飛行機の機内でスマートフォンやゲーム機、パソコンを使う方法

飛行機の機内には、ゲーム機やスマートフォン、パソコンやデジカメなどの電子機器を持ち込むことが出来る。
機内に持ち込む理由は様々だが、預けた場合の破損を防止することと、機内で使用するためという2つにわけられる。

機内で使用するために電子機器を持ち運ぶと言うことは、使うと言うことだが、最近の電子機器には無線機能などが備わっており、この無線機能が飛行機の計器などに影響する心配がある。

そのため、多くの飛行機の機内では無線を発信する電子機器の使用は禁止されている。
例えば、携帯電話やスマートフォンはその代表的な例で、携帯型ゲーム機やパソコンなども同じく無線機能があるし、最近ではデジカメなどにも無線機能がついている。

これらの無線機能があったら使えないわけでは無く、無線機能を切ることが出来る。
例えば、携帯電話やスマートフォンには機内モードがあり、これを入れればすべての無線機器をオフにすることが出来る。

ノートパソコンも同様に無線機能を切る事が出来るので、搭乗前に切っておくことが必要だ。

欧米の航空会社の中には、機内でインターネットに接続できるサービスを提供していることがある。これは機内で無線LAN(Wi-Fi)がサービスされているから利用できる。
この場合、インターネットに接続するために各機器の無線LAN機能を使う事が出来る。

ほとんどの電子機器は飛行機に持ち込み、使用しても問題なし

飛行機に搭乗する前はセキュリティの目的で、金属検査がある。
この金属検査は拳銃やナイフなど、テロに使うような道具を持ち込んでいないかどうかを検査する物で、金属を持ち込んでいるかどうかを検査する物では無い。

そんな金属検査があるために一部勘違いしている方もいるが、飛行機の機内には各種電子機器を持ち込むことが出来る。
携帯型ゲーム機や携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ノートパソコン、ドライヤー、ヘアアイロンなどはもちろん、掃除機であっても手荷物として持ち込めるサイズの範囲内ならどんな電化製品でも基本的に持ち込める。

飛行機の中で規制があるのは、離着陸時に電化製品の電源を入れてはいけないと言うこと。
これは各種電化製品から出ている微弱な電波が、飛行機の計器などに影響しないようにするためだ。一般的にはどんな電化製品でも問題は無いが、念のためどこの国の航空会社でもこの規制はある。

実際、墜落は誰でもいやなので、離着陸時の電化製品の電源オフは誰でも守っている。
たまに守らないで窓からの景色を撮影している大人や子供もいるが、機会があれば、客室乗務員に密告すればいいだろう。

飛行機の乗り方 セキュリティ検査通過、出国手続き、飛行機に乗る

乗る飛行機を事前に予約し、空港でチェックインなどの手続きを済ましたら、乗るための前準備は終了したと言える。
詳しくは航空券の購入、チェックイン・荷物を預けるまで
ここから本格的に飛行機に乗る事になる。

空港はテロリストなどの警戒を行っており、誰でも自由に行動できるわけではない。
特に飛行機に乗り、降りるエリアはセキュリティエリアとなっており、特定の人しか入る事は出来ない。
特定の人とは、その空港の職員や、航空会社の関係者、乗客だ。
見送り客もセキュリティエリアには入れない。

セキュリティエリアに入る

空港で一人ずつ金属検査などをしているところがあるが、ここからがセキュリティエリアとなる。
このセキュリティエリアに入るには、ボーディングパスが必要となる。日本の場合、国際線に乗る場合はこの時点でパスポートが必須となる。
ボーディングパスはチェックイン時にもらう航空券のような物で、ここに自分が乗る飛行機の出発時刻、飛行機が止まっているゲートの番号、自分の座席番号などが書かれている。

このボーディングパスをセキュリティエリアの入り口にいる職員に見せて、セキュリティエリアの入り口に並び、一人ずつ持ち物検査などを行う。

ここで、腕時計やベルト、アクセサリー、硬貨、携帯電話など、金属が含まれる身につけている物やポケットに入れているような物はすべて用意されているトレイの中に入れる。ジャケットなど上着も脱いで検査する。最近は靴も脱いで別途検査する事が多い。
荷物も別途検査するが、ノートパソコンやタブレット、大型のカメラ等は鞄から出して別々に検査する。
この小物や鞄などの検査は、X線(レントゲン)による検査で、銃やナイフなど危険物が無いかどうかの検査であって、金属製品を持ち込んでいるかの検査ではない。
最近はペットボトルに入った水なども持ち込み禁止品になっているので注意しよう。
日常で使う少量の化粧水や液体の薬などは、一定の基準を満たせばこのセキュリティエリアに持ち込めるので、利用する空港の説明を参照しよう。

