Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
Google | わかるナビ
Gmailではメールの検索が出来ます。 メールの内容からだけではなく、日付での検索も出来ます。 古いメールを一括で処理したい場合「older_than」という演算子が便利です。 10週間以上前のメールを一括処理したい場合 older_than:10d 半年以上前のメールを一括処理したい場合 older_than:6m 2年以上前のメールを一括処理したい場合 older_than:2y の用にして検索します。 ここで分かるように日、月、年はd、m、yを使って表記します。 未読メールを消すだけなら「is:unread」の演算値を追加して older_than:4y is:unread のように検索して、一括して既読にしてしまうのがいいでしょう。 さらにインボックスからアーカイブに移すには「in:inbox」の演算子を利用して older_than:4y in:inbox 一括してアーカイブに入れてしまうのが便利です。
Googleが企業や学校向けに提供しているG Suite(旧Google Apps)は、無料で提供しているGoogleアカウントとは管理方法などが異なります。 Gmail.comのメールアドレスなど、無料で提供しているGoogleアカウントではGoogleアシスタントをそのまま使えますが、G Suiteでは設定しないと使えません。 Googleアシスタントとは そもそもGoogleアシスタントをご存じでしょうか。 Google検索の音声検索とは異なり、個人向けに情報を提供するのがGoogleアシスタントです。 Googleアカウントの情報に合わせて個人ごとの検索結果などを表示したり、文字通りアシスタント的な動作をします。 利用するには、Androidの場合はホームボタンを長押し、iPhoneの場合はGoogleアシスタントアプリを使って利用します。 Androidで「OK Google」から呼び出す場合、どちらが呼び出されるかは設定によりますが、設定が適切ならGoogleアシスタントになります。 G SuiteでGoogleアシスタントを使う方法 G Suiteのドメイン管理からアプリを選びます。 G Suiteの管理者以外はこの操作はできません。利用したい場合は管理者にご相談ください。 アプリからその他のGoogleサービスを選びます。 ウェブとアプリのアクティビティを右側にある「・・・」を横にしたメニューからオンにします。 この状態で、GoogleアシスタントをG Suiteのアカウントに設定します。 ここまで設定すればGoogle HomeをG Suiteのアカウントで利用可能です。
Googleはユーザーが自由に設定出来るショートURLサービスを提供しています。 goo.gl にアクセスすると誰でもショートURLを作成できます。 ここで作成したURLは長いURLを短くするだけでなく、クリックの詳細分析も無料で可能です。 詳細はURLの後に.infoを付けたり、+を付けると誰でも表示可能です。 この記事自体のURLは https://wakarunavi.com/2018/03/1919/ ですが、goo.glでショートURLを作ると https://goo.gl/EWZbZR になります。これに「.info」を付けるとオリジナルURLやクリックの分析ができます。 https://goo.gl/EWZbZR.info 「.info」以外には「+」をつけても同じ動作になります。 ここでの注意は、クリックの分析はすべて公開されているということです。 クリックの分析が困る場合はgoo.glのショートURLを使わないようにしましょう。
Googleではログインして利用しているユーザーの全ての検索履歴をGoogleのサーバー上に保管しています。 ここで言う検索履歴とはWeb検索の履歴です。 保存しているのは「何時何分に」何の「検索ワード」をしたのか。 検索した場所情報があれば、「どこで」検索したのか。 検索した結果「どのサイトをクリック」して表示したのか。 が保存されています。 https://history.google.com/history/ 2016年5月現在検索履歴が表示できるサイト。 これが保存されるには、 Googleアカウントにログインしている状態である事。 検索履歴を残す設定にしている事。 という条件が必要です。 どちらかが欠けていた場合は、特定個人のデータとしては保存されませんが、1ユーザーのデータとして残り、Googleが内部で利用する事と思われます。 パソコンやスマートフォンで利用する場合は、2016年5月現在、右上にログイン済みのアイコンが表示されていればログインしたことになります。 Androidの場合はGoogleアカウントにログインしている状態が標準状態となります。
Googleアカウントのログイン時に、正しいGoogleアカウント、パスワードなどを入力しても「本人確認ができませんでした」となる場合があります。 これは、入力したパスワードなどは正しいが、そのGoogleアカウントの通常のログインとは違うとGoogleのリスク分析システムが判断した場合に出るメッセージです。 つまり、いつもログインしている場所やデバイスが大きく異なるような場合に表示されます。 例えば、普段は自宅で使用していたが、夏や冬に実家に帰って、実家のパソコンからログインしようとした場合。 普段は東京の会社でログインしているが、出張した地方の支店でログインした場合。 といった普段と違うログインをGoogleが怪しいと判断していると言うことです。 こうなった場合、スマートフォン等にGoogleアカウントを登録していると、そのスマートフォンで追加認証することでログインできる場合もあります。 スマートフォンを持っていない場合、登録した電話番号、復旧用のメールアドレスがその場で使えない場合はGoogleアカウントにログインできなくなる場合があります。 このため、Googleアカウントにどこからでもアクセするためには、Googleに登録している情報を最新の物に更新した上で、Googleアカウントを登録したスマートフォンが必要となります。 https://www.youtube.com/watch?v=2bMAh6cWp_I https://www.youtube.com/watch?v=2bMAh6cWp_I この件は動画でも説明しています。

人気

最新