Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
Twitterの使い方 | わかるナビ
Twitterを利用している方の中には RT が含まれている発言をしている方がいます。 このRTとはReTweetの略で、他人の発言であることを表しています。 たとえば、 RT @wakarunavi 新着記事: ネットでの文章の書き方 - 全角と半角に注意する https://wakarunavi.com/2009/... と発言すると、Twitterのわかるナビアカウントのこの発言をReTweetしていることになります。 ここで注意したいのは、RTするときはその発言内容と、発言者のアカウントを @をつけて記入することです。これを入れておかないと、誰の発言をRTしているのかわからなくなります。 もちろん、スペースは半角スペースを使います。 このRTをすることでいくつかの利点があります。 一つは、普通に@をつけて返信してもどの発言に返信しているのかわかりやすい。 おもしろい発言などを他の人に広められる。 それぞれがRTしまくることで、ユーザーの交流が広まる など 最近のTwitter関連ソフトではRT機能が組み込まれている物がほとんどになりましたが、実際のところ2009年10月の時点ではRT機能はTwitterの公式機能ではありません。 ユーザーが使い始めて広まった機能ですが、2009年中か2010年にはこの機能が公式機能として組み込まれようとしています。 こんな機能拡張されているのもTwitterのおもしろいところですね。 2010年1月追記: 2009年に英語版では公式機能になりましたが、日本語版でも公式機能になりました。
Twitter(ツイッター)を使用し、様々なユーザーのつぶやきを読んでいると、ある特定のつぶやきに対して反応したくなるときがあります。 質問への回答であったり、ちょっとしたつぶやきへの感想であったり、様々な物がありますが、単につぶやいただけではそれがどれの返答なのかわかりません。 それをわかりやすくするのが、@の後にユーザー名を付けてつぶやくことです。 例えば、わかるナビのTwitterアカウントはwakarunaviなので、 @wakarunavi この記事は○○がわかりにくかったです とかやることで、そのユーザーへの返答になります。 相手が自分をフォローしていないと自分のタイムラインには表示されませんが、 自分のアカウントにある @自分のアカウントをクリックすれば、自分への返答が表示されます。 http://twitter.com/#replies がそのリンクです。 注意したいのはTwitterはあくまでもつぶやきであり、質問しても回答されない、逆に大量に@付きの返信があるというようなこともあり得ます。 どちらも、単につぶやきであり、全て読もうとはせず気軽に楽しむのが重要です。
Twitterでつぶやいていると、特定のテーマについて何かつぶやきたくなることがあるでしょう。 例えば、選挙のこと、今やっているゲームや、見ているテレビ番組のことなど、同じテーマについて多くの人がつぶやくことがあります。そんな時便利なのがハッシュタグです。 何らかの単語で検索するのも便利ですが、制限された文字数でつぶやくだけなので、それだけを読んでも何のテーマについてつぶやいているかは本人以外にはわかりません。 そこに短いハッシュタグを加えるだけで、○○についてと書く必要なく、他人にも簡単にその話題だと言うことがわかります。 最近有名になった物だと、イランの選挙(2009年6月)のことで #iranelection というハッシュタグを使っています。 イランの選挙について書くとき #iranelection を加えてつぶやくことで、イランの選挙のことをつぶやいていることになります。さらに、このハッシュタグを検索すれば、その関連のつぶやきが一覧できます。 これにより、Follow(フォロー)していない人のつぶやきでも、イランの選挙についての人々のつぶやきが簡単に参照できるようになります。 Twitterのタイムラインにこのハッシュタグが含まれていればそれがリンクになっているので、それをクリックすればいいですし、検索しても表示されます。 http://twitter.com/#search?q=%23iranelection これ以外に最近話題になっているハッシュタグはTwitterの画面の右側のTrending Topics(流行のトピック)に表示されます。 