不正アクセスのアクセス元が市役所、区役所の意味

Googleなどの各種サービスでは、不正アクセスのアクセス元の地域が分かる機能があります。
これは、アクセス元のIPアドレスから、実際の位置を推測して表示しています。

このIPアドレスからの実際の位置表示は、正しい物ではありません。

Wi-Fiの位置情報は、Wi-Fiの電波がどこから出ているかを調べるデータベースから位置を割り出すので、比較的正確ですが、各プロバイダから接続しているIPアドレスだけでは正確な位置情報はわかりません。

各プロバイダから提供されるIPアドレスは、地域毎にまとまっているため、ここから大まかな位置を推測しています。
この大まかな位置は、都道府県や市町村単位が最小となりますが、間違うことがよくあります。
わからない場合は日本など国単位となります。

プロバイダ等にもよりますが、最小の市区町村はあくまでも目安で、だいぶ離れた場所が表示されることもあります。
その市区町村単位での位置表示の基本となるのが、各役所です。

つまり、実際にはその役所からアクセスしていなくても、その地域からの接続という意味で、中心を意味する役所を指しているだけです。
実際に役所からの可能性も捨てきれませんが、おおよそその辺の地域からという意味でしかありません。

関連記事: