Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
勝手に新製品予想 | わかるナビ
ホーム 勝手に新製品予想

勝手に新製品予想

インテルからノートパソコン向けのCore i7プロセッサーが発表になった。従来Clarksfieldと呼ばれていた物だ。 DELLのAlienwareなど、対応機種もいくつか発表されたようだが、Core 2 Duoの動作周波数が3GHz近かったのに比べ、Core i7は2GHz程度へ落ちている。この周波数ではCore 2 Duoなどに比べて、どのくらいパフォーマンスが高いのか気になる方が多いと思う。 実際にゲームなどをした場合のパフォーマンスがどの程度なのかは、実機のレビュー記事や実際に購入した方の感想でわかるだろうが、各メーカーへのヒヤリングによれば、クアッドコアのCore 2 Quad搭載機に比べて劇的に向上しているわけではなさそうだ。 Core i7はクアッドコアで、Pentium 4の時からさらに強化されたハイパー・スレッディング(HT)テクノロジを使用し、物理コアが4つにハイパースレッディングで2倍の8スレッド実行が可能になる。 マルチコアをうまく使ったOSやアプリケーションなら、動作周波数はともかく、2コアのプロセッサーよりも内部処理が効率的になるのは確実だ。 実際には4コア使うことはそれほど多くないため、1コアや2コアで動作する場合なら、CPUの発熱が規定以上にならないようにクロック周波数を上げるターボ・ブースト・テクノロジーがあるので、Core i7-920XMの通常の周波数は2.0GHzだが、3.20GHzまで上がる子tが出来る。 実際に3.2GHzまであがる状況が、どんなソフト使用時なのかはやってみないとわからないが、動作周波数はともかくメモリアクセスなどの向上などにより、Core 2 Quadに比べれば若干の性能向上はあるはずだ。 Core 2 Duoに比べると、物理コアが増える分だけ性能向上効果は高くなるようだが、CPUの熱設計電力(TDP)はCore 2 Duoが35Wだったのに比較すると、Core i7は10W高い45Wになっている。 単純に比較すれば、バッテリ駆動時間の減少、発熱の上昇などが予想されるが、チップセットに含まれた機能の一部がCPUに取り込まれたので、従来CPUと同等と考えることも出来る。 今回のCore i7は45nm版の物であり、次の32nm版は2010年初頭には対応製品が出るようだが、こちらのCPUはハイエンド向けではなく、メインストリーム向けの物となる。 もしもハイエンドモデルを探しているなら、今後数ヶ月で出てくるだろうベンチマーク結果などで満足できる性能ならば、Core i7搭載のGPUが高性能なモデルを選んでもすぐに次世代CPUが登場して損をすることはないと思われる。
近々行われるパソコンのインターフェース周りのアップデートとして、USB 3.0が注目されている。 速度が10倍ほどになり、コネクタなども下位互換性があり、データ転送が速くなるという利点がある。インテルのチップセットが対応するので、これがパソコンの本体に標準搭載されるのは確実。 対応PCが登場するのは速くて2009年末だと思われ、2010年内には多数の製品で対応してくるだろう。 本体が対応しても、周辺機器も対応しなければ意味がない。 周辺機器としては、データ通信の速度が重要になる製品での対応も気になるところだ。 例えば、HDDなどの外付けストレージドライブ、内蔵ストレージにデータを保存するビデオカメラなどだ。 これらの製品をUSB 2.0で接続し、100GB程度のデータをコピーするのにかかる時間は1時間ほどかかる。これが10分以内に短縮するならUSB 3.0は非常に有用だ。 当然ながら、本体の対応に加えて、周辺機器の対応も必要だが、本体がチップセットなどの対応により2010年には対応するとして、周辺機器はどうだろうか。 