Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
デジタル商品の選び方 | わかるナビ - Part 3

デジタル商品の選び方

デジタルグッズの購入方法。良い製品の選び方、いかに安く買うか。

HDMI Forumは2013年9月4日、HDMI規格の最新版HDMI 2.0を発表した。 HDMI 2.0は4K解像度への本格対応などが目玉で、今後の4K(Ultra HD)テレビなどで標準的に使われるようになる規格。 従来のHDMI 1.4でも3840 × 2160 30pもしくは4096×2160 24pの解像度に対応していた。 今回のHDMI 2.0からは4096×2160 60pの対応になることで、テレビの4K対応が本格化する。 4Kテレビの普及のためには、HDMI規格の登場と、放送規格の策定などが待たれているが、その1つの課題が解消したことになる。 主な特徴 4K@50/60, (2160p), which is 4 times the clarity of 1080p/60 video resolution Up to 32 audio channels for a multi-dimensional immersive audio experience Up to 1536kHz audio sample frequency for...
DMC-FZ70 60倍 センサー 1/2.3型 1610万画素 レンズ 20-1200mm F2.8-5.9 デジタルズーム 300倍 (6000mm) 重量 606g DMC-FZ200 30倍 センサー 1/2.3型 1210万画素 レンズ 25-600mm 全域F2.8 デジタルズーム 120倍 (3000mm) 重量 455g DSC-HX300 50倍 センサー 1/2.3型 2040万画素 レンズ 24-1200mm F2.8-6.3 デジタルズーム 200倍 (4800mm) 重量 650g DSC-HX30 30倍 センサー 1/2.3型 2040万画素 レンズ 24-720mm F3.5-6.3 デジタルズーム 120倍 (2880mm) 重量 272g FinePix SL1000 50倍 センサー 1/2.3型 1,620万画素 レンズ 24-1200mm F2.9-6.5 デジタルズーム 100倍 (2400mm) 重量 659g FinePix HS50EXR 42倍 センサー 1/2型...
高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトカメラは1つのジャンルとなっている。 2013年現在、最大ズーム倍率で60倍、35mmフィルム換算で1200mmが最大となっているようだ。 1200mmのレンズは一昔前にキヤノンが一眼レフカメラ用に販売しており、重量は約16kg、当時の価格は約1,000万円という価格だった。 レンズの性能は異なるが、これと同等のレンズ性能のコンパクトデジカメが数万円で手に入る時代となっている。 このような超高倍率ズームレンズは、スポーツ観戦、野鳥撮影などには必要だが、野鳥撮影などは、従来から標準的なカメラに、別途レンズを装着するという手法がよく使われていた。 フィールドスコープと呼ばれている双眼鏡のような物と、デジタルカメラを組み合わせた「デジスコ」という手法だ。 フィールドスコープをカメラのレンズとして扱うことで、通常のデジタルカメラではできない超望遠を実現できる。 フィールドスコープとカメラによっても異なるが、3000mmなどの超望遠が実現できる。 実際に3000mm必要かどうかは撮影対象によっても異なるが、カメラ自体に1000mm程度のレンズが付けばデジスコが必要なくなるケースもある。 デジスコはカメラとフィールドスコープの選び方、そのセッティングが簡単ではない場合もあるが、高倍率ズームのカメラなら誰でも簡単に撮影ができる。 また、このようなカメラには専用のテレコンバージョンレンズが提供されていることもあり、場合によっては純正品で2000mm程度にすることもできる。 デジスコはまだ用途によっては重要な技術ではあるが、高倍率ズームカメラが続々と登場していることで、誰でも気軽に今までは不可能だった被写体の撮影ができるようになっている。