金属検査は一人ずつとおるが、上記のようにアクセサリーなどをきちんとトレイに入れておけば問題なく通れる。それでも何らかの理由で金属の反応が出た場合は、係員により身体をくまなく検査される。骨折などで金属を埋め込んでいる方などは係員にその旨申し出れば理解されやすい。

電化製品を多く持ち込む場合は、別途検査になる事がある。この場合もナイフなどを持っていなければ最終的には問題なくこの検査エリアは通過できる。

この検査は国や空港、時期によって厳しさが異なるが、一般的にアメリカの空港は厳しい。検査をなるべくスムーズにしたい方は荷物を極力減らした方がいいが通常問題なく通れるので気にする必要も無い。

出国検査

国内線以外では、出国審査がある。
出国審査は無い国もあり、例えばアメリカは明確な出国審査が存在しない国だ。一般的にはセキュリティエリアを通過した後に出国審査がある。
出国審査では、パスポートとボーディングパスを提示する。ここでは、通常何も言われず、パスポートに出国スタンプが押されそのまま通過できる。
日本の場合、無人化ゲートというのがあり、事前に登録しておけば、パスポートを提示して、指紋認証するだけで出国審査が終了する制度もある。

セキュリティエリア内

セキュリティ検査が終了し、出国手続きも終わると、セキュリティエリア内でしか行動できなくなる。当然、見送り客はこのエリア内に入れない。
このエリアでは各種検査などが終わり、飛行機に乗るまでを過ごすエリアとなっている。

免税品
国際線の場合、このエリア内で免税商品が販売されており、日本では通常8%の消費税を払う事無く買い物が出来る。一般的に免税商品は安いと思われているが、日本の免税品はこの5%が無い程度でたいして安いわけではない。
もちろん、酒やタバコなど、消費税以外に多額の税がかかっている物はかなり安くなる。
レストランなどもあり、ここでも免税価格で食事が出来るが一般的に安くは無い。

航空会社のラウンジ
ファーストクラスに乗ったり、各航空会社のマイレージ上級会員などの場合、セキュリティエリア内にある航空会社が用意しているラウンジを利用できる。
ラウンジは通常よりゆったりした椅子や食事などが用意されており、飛行機出発まで落ち着いて過ごす事が出来る。

シャワー
長距離の移動時などはシャワーを浴びたくなる事もあるが、一般的には有料でシャワーを使用する事が出来る。上記航空会社のラウンジ内に用意されている場合もある。

搭乗ゲート

大きな空港の場合、飛行機に乗るためのゲートが100以上あるところもあり、そのゲートに行くまでが大変な事があるので、初めて行く空港の場合は、ある程度時間的な余裕が必要になる。
空港によってはセキュリティエリア内でモノレールのような乗り物に乗って、別の建物に移動する必要もある。

各飛行機は決められたゲートから乗るので、自分のボーディングパスをみて、指定されたゲートに行くようにしよう。ゲートの番号を間違えると、本来のゲートに戻るまでにかなり時間がかかる場合があるので、不安な場合、係員などに間違っていないかしっかりと確認しよう。

目的のゲートにつくと、そのゲートには行き先や便名などが表示されている。
近くのゲートに別の航空会社の便が設定されている事もあるので、行き先などをみて、自分の乗る便と間違えないようにしよう。

ボーディング・搭乗

ボーディングパスにはゲートや座席と一緒に飛行機の出発時間が書かれている。
この出発時間は一般的に飛行機が動き出した時間で、この時間の直前に目的のゲートについたとしても既にドアが閉まった後という事もあり得る。

一般的には、この出発時間の30分くらい前から搭乗(ボーディング)が始まるので、指定された時間の30分前にはゲートに到着しておいた方が無難。
そもそも、この出発時間はその日の状態によって予約時点より前後する事がある。
これらはチェックインのときに説明されるので、わからなければそのときにしっかり聞いておこう。

ボーディングは、体が不自由な人などから順番に案内され、ファーストクラス、ビジネスクラス、航空会社のマイレージ上級会員などの順で、エコノミークラスが最後となる。
ボーディングパスに登場順が併記されている場合がある。その番号などが呼ばれたら乗り始められるように準備しておこう。
もちろん、ある程度搭乗が終わってからゆっくり乗ってもいいが、その場合、席の上の荷物置き場にスペースが無かったり不便な事もあるので注意しよう。

ゲートの前には椅子などがあり、搭乗が始まるまでゆっくり待てるが、ここで荷物を出してうっかり忘れて飛行機に乗ったりすると、その荷物は二度と戻ってこない事もあるので注意しよう。

チェックインが終了し、いつになっても乗り込まない乗客がいた場合、他の乗客を待たす事になり、さらに航空会社にとっても損失になる。十分注意しよう。

ゲート前では一般的にボーディングパスと身分証明書を提示する必要がある。
国際線では一般的にパスポートを、国内線では身分証明書を提示しなくても乗れる事があるがそのつもりで用意しておくといいだろう。

