Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
Google | わかるナビ
Googleアカウントは2段認証の設定が出来ます。 この機能を使うとパスワードに加えて、携帯電話などを追加キーにする機能で、セキュリティが大幅に強化されます。 問題は、この機能を使うことでセキュリティが強化されすぎ、携帯電話を無くしたり、契約を代えて番号等が変わる、外国に行った際に二度と認証が出来なくなるという点です。 このため、いくつかのバックアップ手段も用意されています。 その1つがバックアップコードです。 このバックアップコードはパソコン上ではWebブラウザからダウンロード出来ます。 ダウンロードした物は各Webブラウザのダウンロード先に保存されます。 スマートフォンの場合は、AndroidとiOS(iPhone)で挙動が異なります。 Androidの場合は、パソコンと同じくWebブラウザのダウンロード先に保存されます。 iOS(iPhone)の場合はダウンロードという概念がないので、Webブラウザの別のタグにバックアップコードの関連情報だけが表示されます。 このため、iOSではダウンロードは出来ません。 バックアップコードは単なる数字なので、紙にメモする、iPhone等のメモアプリに記録するのもいいでしょう。
Googleアカウント(Gmailアドレス含む)の2段認証設定での電話を使った認証では、電話での音声か、キャリアメールが利用出来ました。 2016年5月19日くらいからキャリアメールの設定が出来なくなっているようです。 従来の設定はそのまま使えるようですが、新しく設定する場合には他の国と同様に電話番号かSMSでの設定となるようです。
アメリカで2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けのカンファレンスGoogle I/O 2016で、Android Wear 2.0が発表されました。 Android Wear 2.0は現在開発中で、数ヶ月後、秋頃にはリリースされると言うことです。 Twitterではユーザーからの質問にこのように答えています。 https://twitter.com/AndroidWear We're previewing #AndroidWear 2.0 at I/O and will be finalizing the features and working with app developers in the coming months. 実際にそれぞれのAndroid Wearデバイスが何時対応するかは、各デバイスによっても変わると思いますが、2016年末から2017年くらいには対応するのではないでしょうか。 どこまで対応するのかはデバイスメーカーによって状況は変わると思われます。
Googleアカウントのログイン時に、正しいGoogleアカウント、パスワードなどを入力しても「本人確認ができませんでした」となる場合があります。 これは、入力したパスワードなどは正しいが、そのGoogleアカウントの通常のログインとは違うとGoogleのリスク分析システムが判断した場合に出るメッセージです。 つまり、いつもログインしている場所やデバイスが大きく異なるような場合に表示されます。 例えば、普段は自宅で使用していたが、夏や冬に実家に帰って、実家のパソコンからログインしようとした場合。 普段は東京の会社でログインしているが、出張した地方の支店でログインした場合。 といった普段と違うログインをGoogleが怪しいと判断していると言うことです。 こうなった場合、スマートフォン等にGoogleアカウントを登録していると、そのスマートフォンで追加認証することでログインできる場合もあります。 スマートフォンを持っていない場合、登録した電話番号、復旧用のメールアドレスがその場で使えない場合はGoogleアカウントにログインできなくなる場合があります。 このため、Googleアカウントにどこからでもアクセするためには、Googleに登録している情報を最新の物に更新した上で、Googleアカウントを登録したスマートフォンが必要となります。 https://www.youtube.com/watch?v=2bMAh6cWp_I https://www.youtube.com/watch?v=2bMAh6cWp_I この件は動画でも説明しています。
企業などの組織でスマートフォンを設定する場合、ユーザーに設定を全て任せてしまう場合、システム管理者が一台ずつ手作業で設定する、設定を代行する業者にやってもらうなどの方法があります。 ユーザーに設定を任せてしまう場合、企業内の設定をユーザーが全て出来るわけでは無く、結局システム管理者の手助けが必要になります。 システム管理者が全て出来るだけ余裕がない場合、業者に任せる事になりますが、その予算がない場合、外部に任せられない環境もあると思います。 自動で初期設定が出来るゼロタッチ登録 GoogleがAndroid向けに用意しているゼロタッチ登録は、事前に設定するだけでスマートフォンを一切触ることなく企業独自のAndroid設定が完了するシステムです。 対応のスマートフォンを購入し、割り当てなどの設定をすると、そのスマートフォン起動時に管理アプリ等が強制的に設定され、組織内での設定が完了します。 必要な事は対応のAndroidスマートフォンの購入と、事前の割り当てなどの設定のみです。 日本ではソフトバンクが準備中で、対応機種も多くはありませんが、対応機器が自由に選べるようになると組織でのAndroid端末の管理が劇的に楽になります。 Zero-touch enrollment for IT admins ゼロタッチ登録

人気

最新