Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
Twitterの使い方 | わかるナビ
Twitterの使い方 RTで発言を広めるにあるように、TwitterにはRTという機能があります。 2010年1月には日本語版でも公式版になり、日本でも多くの方がこの機能を使うようになりました。 今までは何人にRT(ReTweet)されているのかなどわかりませんでしたが、この公式機能なら、だれがRTしたのか、元の発言者のアイコンが表示され、何人したのかなどがわかるようになりました。 また、TwitterのWeb上にもRetweetというリンクがあり、これをクリックすることで、自分がフォローしているユーザーがRTしたもの、自分がした物、自分の発言がRTされた物などを一覧表示できるようになります。 このRT機能は便利で、Web上でお気に入りの発言があったら、その右下にあるRetweetをクリックし、確認用のYesをクリックするだけで、RTが出来るようになります。 しかし、便利になったのはいいのですが、そのRTにコメントを残すことが出来なくなりました。 もちろん、この公式機能を使わなくても今までのように手動でRTすることは出来ますが、公式のRT機能とは挙動が変わってしまいます。 そこで提唱されているのが、RTではなくてQTです。 このQTはTwitterのコメント付き RT は QT と呼ぼう。で提唱された物で、Quote Tweetの略だそうです。 Quoteは引用という意味ですので、引用してコメントするRetweetにはRTではなくQTを使おうという物です。 今のところ、日本語圏でしか使われていないようですが、引用してコメントしたいユーザーは多いので、公式版に取り入れられる可能性があります。 まとめ 自分のフォロワーに公式版のRT機能で興味深い発言を広げよう。 発言に引用してコメントをつけたい場合はQTとして(今のところ)手動でRetweetしてみよう。
Twitterを利用している方の中には RT が含まれている発言をしている方がいます。 このRTとはReTweetの略で、他人の発言であることを表しています。 たとえば、 RT @wakarunavi 新着記事: ネットでの文章の書き方 - 全角と半角に注意する https://wakarunavi.com/2009/... と発言すると、Twitterのわかるナビアカウントのこの発言をReTweetしていることになります。 ここで注意したいのは、RTするときはその発言内容と、発言者のアカウントを @をつけて記入することです。これを入れておかないと、誰の発言をRTしているのかわからなくなります。 もちろん、スペースは半角スペースを使います。 このRTをすることでいくつかの利点があります。 一つは、普通に@をつけて返信してもどの発言に返信しているのかわかりやすい。 おもしろい発言などを他の人に広められる。 それぞれがRTしまくることで、ユーザーの交流が広まる など 最近のTwitter関連ソフトではRT機能が組み込まれている物がほとんどになりましたが、実際のところ2009年10月の時点ではRT機能はTwitterの公式機能ではありません。 ユーザーが使い始めて広まった機能ですが、2009年中か2010年にはこの機能が公式機能として組み込まれようとしています。 こんな機能拡張されているのもTwitterのおもしろいところですね。 2010年1月追記: 2009年に英語版では公式機能になりましたが、日本語版でも公式機能になりました。
Twitterが正式に日本語ハッシュタグに対応しました。 #日本語ハッシュタグ Twitterブログ 対応した物のいくつかの決まり事があるので、ここでその決まり事をまとめてみましょう。 英語は単語ごとにスペースなどで空白をつけますが、日本語の場合空白はありません。 しかし、ハッシュタグを使う際には空白を加える必要があります。 今日はいい天気#天気 とすると #天気 がハッシュタグとして認識されません。 今日はいい天気 #天気 のように空白を開ける必要があります。 空白(スペース)には全角と半角、#(シャープではなく日本語では井げた、ハッシュ、パウンド)も全角と半角がありますが、Twitterはどちらも同じと認識し正しくハッシュタグが使用できます。 例えば 今日はいい天気 #天気 今日はいい天気 #天気 は同じと認識されます。(前者が半角で、後者が全角) また、句読点や長音も区切りと認識しますので、 今日の #野球、はいい試合だった。 は#野球というハッシュタグとして認識しますが、 今日の #サッカー、はいい試合だった。 は #サッカ というハッシュタグとして認識されます。 また、 #ピアノ♪ のような音符などの記号も認識しません。携帯電話などの絵文字も同様です。
Twitterは2018年2月22日、複数のアカウントから同じ内容を投稿する行為を禁止することを発表した。 Botなどによる複数の投稿を禁止する物で、投稿だけでなくRTや、Likeについても複数のアカウントでの設定を禁止にする。 ユーザーによる投稿だけでなく、Twitterのクライアントでも同様で2018年3月23日までにこの新しい基準へ対応する必要がある。 これは世論誘導するような行為を禁止する物で、選挙などにTwitterが悪用されることを防ぐ狙いがある。 近年、組織的にTwitterなどのSNSを使い、大量の投稿をすることで、世間に間違った印象を与える問題が発生しており、今回は同じ投稿を複数のアカウントにまたがってする事を明確に禁止する。 このような行為はシステム的に行われており、文言をある程度変えれば今後も複数のアカウントで同様の投稿は可能だが、SNSが悪用されることを防ぐ第一段階となりそうだ。 なお、自然災害などの緊急の場合に複数のアカウントへ同じ投稿をすることは禁止されない。 https://twitter.com/TwitterAPI/status/966367370708176897 Automation and the use of multiple accounts
この設定画面は、画面左上のアイコンをクリックすることで表示される YouTubeの設定から行けます。 具体的なURLは https://www.youtube.com/account_sharing です。 このURLにTwitterへの連携画面が表示され、すでに連携している場合、どの項目を連携させるかの設定画面となっています。 2015年夏現在、YouTube上で以下のアップデートがあった場合、Twitterへ自動的に通知するように設定出来ます。 動画のアップロード 公開再生リストへの動画の追加 動画を高く評価するか再生リストを保存

人気

最新