Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
YouTube | わかるナビ
YouTubeが有料サービスを検討しているという。 2014年11月現在、YouTubeにはいくつかの有料オプションがある。例えば、登録者数1000以上のチャンネルでは、有料オプションが提供でき、有料オプションを選んだユーザーに広告がなくなったり、特別な動画を見せたり出来るようなサービスだ。 これは、特定の動画投稿者が、そのファンに向けた物といった位置づけとなる。 YouTubeが検討としているというのは、これとは別のサービスとなるようで、YouTubeの動画視聴者向けのサービスとなる。 現在、YouTubeではほとんどの動画に広告がついているが、動画再生前に広告が表示されたり、動画の中に広告が挿入されたりする。一日に数本しか再生しない方にとってはあまり気にならないかもしれないが、何十本も視聴する方にとっては邪魔でしかな場合が多い。 このようなYouTubeのヘビーユーザーに向けて、料金を払えば広告表示が無くなるのが新しいサービスになるようだ。 ブラウザのプラグイン等で、広告を非表示にするものもあるが、中にはスパイウェアでしかないものもある。そのような危険なソフトを使うこと無く、一定の料金を支払ことで正規に広告をスキップできれば、ヘビーユーザーを中心にこのオプションを選ぶ方もいるだろう。 もちろん、一切料金を払いたくない方がほとんどだろう。そういった方には、広告を表示するようにすればいいわけで、YouTubeとしては収益を維持しながら、利用者の選択の幅を広げる各種オプションを提供できるようになる。 このようなユーザーに選択肢を提供することで、動画サービスのさらなる普及を狙っているようだ。
YouTubeでは、一度アップロードした動画を再編集できる方法を用意しています。 大きく分けて、YouTube動画エディタと、動画加工ツールの2つがあります。 動画エディタは、すでにアップロードした動画やクリエイティブ・コモンズの動画を組み合わせて新しく動画を作る際に利用できます。 動画エディタのは「クリエイターツール」「作成」「動画エディタ」で行くことが出来ます。 URLはhttp://www.youtube.com/editorです。 一度、アップロードした動画を編集したい場合は、動画加工ツールを使うことになります。 動画加工ツールは、各動画の編集画面等から入ることが出来ます。 ここでは、簡単なカット編集等が出来ます。 さらに色の変更やぶれた動画を安定させるスタビライズ機能。 色の変更やモザイク機能もあります。 人の顔をぼやかす機能も用意されています。 編集後の動画は、URLをそのままにして公開し直すことも出来ますし、新しいURLとして公開することも出来ます。
YouTubeチャンネルは大きく分けて2つのチャンネル種別があります。 「Googleアカウントの名前を使ったYouTubeチャンネル」と「ブランドアカウントのYouTubeチャンネル」です。 どちらも同じYouTubeチャンネルではありますが、使い方にあわせてYouTubeチャンネルを使い分けましょう。 今回は企業などの組織でYouTubeチャンネルを管理する方法を解説します。 組織でYouTubeチャンネルを管理する方法 個人で単に視聴するだけなら、自分の名前で作ったGoogleアカウントでYouTubeにログインする際に作られる自分の名前のYouTubeチャンネルを利用しても特に問題はありません。 この場合、YouTubeチャンネルの名称はGoogleアカウントの名前となります。このYouTubeチャンネルは、「Googleアカウントの名前を使ったYouTubeチャンネル」なので「個人のYouTubeチャンネル」です。 しかし、企業や組織などでYouTubeチャンネルを作る場合は、個人名では無いYouTubeチャンネル名を利用します。 例えば山田太郎さんが、猫に関する動画を配信する場合で「山田とカワイイ猫」というYouTubeチャンネル名を付けたいとします。 普段使っているGoogleアカウントの名前を変えるわけには行かないので、Googleアカウントを新規作成する方法があります。 この場合は、Googleアカウントの名字部分は「山田」、名前部分を「とカワイイ猫」にする方法も技術的には可能です。 この方法では、そのGoogleアカウントでしかYouTubeチャンネルの管理ができません。 1人でYouTubeチャンネルを利用するならこれでも問題ありませんが、組織で利用する場合、様々な不都合が生じます。 個人のYouTubeチャンネルを複数人で管理する問題点 YouTubeチャンネルを管理できるのはそのGoogleアカウントにログインできる人に限られます。 1人で使うとか、担当者1人で管理するなら問題はありません。一般的に組織では、複数人で管理することが一般的です。 