USB 3.0対応のコントローラーはいくつかあるが、周辺機器向けはまだ遅れている。順次対応製品が登場するだろうが、コストなども含め本格的に対応するようになるのは若干時間がかかるかもしれない。 2011年頃に登場する周辺機器ならUSB 3.0対応製品も増えてくるだろうが、それまでは若干時間がかかりそうだ。この期間はUSB 3.0へと考え、無理にUSB 3.0のために買い控えをする必要はないだろう。 2009年現在言えることは、それなりに普及しているだろう2011年頃までは2年ほどの時間があるため、そうなってから買い換えるというのもありだということ。 USB 3.0は下位互換性があるので、自分で持つ周辺機器などが全て対応するようになってから、USB 3.0対応のPCを購入しても遅くないだろう。
2009年10月に発表された新しいMacBookは、価格はそのままに性能を上げた新製品だ。 しかし、10万円というのは、日本市場では高くはないが、世界的なノートパソコンの販売価格から見ると若干高い。 全世界で一般的なノートパソコンの価格はUS$800前後で、日本円で言うと7万円から8万円程度。それに比べると2割ほど高い。 AppleもMacBookの価格を下げたり、Apple版のネットブックを製品化するのは簡単だ。 MacBookのスペックを下げたり、簡単なデザインやスペックの指示だけAppleが行い、ネットブックを製造している企業に低価格版のMacBookの製造を依頼するだけなので、やろうと思えば短期間に製品化できる。 しかしAppleはそれをやらない。Macは他社と比較した場合に、ソフトも含め付加価値のあるパソコンで、安くて出来ることが限られる製品にはしたくないのだろう。 それでも、MacBookをコストダウンする余地は十分残されている。 どこを削れば安くできるかをチェックしていこう。 液晶を低コストな物にする 現行機では、13.3インチで1280x800の解像度を持つLEDバックライト採用の若干高コストなパネルを採用している。 これを冷陰極管仕様の16:9液晶採用で1366x768の解像度の物にすることで、液晶パネルのコストを下げられる。 バッテリを低コストな物にする ノートパソコンにしめるバッテリのコストは、液晶やCPUなどと同等に高い。 新MacBookでは、60WhのMacBook Proと同じ7時間駆動、1000回充電対応のバッテリを採用している。ネットブックなどは40Wh程度の汎用バッテリを採用しており、このように低コストのバッテリを採用するだけでコストを削減できる。 光学ドライブを外す 光学ドライブを利用する機会は減っており、ネットブックなど低コストな製品では付けなくても問題ない。実際MacBook Airには付いていないので、外付けドライブは既に用意されている。必要な場合はこれを追加すればいいだろう。 HDD容量を下げる 250GBを採用しているが、160GBに変更するだけで若干だがコストが下がる。 CPUのグレードを下げる 2.26GHzのCore 2 Duo P8400を採用しているが、P7370などを選択してコストを下げることが出来る。 しかし、この機能を持ったクラスのCPUではP8400は十分低コストなCPUであり、あまりコスト削減効果は高くない。 以上いくつか上げてみたが、この中で、液晶、バッテリ、光学ドライブがコスト面で最も効果が高い。 これだけで最低でもそれぞれ5,000円程度のコスト削減は可能と予想され、その他の部分も合わせて2万円程度は安くできるだろう。 このスペックで低コストなMacBookを予想してみると。 13.3型1366x768液晶採用 CPUはCore 2 Duoで2GHz HDD 160GB、メモリ2GB バッテリ駆動時間5時間 光学ドライブ無し 8万円程度 この製品は現行機、Windows系製品と比較し魅力的だろうか?
