Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
YouTube | わかるナビ
YouTubeが2014年に60fpsに対応しました。 60fpsとは、テレビ放送なんかで採用されているフレームレートです。フレームレートとは、動画は沢山の静止画を連続して表示することで動いているように見せていますが、1秒間に何フレームの静止画を使っているかを表す言葉です。 つまり、30fpsは30フレーム・パー・セコンドで1秒間に30枚の静止画を使っていることになります。 この数字は多ければ多いほど動画がスムーズに再生可能で、60fpsは人間の目でわかる上限に近い数値となっています。 この60fpsにYouTubeが対応しました。 これによって、すでに4Kには対応していますが、フレームレートでもテレビに負けないものとなりました。 この60fpsのビデオはそれに対応するカメラで撮影する必要があります。 一般的なビデオカメラはやデジタルカメラの一部は60fpsに対応していますが、スマートフォンでも対応が始まっています。 2014年に対応されたスマートフォンの代表がiPhone 6シリーズでしょう。 iPhone 6では、60fpsに対応し、設定画面から60fpsの動画撮影をオンにしておくと、60fpsの動画となります。 この設定をして、撮影時に60fpsと表示されていることを確認してください。 この60fpsでの撮影した映像は、パソコンで再生することも可能ですし、YouTubeにアップロードする事も出来ます。 注意しなければならないのは、2014年10月現在iPhoneから直接60fpsの動画をYouTubeへアップロードできるのは特定のアプリのみという点です。 2014年10月現在、YouTube Appのみがこれに対応しています。 その他の手段でもアップロード出来ますが、60fpsの動画をアップロードしても30fpsになってしまいますのでご注意ください。 https://www.youtube.com/watch?v=aPcEg301MUs
YouTubeには再生履歴を表示する機能があります。 https://www.youtube.com/feed/history 上のURLから再生履歴が表示されますが、再生履歴の一時停止と、一括削除しかメニュー上には表示されていません。 2014年夏頃までは再生履歴を個別に削除する機能がありましたが、現在は無いようにも見えます。 しかし、個別に再生履歴を削除する方法はまだ存在しています。 各動画にマウスカーソルを持って行くと、右側に「・・・」が縦に並んだメニューが表示されます。 ここをクリックすると、「再生履歴から削除」が表示され、これをクリックすると再生履歴から個別に削除できます。 YouTubeの機能はたびたび変わるので、従来と機能が変わったら今までと同じ事が他の方法で出来ないか、いろいろとチェックしてみてください。
YouTubeでは動画投稿者が動画内で利用できる音楽を提供しています。 この音楽の中には、Maroon 5、Ed Sheeran、Nicki Minaj、Taylor Swiftといった有名ミュージシャンの最新のヒット曲も含まれます。ただし、この手の有名ミュージシャンが提供している曲は、各著作者であるミュージシャン側が広告を掲載することで、YouTubeに動画を投稿する一般のユーザーが動画内で音楽を利用できるようにしているものです。 これによって、自分の楽曲に有名楽曲を掲載しても削除されるようなことはなくなります。 もちろん、動画を自分で収益化して利益を出そうとしている場合は、この手の楽曲は利用できません。 このミュージシャンが広告を表示することなく、動画投稿者が自由に広告を設定して収益化も問題ない楽曲も用意されています。 https://www.youtube.com/audiolibrary/music このオーディオライブラリーには3つのカテゴリで音楽が掲載されています。 日本語版と英語版の表示を確認すると下の図のようになります。 無料の音楽 (Free music) 広告をサポートする音楽 (Ad-supported music) 効果音 (Sound effects) この「無料の音楽」は、動画投稿者が自由に利用可能な音楽で、広告を設定して収益化(マネタイゼーション)も可能な曲です。ただしクレジット表記が必要な場合もあります。 一方で、「広告をサポートする音楽」は、主に有名ミュージシャンの有名楽曲で、音楽の著者者が広告を掲載するが、YouTubeの動画に音楽を掲載してもいい曲になります。 収益化をする場合は「無料の音楽」、収益化をしなくてもいいが有名楽曲を使いたい場合は「広告をサポートする音楽」から音楽を選びましょう。 一方で、意味がよくわからない表現をしている部分もあります。 各動画の設定画面に音声の設定項目があります。 ここでは曲について次のように表示されています。 日本語「広告なしで収益受け取りの対象」 英語「Ad-free and eligible for monetization」 これはミュージックライブラリの、「無料の音楽 (Free music)」を別の表現で記載した物です。 つまり、自由に収益化も出来る曲がここに並んでいます。 「広告なしで収益受け取りの対象」は動画投稿者が自由に収益化出来る曲という事です。
YouTubeでは、一度アップロードした動画を再編集できる方法を用意しています。 大きく分けて、YouTube動画エディタと、動画加工ツールの2つがあります。 動画エディタは、すでにアップロードした動画やクリエイティブ・コモンズの動画を組み合わせて新しく動画を作る際に利用できます。 動画エディタのは「クリエイターツール」「作成」「動画エディタ」で行くことが出来ます。 URLはhttp://www.youtube.com/editorです。 一度、アップロードした動画を編集したい場合は、動画加工ツールを使うことになります。 動画加工ツールは、各動画の編集画面等から入ることが出来ます。 ここでは、簡単なカット編集等が出来ます。 さらに色の変更やぶれた動画を安定させるスタビライズ機能。 色の変更やモザイク機能もあります。 人の顔をぼやかす機能も用意されています。 編集後の動画は、URLをそのままにして公開し直すことも出来ますし、新しいURLとして公開することも出来ます。
YouTubeのアカウントにログインした状態で、視聴したり検索すると、その履歴が記録されます。 この履歴を元に本人が好きそうな動画をおすすめしてくるので、利用方法によっては便利に使えます。 この視聴履歴、検索履歴は本人にしか公開されません。 しかし、人に知られたくない視聴履歴、検索履歴がある場合は削除したいときもあるでしょう。 削除するには、各履歴の右横のメニューから削除出来ます。 検索履歴を削除する場合 https://www.youtube.com/feed/history/search_history から履歴一覧を表示し、右の「・・・」を縦にしたメニューから削除します。 視聴履歴を削除する場合 https://www.youtube.com/feed/history から視聴履歴を表示し、右の×マークから該当動画を削除します。

人気

最新