Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
省エネ対策 | わかるナビ
ホーム 省エネ対策

省エネ対策

関東地方では2011年3月に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響で、電力不足が深刻です。 それを補うために、緊急的に計画停電が実施されていますが、一部地域とは言え、信号を含む地域全体が停電してしまうのは、特に夜間など危険を伴います。 これを回避するためには一人一人が電気の使用を節約しなければなりませんが、具体的に何をするべきでしょうか。 細かな電力の節約は当然ながら、特に必要なのがピーク時の電力の削減です。 暖房 暖房が特に必要なのが夜間と朝型かと思いますが、電気を使った暖房でも、おおよそ朝8時以前、夜9時以降は、電気の使用量が少なくなるので使用しても停電にはあまり影響しません。逆に言えば、朝8時時頃から夜9時頃までは電気を使った暖房はなるべく使わない方がよいでしょう。 もちろん、電気を使わない灯油やガスを使った暖房を使うべきですが、このピーク時の時間を考えてあまり無理をしすぎないようにしましょう。 照明 照明は、外光が入らないところは日中でも必要ですし、夜間もその場所を使うには必要ですし、防犯上必須のところもあります。 そのような場所での照明は最低限の明るさにするか、より消費電力の低い物に交換しましょう。 例えば、電球は一般的に55W程度の消費電力ですが、電球型蛍光灯は10W、LED電球は5から10W程度です。LED電球は明るさによって価格も異なります。 長期的に考えるとLED電球が適していますが、直近の省エネということならあまり価格が高くない電球型蛍光灯に変更するだけでも効果は高いです。 これらの電球を交換することで、全体的なに消費電力を下げることができます。特に常時点灯しているような場所の照明は、積極的に低消費電力型へ交換しましょう。 各種家電 掃除や選択など、各種家電により現代生活は便利になりましたが、これらの製品をピーク時の朝9時から夜8時くらいまで使用するのは避けましょう。 深夜や早朝は電力に余裕があるので、この時間に使用するのが効果的です。掃除機を深夜使うのは迷惑な場合がありますが、日中はほうきを使うなどして、電気に頼った方法を変えてみるのも一つの方法です。 炊飯、パン焼きなど 電気炊飯器、パン焼き機などが普及していますが、これらはタイマーによる調理が可能です。朝食用ならピーク時を避けるように8時前に調理が完了するようにセット。夕食時なら、夕方の5時前に調理できるようにセットしましょう。 省エネモードにする 冷蔵庫などには音調調節機能があるので、なるべく電力を使用しない設定にしましょう。テレビなどにも省エネモードがあります。パソコンも省エネモードに設定可能です。 それ以外にできる事 省エネ設定以外にも、冷蔵庫など電化製品を壁から離す。照明を掃除することで、本来の明るさを取り戻すなど、豆知識もたくさんあります。 インターネットには、それぞれの家電の省エネに適した使い方が紹介されているので、検索などして調べてみましょう。 また、日中に行動するのをずらすのが最も効果的です。朝を3時間早めて、通常、朝9時から夜7時くらいまで行動するところ、朝5時から午後の3時までにするなどすると、夜のピークを避けることができます。 しかし、前後に数時間だけ動かしても、日中のピークは避けられません。なるべく無理のない範囲で時間をずらすのはいかがでしょうか。 基本は午前中と日中から夜のピーク時に電力を削減することですが、自分ができる範囲ところからやっていきましょう。
東日本大震災以降、日本では節電意識が急速に高まり、LED電球の売り上げも伸びているようだが、節電効果が高いとはいえLED電球はどうしてもその価格が気になる。 例えば、従来型の60W型白熱電球と同等の明るさのLED型電球、東芝LDA9Nは4000円程度での販売となっている。 このLED型電球の消費電力は9.4Wで、一般的白熱電球は60W型が実質54W程度なので、白熱電球比1/6程度の消費電力で節電効果が非常に高い。 コスト面では、従来型白熱電球は200円前後で販売されている。LED電球の寿命は白熱電球の20倍以上なので、使用中の電気代金も1/6程度になり、長期的に見たコストを考えるとLED電球はお得と言える。 しかし、この20倍という価格差は非常に大きく、節電や省エネには理解できるが、どうしてもこの価格では手が出ないという方も多いだろう。 そんな方におすすめなのが、電球型蛍光灯だ。 東芝の60W型と同等の明るさの製品ネオボールZ EFA15EL/12-R の価格は800円前後。これで消費電力は12Wで、LED型電球に比べれば若干高い物の、白熱電球に比べると1/5程度の消費電力だが、価格は4倍程度だ。 これなら一つくらいならLED電球に変えてもいいが、コスト的にきついからと、その他の電球が白熱電球のままになり、節電効果があまりない状態になる事が防げる。 上記の製品・価格で比較した場合 4000円 のLED電球を1コ交換すると、54W-9.4Wで44.6W節電可能 4000円分 (800x5コ) の蛍光灯型電球を交換すると、 (54Wx5)-(12Wx5)で210W節電可能 直近の節電効果は蛍光灯型電球の方が約4倍高いと言うことがわかる。 この上で、余裕のあるときにより節電効果の高いLED電球に交換していくという方法がおすすめだ。