この話題のハッシュタグなど、ほとんどが英語による物ですが、日本語でやりとりされている物だと例えば、ドラゴンクエスト9の話題用に #DQ9 というのがあります。 ここでは、ゲームの進行度合いを書いたり、本当につぶやいているだけの物が多いですが、このタイムラインを追っているとまるで友達とゲームをやっているような感覚となります。 また、質問が出ることがあるので、これに答えるというようなことも出来ます。 注意点としてはハッシュタグをつける場合、#DQ9というようなタグの前後に半角スペースを入れなければならないと言うことです。 また#の後は半角英数字しか認識されませんので日本語のハッシュタグを作ることは基本的に出来ませんが、2009年10月頃から日本語のハッシュタグも使われ始めました。 裏技的に #映画_ というように、日本語のタグの後ろに半角のアンダーバーを入れる手法です。 2009年11月現在、正式に対応したわけではありませんし、一部でしか使われていませんが、この使い方は日本人にとって便利なので広まる可能性があります。 注:2010年2月現在、この方法ではハッシュタグとして認識されていません。 2011年7月から日本語ハッシュタグに対応しました。 ハッシュタグの最大の問題が、どのハッシュタグをつけたらいいかわからない、今どのハッシュタグが熱いのかという点ですが、これは自分で調べるしかありません。 勝手にハッシュタグをつけることは可能ですが、多くの方に使われているハッシュタグを使わなければその効果はほとんどありません。 そのハッシュタグを調べるためには、それに特化したサイトなどを使う方法があります。 http://hashtags.org/ これは英語のサイトですが、日本語のハッシュタグに関するサイトは http://hashtagsjp.appspot.com/ があります。 他にはTwitter内の検索を使い、それっぽい単語で調べ、それにハッシュタグが付いていないかで調べるという方法もあります。 このようなハッシュタグなどの機能は非常に便利なので、積極的に活用しTwitterを楽しんでください。 まとめ Twitterで特定のテーマについてつぶやくときは、ハッシュタグを活用しましょう。 ハッシュタグは #の後に半角英数字で書くのが基本。前後の半角スペースも忘れずに Twitter
Twitterのタイムラインなどをみていると、 #FF @username1 @username2 というようなTweetを時々見かけます。 これは「Follow Friday」を略した物で、自分がお勧めするユーザーを金曜日に紹介するというような物です。 この#FFでは、おすすめユーザー名を列挙する、1人など少ないユーザーをなぜおすすめなのかも含めてTweetするという2つのパターンがあります。 日本ではあまり使われていませんが、英語圏などではよく使われているハッシュタグなので、面白そうなユーザーを捜す際には便利に使えるでしょう。
Twitterの日本語投稿を見ると、「○○なう」という物をよく見かけます。 例えば、地名やお店の名称の後になうで 渋谷なう、マックなう、山手線なう また、何らかの単語の後になうで ランチなう、起きたなう、映画なう など、「なう」という2文字のひらがなを使い、ユーザーがTwitterでメッセージ投稿しています。 この「なう」は英語のnowから来たもので、日本語では「何々をしています」というような意味になります。 「渋谷なう」なら、「今、渋谷」というような意味です。「起きたなう」なら「今起きました」というような意味になります。 英語で「今、何かをやっています」という表現で「now」を使いますが、このnowをひらがなの「なう」として使ったことがおもしろく、そこから広がったのではないかと思われます。 実際に、英語圏の投稿を見ても、日本語のような特殊な使用方法ではなく、nowは普通の文中に登場しています。この「なう」は日本語圏で普及した特殊な表現であると言えます。 当然、この「なう」を使うかどうかは個人の自由ですが、この表現をしていないからTwitterに慣れていないと思われるわけではありません。嫌悪感を抱いている方もいるようですし、使わなければいけないというわけではありません。 独特のネット文化の一つで、今しか流行らないネットスラングのジャーゴンなのかもしれませんが、楽しみながらこのようなサービスを活用するのが一番なのではないでしょうか。

人気

最新