フルHD以上の解像度4Kや8Kとは何か

テレビなどで4Kや8Kが注目されています。
この4Kとは4000を表す用語で、Kはキロで1,000を表します。

つまり4,000とか8,000とかのことですが、この4,000や8,000は解像度のことです。

解像度とは映像の細かさのことで、この数字が大きければ大きいほど画像がきれいになります。

2014年現在一般的なテレビのフルHDは、1つの画面を1,920×1,080の画像を合わせて構成されています。
つまり、2,073,600の点の集合で画面を構成しているわけです。
アナログテレビは720×480だったので、345,600の点で構成されていました。

この差は6倍となり、一気に画像が高画質化されていることを実感している方が多いと思います。

ちなみに、HDには1280×720でもHDという言い方をしていたので、本当のHDである1,920×720はフルHDと呼んでいます。
そのフルHDは横方向に1,920の点で構成されているので、約2,000となり2Kという言い方も出来ます。

これが倍になって約4,000の解像度となるのが4Kです。

正確には現在のテレビと同じ縦横比(アスペクト比と呼びます)の16:9の場合は、3,840×2,160が4Kの解像度となります。
これはフルHDの2倍の解像度で、構成する点の数は4倍になります。

映画と同じ21:9のアスペクト比の4Kの場合、4,096×2,160となります。

8Kの場合にはフルHDの4倍、8Kの2倍の7,680×4,320となります。

アナログテレビよりも解像度が細かくなったフルHDでは画面がきれいになったように、4KではフルHD以上に、8Kは4K以上の精細な画面になります。

海外では4Kや8Kの事をUltra HDやUHDと呼ぶこともあります。

カメラのセンサーサイズ比較

CameraSensorSize

カメラの画質を決める2大要素はセンサーサイズとレンズです。
一般的なカメラのセンサーサイズ一覧です。
センサーサイズが大きいほど、1つの画素がとらえる光の量が大きくなるので、画質が良くなります。しかし、センサーサイズが大きくなると、レンズも大きくなるのでカメラも大きくなります。

フルサイズ(35mm) 36 × 24mm 3:2 (フルサイズセンサーの一眼レフ)
APS-C(キヤノン以外) 23.5 x 15.6mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
APS-C(キヤノン) 22.5 × 15.0mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1.5型 18.7 × 14mm 4:3 (ハイエンドコンパクト)
フォーサーズ(4/3) 17.3 × 13mm 4:3 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1型 13.2 × 8.8mm 3:2 (ハイエンドコンパクト)
1/1.8 7.2 × 5.3mm 4:3 (少し高いコンパクト)
1/2.3 5.9 × 4.4mm 4:3 (一般的なコンパクトデジカメ)
1/3 4.8 × 3.6mm (スマートフォンなど)

ここで言う1型は1インチの25.4mmではなく、CCDが使われる前の撮像管を使用していたときの名残で、おおよそ15mmが1型となります。

音楽系クラウドストレージサービス

一般的にパソコンやスマートフォンで容量をたくさん使うのはデジカメの画像や動画、音楽です。
音楽ファイルは一般的にパソコンでCDからリッピングした物や、配信サービスから購入した物をダウンロードして自分の端末から聞くことになります。

この自分が所有している音楽を、クラウド上に預けて、パソコンで聞くときは自分のパソコンから、スマートフォンで聞くときはクラウドサービス経由でというような使い分けが出来るのが、音楽系のクラウドストレージサービスです。

最近は配信サービスから音楽を購入するのが一般化しているので、わざわざデータをダウンロードする必要も無くなっている音楽の新しい形のサービスと言えるでしょう。

日本では権利の関係で2013年現在サービスがほとんど始まっていませんし、無理矢理使おうとしても日本地域からは各サービスにアクセスすることも出来ないことがほとんどです。

一般的なクラウドストレージサービスでも音楽を預けて、各サービス用のアプリなどを使えば音楽の再生などを楽しむことが出来ますが、音楽に特化したサービスの方がアプリなどの使い勝手は上です。
また、料金も音楽に特化していることもあり、一般的なサービスよりも格安となっています。

主なサービス

iTunesMatch

iTunes Match
年間$24.99 (約2,500円)

パソコンなどで使用しているiTunesのライブラリの内容をチェックして、iTunes Music Storeにあるファイルはそのまま、無い音楽はアップロードして自分が持つ全てのライブラリをクラウド上に再現できます。

クラウド上にあってもiPhoneやiPadなどで標準に搭載されている音楽アプリから、クラウドやiPhoneに転送したかどうかなどを意識することなく利用できます。容量なども無制限です。

多くの音楽を持っているが、iPhoneに入りきらないけど、いつでも自分のライブラリの中から好きな音楽を聴きたいiPhoneやiPadユーザーに最適なサービスです。