3月28日 9時20分から13時00分 第2グループABC 対象155万軒 3月29日 なし
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)に伴う電力不足で一部地域を対象に計画停電が実施されています。 東京電力管内を5つのグループにわけて、平等に停電することで、供給力を上回る消費を防ごうという仕組みです。 詳しくはなぜ計画停電を実施するか しかしながら、この5つのグループ分けは平等とは言えません。 津波などの被災地を対象にしないのは当然ですが、東京23区のほとんどは停電対象ではありません。停電地域に含まれていながら、停電になっていない地域もあります。 23区が停電にならない理由、停電地域に含まれていながら停電にならない地域が存在する理由などは公開されていませんが、東京電力では停電することで影響が大きいと考えている地域は停電させない方針のようです。 しかしながら、この停電する地域しない地域、停電対象の世帯などを調べれば調べるほど不公平な事がわかります。 グループ分けは毎日のように改訂されていますが、基本的な部分は変わっていません。 3月20日頃のそれぞれの停電対象軒数は 1グループ 約289万軒 (3月17日) 2グループ 約306万軒 (3月16日) 3グループ 約290万軒 (3月17日) 4グループ 約231万軒 (3月17日) 5グループ 約369万軒 (3月18日) で、合計1,485万軒となっています。 東京電力の契約口数は、2010年現在特定規模需要を除くと2,862万口となっています。 停電対象の軒数と口数の単位がどう違うのか解説されていませんが、同じと仮定すると2,862万軒中、停電の対象になっているのが1,485万軒で、全体の割合は約52%となります。 (3月25日、各グループの最大停電軒数で計算し直し、44%から52%へ変更しました) つまり、全体の52%の方々が、残りの48%を支えている計算になります。 東京電力が2011年3月22日から電力の使用状況を公開するようになりましたが、このグラフを見ても、停電時に単純に1/5にあたる20%が減少していないことがわかります。 停電対象が全体の52%なので、そのうちの1グループを停電させたとしても最大で10.4%程度しか減ることはありません。
東京電力は関東地方を中心に日本の1/3の電力を供給している。 電力は民家の屋根に設置された太陽光発電など、電力会社以外も発電し、東京電力もその電力を受電した上で、一般家庭や企業などに供給している。 そのため、東京電力の発電量を考えるためには東京電力単体の発電量と、東京電力が他社から受電している電力量も考える必要がある。 東京電力単体の場合、約6,500万kWの発電量があり、他社からの受電分も含めると約7,800万kWとなっている。 夏場の最需要期は7,000万kW程度の電力が必要になるが、発電所などは適時メンテナンスが必要で、常に最大の電力が供給できるわけではないので、現在の発電力は通常時に余裕があるわけではない。 さらに、事故の場合などに原子力発電所などが停止することがあり、その場合の供給力は格段に低下する。 現在の発電は太陽光、風力などもあるが、火力、水力、原子力が中心だ。 その内訳は、東京電力発電分で、原子力 32%、火力 64%、水力 4%となっている。 他社からの分を含めると、原子力 28%、火力 57%、水力 5%という内訳となる。 その中でも特に注目が集まる原子力発電所の場合、東京電力には、柏崎刈羽、福島第一、福島第二の3つの発電所がある。 柏崎刈羽は2007年の新潟県中越沖地震の影響により利用率が下がっており、2009年度は21%にとどまる。2009年度の福島第一、第二はそれぞれ80%程度の利用率となり、東京電力の原子力発電所の利用効率は全体で55%程度となっている。 以上のデータは2009年度の東京電力ファクトブックより それぞれの原子力発電所の発電量は 柏崎刈羽(新潟) 820万kW 福島第一(福島) 470万kW 福島第二(福島) 440万kW となる。 東京電力以外では日本原子力発電の東海第二発電所(茨城)に110万kWの発電力がある。 東北電力の女川(宮城)は東京電力のバックアップ機能があり、210万kWの発電力となっている。 計画中では東通(青森)に東北電力が既に稼働させている1機に加えて、東京電力が1機建設中で、東京・東北電力がそれぞれ1機ずつ計画中だ。 東日本大震災後の東京電力の発電量は

人気

最新