードした動画のタイトル編集などが可能です。 このURLなどYouTubeの仕様は頻繁に変更になるため、どの方法が正しいかはその時々によって変わります。 以下に以前は成功したURLを並べています。 PC版からモバイル版へ切り替えるURL http://m.youtubu.com モバイル版からPC版に切り替えるURL http://www.youtube.com/?nomobile=1 モバイル版からPC版に切り替えるURL その2 http://www.youtube.com/index?nomobile1&desktop_url=%2F%3Fnomobile%3D1&app=m 2013年7月現在、この方法でPC版に一度設定すると、URLをクリックしただけではモバイル版へ戻らないようです。 その場合、PC版のフッターに表示される「モバイル」というリンクをクリックしてください。 この方法が出来ない場合もあります。URLも変わる場合があります。 iPhoneにインストールしたApp内のリンクをタップしYouTubeにアクセスした場合、通常のSafariの操作方法とは異なりm.youtubu.comを指定することが出来ません。 その場合、使用しているAppを終了し、Safariでm.youtubu.comにアクセスしてください。 2014年現在、モバイル版表示の右上にあるYouTubeの赤い再生アイコンをタップすると、黒いメニューが出てきます。 その一番下にDesktopやPC版のような表示がありますので、ここをタップするのが手っ取り早いようです。
YouTubeではLiveストリーミングで動画を配信することが出来ます。 これには動画をアーカイブで保存する機能も用意されています。 アーカイブとして保存できる最大の時間は配信条件によって変わります。 「今すぐ配信」の場合は12時間 「イベント」の場合は8時間 「1440p」での配信は4時間 となっています。 これ以上の配信を予定していてアーカイブとして保存したい場合は、途中で配信を切るなどの配慮が必要です。
この設定画面は、画面左上のアイコンをクリックすることで表示される YouTubeの設定から行けます。 具体的なURLは https://www.youtube.com/account_sharing です。 このURLにTwitterへの連携画面が表示され、すでに連携している場合、どの項目を連携させるかの設定画面となっています。 2015年夏現在、YouTube上で以下のアップデートがあった場合、Twitterへ自動的に通知するように設定出来ます。 動画のアップロード 公開再生リストへの動画の追加 動画を高く評価するか再生リストを保存
アップルのiPhoneやiPadにはiOSというOSが使われています。 OSはパソコンなどの基本ソフトのことで、OSはOperationg Systemの略です。 パソコンではWindowsがよく使われていますが、Mac用のOS Xというのもあります。 iPhoneやAndroidなどのスマートフォンはパソコンではありませんが、パソコン的な機能があるので、OSが必要になります。 以前使われていた携帯電話にもOSは使われていましたが、自由度がなかったのでほとんど意識する必要はありませんでした。 iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでは、OSに何が使われているかが重要です。 iOSはアップルが提供しているiPhoneやiPadでしか使えませんが、AndroidはGoogleが提供しているスマートフォンやタブレット向けのOSで、機種も豊富です。 豊富な機種の中から選ぶならAndroidの方が適していますが、アップルがOSやハードウェアすべてを1社で提供してるiOSは機種こそ少ないですが、どの機能も安定して利用できる利点があります。 OSの更新頻度 このiOSは定期的に機能が追加されます。 OSなどのソフトウェアはバージョン番号というものがあり、この番号が高い方が最新の物となります。 2007年に始めて登場したiPhoneで使われていたのはバージョン1.0、日本で始めて2008年に発売されたiPhone 3Gは2.0でした。 その後、ほぼ1年おきにOSの機能が拡充され、2013年に「フラットデザイン」と呼ばれるシンプルなデザインが採用されたiOS 7.0が登場しました。 最新のiOSはその時販売されている最新機種と2世代前の製品までが対応機種となっています。 アップルは一般に1年に1度最新機種を販売するので、最新のOSは3年前の機種まで利用できます。 iOSが対応するのは2010年に販売されたiPhone 4までです。 2014年にはiOS 8が登場しますが、ここで対応するのは2011年に登場したiPhone 4Sまでです。 つまり、常に最新の機能を使うなら、少なくとも3年おきに新機種に買い換える必要があります。 セキュリティのアップデート 一般的にOSは古くなるほど、セキュリティの不安が高まりますが、アップルの場合はアップデートの期限を特に定めていません。問題が見つかれば古いOSでもアップデートしますが、スマートフォンの場合進化が速い事もあり5年程度で実質的な使用期限となっています。 iOS用のアプリ iPhoneやiPadではApp Storeで各種アプリが提供されています。 アプリは無料の物もありますし、有料の物もあります。App StoreはApple IDで管理されていて、iPhoneとiPadを使う場合、一度購入したアプリはどの機種でも共通して使う事が出来ます。 iPhoneを買い換えた場合でも継続して使用することが出来ます。 Androidとの互換性 iOSはiPhoneやiPad用のOSでAndroidとの互換性は一切ありません。 つまり、Androidで提供されているAndroid用のアプリはiOSで使用する事は出来ませんし、iOSで提供されているiOS用のアプリはiOSでは使う事は出来ません。 iOSかAndroidのどちらかにしか提供されていないアプリも少なくありませんのでご注意ください。 当然ながら、AndroidからiPhoneに買い換える際に、Androidで購入したアプリはiPhoneでは使えないということです。 AndroidとiPhoneの両方で有料販売されているアプリをAndroidからiPhoneに逆も含め買い換えた場合、それぞれのストアで購入する必要があります。

人気

最新