Google Play

無料で2万曲までアップロードできるGoogleの音楽用ストレージサービスです。
iTunesのフォルダや別途管理している音楽フォルダーなどを指定して音楽ファイルをアップロードすることが出来ます。
月額$9.99 (約1,000円)の有料サービスもありこちらはアップロード数の制限がなくなり、ストリーミングにより自分が持っていない音楽なども聴けるようなサービスもなっています。

Androidだけでなく、iOS用のAppも2013年秋に提供され、AndroidやiOSでサービスを利用できます。

AmaconCloudPlayer

Amazon Cloud Player

Amazonで購入したMP3ファイルの制限はありませんが、それ以外は無料で250曲までアップロードできます。
最大25万曲までアップロードできるCloud Player Premiumというサービスもあります。料金は年間$24.99 (約2,500円)

Amazonで購入したMP3はそのまま利用できます。
今回紹介している中で唯一日本でもサービスが行われていますが、Amazonで購入したMP3音楽だけが聴けるサービスになっています。

iPhoneの通信キャリアの選び方

2013年9月に発売される、iPhone 5sおよびiPhone 5cからソフトバンク、au、ドコモでiPhoneを正式に利用可能となった。
これで事実上日本の全携帯電話ユーザーがiPhoneを選べるようになったわけだが、どこの通信キャリアで使うのがいいだろうか。

通信料金自体は各社争っているため事実上ほぼ同一。
加入時の割引などは、今後その時々によって変わってくるため、なるべくお得に加入するならそのときに行われているキャンペーンなどを比べてみるのがいいだろう。

それよりも各社の特徴が出るのが、それぞれのサービスと通信そのものの品質。

ドコモはiPhoneを初めて扱うようになったため、各種サービスがiPhoneに対応しない。
例えばいわゆるキャリアメールというeメールサービス(@docomo.ne.jpのメール)の対応は遅れるし、今後いくつかの問題が発生することが予想される。
また、各社が行っている独自サービスはiPhoneでは事実上利用できなくなる物が多いため、iPhone以外の機種でそれぞれの独自サービスを愛用している場合、iPhoneの利用自体は考え直した方がいいだろう。

その中でも、iPhoneで利用できるサービス自体はそれぞれ用意されており、興味があるなら各社のサービス内容を比較検討するのも悪くはない。

最も大きく特徴が出るのは通信品質そのものだ。

iPhoneに限らず携帯電話は機種により利用できる周波数などが異なる。
ドコモはドコモの周波数にカスタマイズするなどした機種を従来は販売していたが、iPhoneではアップルから提供される製品をそのまま販売するためそれが出来ない。

このため、iPhoneが対応する周波数と、各社がサービスしている周波数の関係で有利不利が出てくる。

2013年後半現在で最も有利なのは800MHz帯と、2.1GHz帯が利用できるauだ。

ただし、これはスペック上だけの数値で実際に快適に利用できるかどうかは、他の利用者がどう使っているかなどの混雑状況、利用できる地域などのアンテナの数、電波が届く範囲や距離などのアンテナや通信状態などの品質などによって異なる。

機能的に買ってもいい4Kテレビ パナソニック VIERA TH-L65WT600

パナソニックが2013年9月5日、4KテレビのVIERA TH-L65WT600を発表した。
65型で4K解像度に対応した製品で、この製品の他社製品にない目玉はHDMI 2.0に対応しているという点。

従来の4KテレビはHDMI 1.4などの対応で、解像度的には一応4Kには対応していたが、4Kに本格対応したのはHDMI 2.0から。
HDMI 2.0は2013年9月に策定された新しい規格で、これより前に発売された製品はアップデートでHDMI 2.0になるかどうかわからない、ほとんどの場合は対応しないだろう。
東芝は2013年6月に発売した4K REGZA Z8XシリーズをHDMI 2.0へ対応させることを発表した。
ソニーも2013年に発売したモデルを4Kへ対応。2012年に発売したモデルも対応する方向のようだ。

HDMI 2.0の対応で、将来ネットコンテンツが4K動画に対応したり、テレビ放送などが4K対応になった場合、チューナーなどを別途接続するだけで4K解像度を存分に楽しめるわけだ。
従来機の場合、解像度としては対応するが、フレームレートが低く総合的な画質が低下する。

4Kテレビの買い時としては、HDMI 2.0に対応した今、多少高くてもフルHD(2K)を超解像度技術で高画質化した物を中心に楽しみ、将来はチューナーなどを接続して4Kコンテンツを楽しむ。
4Kテレビは現在1型あたり1万円程度だが、1型あたり5000円台など価格が下がる数年待ち、放送規格などの4K化が決まりチューナーなどが対応するまで待つかのどちらかだ。

現在、多少予算に余裕があるならようやく買い時になりつつあり、その第一弾として発表されたのがVIERA TH-L65WT600だ。