これを回避するため、Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを共有するという方法もあります。 GoogleはGoogleアカウントを1個人に提供しており、複数人で使い回すことは推奨されていません。実際に、そのような利用方法をした場合、セキュリティ上の問題が通知され、アカウントが停止され、利用出来なくなる可能性もあります。 うまく使えていたとしても、個人の設定ミスで、そのYouTubeチャンネルが利用出来なくなる可能性もあります。 これらの問題がすべて解決できるのがブランドアカウントです。 組織で使うYouTubeチャンネルはブランドアカウントで管理しよう GoogleはGoogleのサービスを企業で使うための仕組みを用意しています。 その中の1つがブランドアカウントです。例えばGoogleマップで自分のお店情報を発信したいときは、お店のブランドアカウントを作成してもらい、ここでお店の情報を発信してもらう事を推奨しています。 これと同じく、Google傘下のYouTubeもブランドアカウントが用意されています。 前述した「山田とカワイイ猫」チャンネルもブランドアカウントにその名前を付けるだけで、新しいYouTubeチャンネルを作成することができます。 例えば、磯野さんが会社の「海山商事」のチャンネルをつくって動画で会社のPRをしたくなった場合は、磯野さんが個人で持っているGoogleアカウントで「海山商事」のブランドアカウントを作り、そこでYouTubeチャンネルを作成します。 ブランドチャンネルは管理者等を複数人設定できます。 例えば、管理者を磯野さんと、会社の上司、コメントなどの管理をするのを穴子さんに設定するなどします。こうすれば、複数人でそのYouTubeチャンネルを自分のGoogleアカウントから管理できるようにすることで、組織でのYouTubeチャンネルの管理が簡単にできるようになります。 「山田とカワイイ猫」チャンネルの場合、1人で作っていたYouTubeチャンネルがすごく人気になった場合も、コメント管理を他の人に委託するような事もブランドアカウントのYouTubeチャンネルなら簡単に設定出来ます。
YouTubeでおもしろいと思ってチャンネル登録したが、その後、様々な理由で消えてしまうチャンネルは少なくありません。 そのようなチャンネルは自分の登録リストに残り続け 「このチャンネルは存在しません」 というような表示が出て管理が出来なくなってしまいます。 このような場合に、Subscription Managerが利用できます。 https://www.youtube.com/subscription_manager/ ここでは、登録チャンネルの管理を一括で行うことが出来るので、必要なくなったチャンネルの整理だけではなく、通知の管理にも役立ちます。 これで一覧に表示されなかった場合は別の方法で削除する必要があります。 その場合、 https://www.youtube.com/address_book を、開きます。 削除する対象を探すのが大変になりますが、こちらから削除できる可能性があります。 ただし、このアドレス帳は近いうち(2014年中?)に無くなります。
YouTubeが2018年1月に公開した新しい収益化の基準は、1000名以上のチャンネル登録者数、過去1年間の再生時間4000時間以上となっています。 これは新規の収益化申請に加えて、2018年2月20日現在の収益化していたYouTubeチャンネルにも適用されます。 気になるのはその後にこの基準を下回ってしまった場合です。 新収益化基準を下回ったらどうなるか YouTubeのヘルプにはこのように書かれています。 プログラムの条件を下回るとどうなりますか? チャンネルが以前に YouTube パートナー プログラムの新しい条件に達し、審査されて収益化が承認された場合、過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者数が 1,000 人という条件を下回ったとしても、それだけで収益化の資格を失うことはありません。しかし、6 か月以上チャンネルの活動がなく、アップロードやコミュニティへの投稿が行われていない場合、YouTube は独自の裁量により、新しい条件を下回ったチャンネルの収益化の資格を取り消す権利を有します。 YouTube パートナー プログラムのポリシーに違反した場合は、総再生時間やチャンネル登録者数に関係なく、チャンネルは収益化の資格を失います。 What happens if I drop below the program threshold? Channels that previously reached the new eligibility thresholds for the YouTube Partner Program and were reviewed and approved...

人気

最新