Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
YouTube | わかるナビ
iPhoneのSafariでyoutube.comを開こうと思って、youtube.comと入力したり、ブックマークから行こうと思っても。 という表示になって、「開く」を選ぶとYouTubeアプリが起動してしまう。「キャンセル」を選ぶと何も表示されない場合の対処方法です。 この表示になった場合は、一旦「キャンセル」します。 その後、またyoutube.comと入力すればYouTubeが開きます。 この操作方法は動画でも説明していますのでご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=ACWAvCO9Ixc https://www.youtube.com/watch?v=ACWAvCO9Ixc
YouTubeが有料サービスを検討しているという。 2014年11月現在、YouTubeにはいくつかの有料オプションがある。例えば、登録者数1000以上のチャンネルでは、有料オプションが提供でき、有料オプションを選んだユーザーに広告がなくなったり、特別な動画を見せたり出来るようなサービスだ。 これは、特定の動画投稿者が、そのファンに向けた物といった位置づけとなる。 YouTubeが検討としているというのは、これとは別のサービスとなるようで、YouTubeの動画視聴者向けのサービスとなる。 現在、YouTubeではほとんどの動画に広告がついているが、動画再生前に広告が表示されたり、動画の中に広告が挿入されたりする。一日に数本しか再生しない方にとってはあまり気にならないかもしれないが、何十本も視聴する方にとっては邪魔でしかな場合が多い。 このようなYouTubeのヘビーユーザーに向けて、料金を払えば広告表示が無くなるのが新しいサービスになるようだ。 ブラウザのプラグイン等で、広告を非表示にするものもあるが、中にはスパイウェアでしかないものもある。そのような危険なソフトを使うこと無く、一定の料金を支払ことで正規に広告をスキップできれば、ヘビーユーザーを中心にこのオプションを選ぶ方もいるだろう。 もちろん、一切料金を払いたくない方がほとんどだろう。そういった方には、広告を表示するようにすればいいわけで、YouTubeとしては収益を維持しながら、利用者の選択の幅を広げる各種オプションを提供できるようになる。 このようなユーザーに選択肢を提供することで、動画サービスのさらなる普及を狙っているようだ。
YouTubeはTwitterやFacebookのアカウントを接続することが出来ます。 接続した場合、各チャンネルのトップバナーの右下にTwitterやFacebookのアイコンが並び、直接そのアカウントに接続できるようになります。 設定次第ですが、YouTubeにアップロードしたら、その動画のURLをTwitterやFacebookへ通知することも可能です。 https://support.google.com/youtube/answer/3027950 設定方法の公式ヘルプはこちらにありますが、自分のチャンネルにログインしてチャンネルのトップに行きます。 わからない場合は、ログインした状態で、左上の「三」みたいなマークをクリックして「マイチャンネル」を選んでください。 おこで、トップのバナーにカーソルを合わせると、右上に鉛筆みたいなマークが現れるので、この鉛筆マークをクリックします。 バナーを設定していない場合は「チャンネルアートを追加」というメッセージが表示されているかと思います。 鉛筆マークをクリックすると、「リンクを編集」「チャンネルアートを編集」が表示されるので、「リンクを編集」を選びます。 ここで、カスタムリンクに自分のTwitterやFacebookのURLを入力します。 リンクタイトルは「Twitter」、URLは「http://twitter/○○○」のような感じで入力します。 入力が終われば、最後に右下の「完了」をクリックすると、自分のチャンネルのバナーにTwitterやFacebookのアイコンが表示され、各種通知が出来るようになります。 通知に関する細かな設定は、画面の右上の自分のアイコンをクリックして歯車マークの「YouTubeの設定」をクリックすると表示されるアカウント設定「接続済みアカウント」で設定することが出来ます。 https://www.youtube.com/account_sharing 直接のURLはこちらです。
そもそもiPhoneのSafariでyoutube.comが開かないという方はこちらをご覧ください。 iPhoneやiPadで使われているiOSのSafariではYouTubeの画面を表示することが出来ます。 しかし、App Storeで提供されているYouTube Appと同様の画面になってしまうことがあります。このYouTube Appの画面をモバイル版と言います。 一方で、パソコンで表示したときと同じ画面はデスクトップ版(PC版)と言います。 このデスクトップ版に変更する方法はiOSのバージョンなどによって変わります。 今回はiOS 9.3.2(2016年6月)版での解説となります。 この方法については動画でも解説していますので、こちらも参照してみてください。 https://www.youtube.com/watch?v=8kq6Mfb9FLo https://www.youtube.com/watch?v=8kq6Mfb9FLo 右側がモバイル版、左側がデスクトップ版です。 デスクトップ版からモバイル版に変更したい場合、画面一番下のフッターを表示します。 ここにMobile Version(モバイル版)という表示があるので、ここをタップします。 デスクトップ版からモバイル版に戻す場合、右上にある「・・・」を縦にした白い点をタップします。 デスクトップ(Desktop、PC版)をタップします。 ここで、YouTube Appを開くかどうか聞かれます。 開くを選ぶとYouTube Appが開きます。 開かないを選択するとまたデスクトップ版を選ぶ画面に戻ります。 こうなると、デスクトップ版にすることは出来ません。 こうなった場合はYouTube Appを削除するしかありません。 YouTube Appを削除するには、アイコンを長押しすると「×」マークが表示され、アイコンがぶるぶる震えるので一旦そこをタップして削除します。 この状態でまたデスクトップ版を選ぶ画面に戻り、デスクトップ版を開くを選ぶと、デスクトップ版に切り替わります。 YouTube Appはまたインストールしましょう。 Safari上では二度とモバイル版に切り替えない方がいいです。 モバイル版と同じ画面はYouTube Appで表示できますので。
YouTubeでは、一度アップロードした動画を再編集できる方法を用意しています。 大きく分けて、YouTube動画エディタと、動画加工ツールの2つがあります。 動画エディタは、すでにアップロードした動画やクリエイティブ・コモンズの動画を組み合わせて新しく動画を作る際に利用できます。 動画エディタのは「クリエイターツール」「作成」「動画エディタ」で行くことが出来ます。 URLはhttp://www.youtube.com/editorです。 一度、アップロードした動画を編集したい場合は、動画加工ツールを使うことになります。 動画加工ツールは、各動画の編集画面等から入ることが出来ます。 ここでは、簡単なカット編集等が出来ます。 さらに色の変更やぶれた動画を安定させるスタビライズ機能。 色の変更やモザイク機能もあります。 人の顔をぼやかす機能も用意されています。 編集後の動画は、URLをそのままにして公開し直すことも出来ますし、新しいURLとして公開することも出来ます。

人気

最新