日本のテレビはスクランブルがかかっており、そのスクランブル解除にB-CASカードが必須となっている。 B-CASカードは日本のテレビやBlu-rayレコーダーなどを購入すると付いてくる物ではあるが、中古で購入すると付いていなかったり、引っ越しなどでなぜかなくしてしまったりする場合がある。 そんな場合には、B-CASを仕切っている業界団体の株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズに問い合わせて、その旨を連絡すれば新しいB-CASカードを送ってもらえる。 送料込みで2,000円(税込) この方法が最も手っ取り早く入手できる方法だ。 これ以外には、中古のチューナーなどを入手してそこに付属するB-CASカードを入手するという方法がある。 この場合、地デジ専用なら青いカード、BSなどにも対応しているなら赤いカードになる。一般的に地デジ専用の中古チューナーはかなり安く販売されているため、低コストに入手できる場合がある。 もちろん、パソコンなどに接続するTVチューナーなどをB-CASカード目的だけで入手するというのも悪くはない。この場合、何らかの原因でかなり安く提供される場合もある。
携帯電話会社の中で唯一iPhoneを取り扱っていないドコモは苦戦が続いている。 そんなドコモは2013年現在、Androidを採用したスマートフォンを中心にしているが、このドコモ仕様のAndoridスマートフォンには一種の癖があり、フル活用しようと持っている方には避けたくなる点がある。 1. ドコモのサービスが入っている ドコモは単なる携帯電話の通信機能を提供しているだけではなく、携帯電話を利用した各種サービスも提供している。 つまり、単なる回線業者ではなく、各種サービス事業者として生き残っていこうとしているわけだが、このドコモが提供しているサービス用のソフトがAndroidスマートフォンに組み込まれている。 ドコモのサービスを使いたい方には便利かもしれないサービスだが、実際のところ使わない人も多いだろう。 Androidに限らず各種スマートフォンなどは、AndroidならGoogleの、iPhoneならAppleが提供するサービスとの連携が非常に良く、それらの基本機能に関連したサービスやソフトは非常に使い勝手がいいが、Androidに組み込まれたドコモのサービスはどちらかというと使いにくい。 その典型例が、Android用に提供されているメールサービスで、旧来の@docomo.ne.jpのメールアドレスを使い続けるにはドコモが提供しているアプリを使わなければならないが、Android用に初めから提供されているメールアプリなどに比べた使い勝手はかなり落ちる。 はっきり言えば、スマートフォンになれば@docomo.ne.jpなどのメールすら必要なくなるので、ドコモから提供される各種ソフトは邪魔なだけだ。 使わなければ、起動しなければいいだけの話だが、問題はAndroidに組み込まれているため、常時裏でドコモの何らかのアプリが動き続けているという点だ。 これによって、Android自体が動作不良になる場合もあり、ドコモのサービスを使わない方には邪魔なだけ。 これを外す方法もあるが、一般的ではない。 2. SIM解除時にもあるAPN制限 ドコモから提供されている携帯電話は基本的にSIMロックフリー(英語ではSIM Unlocked)に対応しているが、テザリング(パーソナルホットスポットなどの言い方もある)時に、接続先がドコモに強制設定されるという点だ。 これはSIMロックを解除していない状態ならわからないでもないが、解除しているのに特定のところにしか接続できないとなると、なんのためのSIMロックフリーなのかわからなくなる。 APN制限があると、それだけでいろいろと不都合があり、SIMロックを解除した意味が無くなる。 この制限を解除してしまう方法もあるが、一般的ではない。 4. もろもろドコモ仕様である ドコモから提供されている端末はドコモから購入することになる。 NEC製、富士通製、サムスン製などいろいろある物の、結局はドコモを通じて購入することになるが、すべての端末に「DoCoMo」のロゴが入っている。 ロゴだけならまだしも、内部の仕様もドコモ仕様となる。 日本仕様にワンセグなどに対応するのはまだいいとして、例えばサムスンのGalaxy S4は海外版には8コアの製品があるが、ドコモ仕様では4コアになる。 8コアがいいかどうかは別にして、海外仕様とは異なる国内仕様になってしまうことでがっかりする方も少なくないだろう。 他にもある方がもいるとは思うが、iPhoneを販売していない、端末価格などではなく、ドコモがやろうとしている事のいくつかの点において、選びたくなくなってしまう。 少なくともこのあたりを気にするユーザーは積極的に買おうとは思わないだろう。

人気

最新