このボーディングパスの提示後、アメリカ線などで手荷物検査がある事がある。
主に乗り継ぎ客がその対象になっているようだが、さらに手荷物検査がある可能性もあると認識しておこう。

飛行機の出発

すべての搭乗が終わると、飛行機のドアが締まり、飛行機が動き出す。
成田空港などは動き出してから実際に飛ぶまでに時間がかかる物の、飛んで安定飛行に移行するまでは電子機器が使用できない。
飛行機に乗る前に携帯電話やゲーム機など各種電子機器はオフにし、本などを読むなどして過ごすしか無い。この時間は短くはないので、何もしないでじっとしているのが苦手な方は本などを用意しておくのもいいだろう。

ここまでのまとめ

チェックインした時に受け取ったボーディングパスなどを持ってセキュリティエリアに入る。
セキュリティエリアに入る際に持ち物検査がある。持ち物検査は金属を検査するのではなく、危険物の持ち込みを検査する。
セキュリティエリア内では免税品などが販売されている。
乗る飛行機のゲートで搭乗まで待つ。
飛行機が動き出す時間と、搭乗開始の時間を勘違いしないようにしよう。
搭乗して、飛行機が飛び立ち、安定するまでは結構時間がかかる。

飛行機の中、到着後編へ続く

飛行機の乗り方 航空券の購入、チェックイン・荷物を預けるまで

飛行機は一般的にあまり乗らない乗り物のため、チケットの買い方から空港で何をするべきか、機内で何をするべきかなどよくわからない方が多いようだ。
そこで、飛行機に乗る方法のチケット購入から、空港で乗る直前まで解説しよう。

航空券の購入

飛行機に乗るためには航空券を購入する必要がある。
飛行機に乗るには、乗る数日前までに購入するのが一般的だが、国際線でも乗る直前に空港に行って航空券を買うことも可能だ。もちろん、席が空いていればだが。
旅行代理店などで購入することもできるが、航空券を買うだけなら、インターネットの格安航空券サイトで最も安いチケットを探し、購入するのがお得なことが多い。
当然ながら、日本出発の航空券を買えるし、海外出発の航空券もネット上で購入できる。
購入する際、予約と書かれている事もあるが、購入と同じ意味だ。
現在の航空券はeチケットと言って、昔の紙の航空券はない。もちろん、インターネット上で購入すると紙に印刷することが推奨されたりするが、これは航空券ではなく、eチケットの番号が書かれた紙にすぎない。基本的にeチケットの番号と搭乗者の身分証明書がわかる物(一般的にはパスポート)があれば飛行機に乗ることはできる。

チェックイン

そもそも航空券は無いが、航空券(eチケット)を持っていても、そのまま飛行機に乗ることはできない。乗る直前にチェックインという手続きが必要だ。
このチェックインは乗りますということを直前に表明するような事で、これは飛行機が出発する2時間前程度にしておく必要がある。国内線なら1時間前という事もあるようだが、国内・国際線を問わず、その後の手続きを考えて1時間半前にはしておきたい。
航空券を購入していても、このチェックインが遅れると、空席待ちをしている人に乗られ、席が無くなってしまうことがある。空港への到着が遅れ、チェックイン手続きが締め切られても乗ることができなくなるので注意したい。

このチェックインはインターネット上で、搭乗24時間前に出来る事もある。その方が空港での手続きがスムーズになるが、空港のチェックインカウンターで行うのが基本だ。空港にある航空会社のカウンターは、一般的にこのチェックイン手続きために用意されている。
このカウンターは航空会社ごとに異なるし、飛行機の搭乗クラス(ファースト、ビジネス、エコノミーなど)によっても分かれている。
国際空港などでは、コードシェア便と言って、全日空の航空券だが、ユナイテッド航空の飛行機に乗ることもある。この場合にどのカウンターで手続きするかは空港によって異なるので注意しよう。

空港や航空会社によっては、身分証明書と予約情報などを使い、空港にあるコンピューター上で搭乗者が自分でこの処理を行う場合もある。これは場合によっては便利だが、始めて乗るような方は使い方に戸惑う場合もあるようだ。空港職員が手伝ってくれるが、ある程度このような電子機器になれていないと、乗るのに苦労することがある。

この手続きが終わるとボーディングパスを受け取る。インターネット上でチェックインした場合、ボーディングパスを自分で印刷して空港に持っていく必要がある。
ネット上でチェックインしてプリンターが無い場合、空港で印刷する事も可能。
このボーディングパスが飛行機に乗るための航空券のような役割をする。