ハイエンドのパソコンユーザーにとって、外付けHDDの接続規格がどうなるかは興味津々なところだろう。 現状ではUSB 2.0対応製品が多いが、速度を選べばeSATAになる。MacではFireWireだ。 最近使われている主なインターフェース規格 USB 2.0 480Mbps FireWire(IEEE1394,i.LINK) 400,800Mbps eSATA 2.4Gbps eSATAはHDDなどに限ったインターフェース規格であり、他の周辺機器との互換性の面で難がある。 もしも、速度が同じくらいに出るのなら例えばUSBなどに統合した方が様々な製品で使用することが出来るため使い回しにはいいだろう。 その点、期待されているのがUSB 3.0だ。これは5Gbpsで、USB 2.0の10倍、eSATAの2倍の速度となっている。実際にeSATAの2倍の速度が実現できるなら、コネクターに互換性もありUSBの普及状況からしてUSB 3.0が次の高速インターフェース規格となることは確実だろう。 USB 3.0 5Gbps IEEE 1394b-2002(FireWire 800) 800Mbps,FireWire S3200 3200Mbps なにより、インテルなど業界大手がUSB 3.0には力を入れており、インテルのチップセットがこれにサポートしてしまえば事実上、PCでの採用は決まったも同然だ。 だが、気になるのがアップルの対応だ。アップルは以前からFireWireに力を入れており、最新のプロ向けMacにもFireWireは搭載されている。 FireWireはUSB 3.0程ではないが、近い速度が期待できるFireWire S3200という規格もあり、USB 3.0を採用しなくても、高速なインターフェースとして利用できる。 だが、FireWire対応の周辺機器は明らかに数が少ないし、Macがトータルで考えた場合に高コストになってしまう一因でもある。 次世代のMacではどのインターフェースが採用されるかわからないが、少なくともチップセットレベルで対応するUSB 3.0には対応してくるだろう。それに加えて、FireWireも対応するのかどうかが焦点となってくる。 従来の資産を引き継ぎたい方にとって、FireWireの採用は是非とも望みたいところだろうが、コストや将来性を考えるとそろそろ無くなってもおかしくない。
Appleの業績は、iPhoneやMacなどが好調なこともあり、堅調に推移しているようだ。 Appleは他のPCメーカーと比較した場合、ビジネス向け市場よりもコンシューマーが中心の事業で、世界的な不況でも、個人の購買意欲はそれほど下がっていないことがよくわかる結果だ。 最近、Acerの市場シェアが上がったようだが、これもネットブックなどコンシューマー市場向けの製品がヒットしているからだ。 そのコンシューマー市場の成長著しいPCはネットブックではなく、通常のノートパソコン。 最近は、CULVやらモバイル・サブノートPCやらUltra Thinやら様々な呼び名で呼ばれているネットブックより少し上の製品ではなく、フル機能の普通なノートパソコン。 この市場は世界的に見るとおおよそ8万円程度の販売価格で、デュアルコア、光学ドライブ付き、13から15型程度の液晶を搭載した製品となる。 このクラスはちょうど、日本ではネットブックより少し上の市場に重なるが、日本の販売価格は世界でも最も高く、外国との比較は難しい。 ネットブックより少し上の市場は2009年後半から本格的になるのが、これからは ネットブック 4万円から5万円 ネットブックより少し上 5万円から8万円 安いノートパソコン 7万円から10万円 (時々5万円くらいのが出現) ハイエンド 10万円以上 ゲーミングなど もっと高い というような分類になり、ハイエンド以外が70%以上の市場シェアを占めることになるだろう。 こうなると、現行のMacBookやMacBook Proはハイエンドとなり、狭い市場に入ることになる。 Appleとしては積極的にシェアと高める事はしないだろうが、Macは高いというイメージが付き、将来の販売に支障が出ることも考えられる。 そこで、ある程度コストを下げたMacBookなどが必要になるだろう。 Macはコンテンツを作成できる製品で、スペックを下げないという特徴もあったが、ネットブックより少し上の市場が盛り上がりつつあり、その影響で、CPUなど各種部材も安く調達できるようになっている。 例えば、HPのPavilion dm3aなどはインテルではなく、AMDのCPUなどを使用し、9万円程度の実売価格になっている。 アップルはSnow LeopardからOpenCLを活用しており、CPU性能に加えてGPU性能も重用になる。CPU性能が多少低くても、GPU性能でカバーできるので、AMDのGPU性能は魅力的だろう。 AMDを採用するかどうかは別に、CPU性能は2GHz以下でも動画再生、映像処理などはGPU性能次第でいくらでも速く見せることができる。GPUの性能がそこそこなら、低コストなCPUを採用しても問題ないのかもしれない。 すると、従来よりもCPU性能などは下がってもGPU性能を強化し、相対的には性能は下がっていないように見える、低価格なMacBookが登場してもおかしくはない。 販売価格は8万円を切る例えば$799や$699になり、日本での販売価格も7万円台になると、Windows系と比べてもかなり魅力的な製品となるだろう。 販売開始は11月末の米国のホリデーシーズン開始前からで、Windows 7などを搭載した製品と同じ時期にプロモーションすることで、相乗効果を発揮するだろう。 これで、PC市場が盛り上がるかどうかはわからないが、Appleが実売7万円台くらいのMacBookを発表すれば盛り上がることは間違いないだろう。

人気

最新