荷物を預ける

飛行機の機内に持ち込める荷物は、座席のある機内の荷物を収納するスペースに収納できるサイズに限られる。カバン取扱店に行くと、国内線持ち込み可能などと書かれているカバンもあるが、国内線・国際線に限らず、このサイズは航空会社とその飛行機の機種によって異なる。

機種によっては荷物を収納するスペースが小さく、ちょっとした荷物でも預けられない事があるし、満員の場合はこの基準がより厳しくなることがある。
どのサイズが持ち込めるかはそのたびに異なる。また、預ける荷物の重量や個数も決められているので、乗る航空会社の情報の事前チェックは欠かせない。

荷物を預ける場所は前述したチェックインカウンターだ。
チェックインをインターネット上などで事前に済ましている場合、ここで荷物だけ預ける手続きを行う。インターネットでチェックインした人用に、荷物を預ける専用のカウンターを用意している会社もある。

この荷物を預ける際に、荷物に細長いシール状の物をまかれる。これは荷物タグ(バゲッジタグ)などと言われる物で、ここに荷物の番号と、どこ空港からどの空港に行くどの便の誰の荷物かと言うような情報が書かれている。
このタグは飛行機から降り、荷物を受け取ったら必要なくなるので取り外しておこう。別のタグが付いたまま、他のタグをつけていると荷物がなくなる原因となる。一般的には荷物預け時に空港職員によって別のタグは取り外されるが、取り外し忘れていると荷物が他のところに行ってしまう原因の一つとなる。
預ける際に、この荷物番号などが書かれたタグを受け取るので、到着地について荷物を受け取るまでこの番号をなくさないようにしよう。

預ける荷物の注意点

預ける荷物のカバンはスーツケースに限られているわけではなく、サイズや重量が基準内なら基本的に何でもよく、ボストンバッグや段ボールでもかまわないが、中に入れる物にはいくつかの基準がある。
例えばライターは預ける荷物に入れる事もできない。
すべての荷物は飛行機に載せる前にX線(レントゲンのこと)で検査される。ここで、爆弾などの危険物が入っていないか探すわけだが、一般の電化製品などは問題ない。
ノートパソコンなども問題なく預けられるが、乱暴に扱われることもあり、なくなったり壊れては困るような高価な品や電子機器などは、預ける荷物に入れないのが一般的になっている。
万が一壊れたとしても、航空会社は一切保証することがない。カバンが大幅に壊れた場合などは保証に応ずることもあるが、スーツケースのタイヤが壊れたり、カバンが傷ついたくらいでは一切保証されないので注意しよう。

アメリカ行きの荷物はカバンの中を開けて確認されることがある。このとき鍵がかかっていると鍵を壊して開けるが、TSAという鍵なら壊されないで空港職員の持つ合い鍵で開けてもらえる。しかし、開かない場合などは問答無用で鍵を壊して開けた上で検査される。壊されたとしても保証はいっさい無い。
アメリカ行きの荷物では空港職員によって開けられてしまうことを前提に鍵をかけないようにしよう。

ここまでのまとめ

乗る飛行機を事前に予約する。
飛行機が出発する2時間前には空港に行き、チェックイン・荷物預けをすます。

セキュリティ検査通過、出国手続き、飛行機に乗るに続く

飛行機の中でインターネットを使う Gogo Inflight

飛行機の中で使えるインターネットサービスで記憶に新しいところではConnexion by Boeingがありましたが、2004年にサービス開始した物の2006年に終了しています。

サービスが終了した理由はよくわかりませんが、コストや利用者数などがあったのだと思います。現在は、当時より、インターネットを使用するサービスは充実し、より生活に密着していますので、同じサービスを開始した場合、かなりの方が使うのかもしれません。

そうはいっても、Connexion by Boeingは衛星を使ったサービスであり、高コストなサービスです。
現在はより低コストなサービスが開始されています。それが、Gogo Inflightです。

http://www.gogoinflight.com/

こちらは、携帯電話の技術を活用した物で、通常の携帯電話用基地局が、ビルなど高いところから、地上の利用者に向けて最適化しているところ、このサービスは地上の基地局から、上空の飛行機に電波を向けています。

How Gogo Inflight Internet Works (gogoinflight.com)

当然ながら、地上に基地局がなければ使用できませんので、海の上を飛ぶような国際線は使えません。
飛行機がこの電波を送受信し、機内でWi-Fiに変換しているので、飛行機も対応する必要する必要があります。
そのため、使用できる路線や航空機が限られていますが、ユナイテッド航空のニューヨーク(JFK)からロス・アンジェルス(LAX)やサン・フランシスコ(SFO)便、アメリカン航空などが対応済みです。

まだサービスは始まったばかりのようですが、Connexion by Boeingの頃よりネット環境は充実しており、デバイスの充実もあり利用者数は段違いでしょう。

サービスが拡充することで、機内で時間をもてあますことも格段に減ることになるでしょう。