日曜日, 12月 5, 2021
ホーム デジタル商品の選び方 デジタル商品の基礎知識

デジタル商品の基礎知識

シャープは2011年4月21日に酸化物半導体を採用した液晶パネルの実用化を発表した。 この酸化物半導体(通称IGZO)は従来のアモルファスシリコンを使用した液晶に比べ、明るく、消費電力が低くなり、さらなる高精細化(高解像度化)も出来るようになる。 このIGZO液晶を採用した製品は、2012年にシャープなどから登場するようで、2012年3月に発表されると言われている、AppleのiPad 3(通称)にも使われるのではないかと予想されている。 IGZOとはインジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)から構成される酸化物(O)のI,G,Z,Oからとられた名称だ。 液晶上には薄膜トランジスタが形成されるが、アモルファスシリコンと比べIGZOを使用した場合、サイズを小さくすることが出来、開口率が増えるので液晶が明るくなる。 また、これによって、低消費電力化や高精細化も可能になる。 これは従来のラインを改良するだけで実現できるので、工場の初期コストの削減も可能となり、高性能品でもコストを抑えられる。 シャープは2006年に稼働した亀山第2工場で、第8世代マザーガラス(2.16m×2.46m)を採用しこのIGZO液晶パネルを製造する。 シャープはアメリカ市場などで過当競争の激しい60型以下の製品では無く、それ以上の大型液晶など、シャープの技術力を生かせる製品に特化し始めている。 第8世代マザーガラスは40型で8面とれるが、40型のパネルを4万円で販売したとして、32万円。 10型程度だと100枚以上生産可能で、1枚5,000円で100枚販売した場合でも50万円になる。 つまり、価格競争の激しい一般家庭用のテレビサイズの液晶よりも、付加価値の高い高性能品を多数販売し、売り上げ、利益共に他社と差別化しようという戦略と予想できる。 酸化物半導体を採用した中小型液晶パネルを世界で初めて実用化
カメラの画質を決める2大要素はセンサーサイズとレンズです。 一般的なカメラのセンサーサイズ一覧です。 センサーサイズが大きいほど、1つの画素がとらえる光の量が大きくなるので、画質が良くなります。しかし、センサーサイズが大きくなると、レンズも大きくなるのでカメラも大きくなります。 フルサイズ(35mm) 36 × 24mm 3:2 (フルサイズセンサーの一眼レフ) APS-C(キヤノン以外) 23.5 x 15.6mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス) APS-C(キヤノン) 22.5 × 15.0mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス) 1.5型 18.7 × 14mm 4:3 (ハイエンドコンパクト) フォーサーズ(4/3) 17.3 × 13mm 4:3 (低価格な一眼レフやミラーレス) 1型 13.2 × 8.8mm 3:2 (ハイエンドコンパクト) 1/1.8 7.2 × 5.3mm 4:3 (少し高いコンパクト) 1/2.3 5.9 × 4.4mm...
デジタルカメラを使う利点の一つに、コンピュータを使った撮影後の加工があります。 ネガで撮影しても、現像するときに、やり方一つでプリント結果が変わってきますし、RAWで撮影して、自分好みに現像して楽しんでいる方も多いようです。 しかし、デジタルで撮影するなら、その利点をさらに突き進めましょう。 その一つが、今回紹介するHDR(High Dynamic Range:ハイ・ダイナミック・レンジ)もその一つです。 デジタルカメラなど、映像を撮影する機材はその性能上いくつかの限界があります。 ダイナミックレンジもその一つで、カメラで明るいところを撮影すると、明るいところばかりが撮影され、暗いところが暗くなりすぎ、暗いところを撮影すると、明るいところが飛んでしまうということがよくあります。 これは、カメラのダイナミックレンジが人間の目よりも狭いことから来る仕方のない仕様です。 このためには、逆行を避けたり、明るいところでも、暗いところが写るようにわざとストロボをたいたり、レフ板を使用したりしますが、露出設定を変えるだけでもある程度見栄えのする写真になります。 今まで、カメラ撮影の際に露出を変えたことがなかった方は、同じ被写体で、いくつか露出を変えて撮影してみてください。今までとは違った感じになっているはずです。 例えば、次のようになります。 これでも、それなりに撮影できていますが、露出を前後に振った場合は次のようになります。 こうしてみると、露出を-1.7にした場合は、空は写っているが影の部分が暗く。0.3EVのものは影の部分は良く写っているが、空が明るすぎという状態です。 この中間が、普通に撮影した場合(-0.7EVだけど)ですが、この露出を変えた物を合成したらどうなるのでしょうか? それがHDRによる画像の統合です。 それぞれの良いところ取りをして、今回の例では、空はより空っぽく、影の部分もきっちりと見えるようにするというのがHDRで加工する利点となります。 PhotoShopで先に紹介した3つの画像を自動的に統合した結果がこれになります。 よく見ないとわからないかもしれませんが、1枚目の画像に比べて、空の部分と影の部分が変わっていることがわかります。 今回はほぼ自動的に統合しましたが、統合方法にもテクニックがあり、もっと美しく加工できる方もいます。 また、HDRで加工するには、普通に撮影するよりも、被写体選び、 露出設定などが重用になりますし、HDR加工テクニックなどそれぞれに一工夫が必要となります。 それらのテクニックを磨く前に必要なのは、カメラ自体の機能です。 ここで重用になるのが、オートブラケット機能です。メーカーによって多少名称の違いはありますが、デジタル一眼レフにはほとんどの機種に付いていますが、コンパクトデジカメは付いていない事が多いです。 このオートブラケット機能は露出設定の延長的な機能で、一般的に、撮影時に露出を自動設定する機能のことを言います。 この機能を使えば、設定した幅の露出をシャッターを押すだけで撮影できます。 通常、普通に撮影した場合、暗くした場合、明るくした場合の3回撮影します。3回撮影するので、連写速度が速いと、三脚が無くても、被写体がある程度動く物でも対応できるので便利です。 キヤノンの場合はAEB、ニコンはAEブラケティングという名称になっています。 これらの機能を使って撮影した画像を、PhotoShopやPhotomatixなどのソフトを使って加工することになります。 それなりに技があるようですが、FlickrなどでHDRをキーワードに検索するとものすごい画像が見つかります。 うまく撮影し、加工できれば、あなたも普通の撮影では出来ない画像を得られるようになります。 注意 ブラケット機能は露出以外にも各種設定を変更できる機能を持つカメラがあります。 まとめ オートブラケット機能のあるカメラで、露出を変えて撮影する 撮影したデータを統合してダイナミックレンジの広い画像に加工する
最近の電子機器に付属のACアダプタは、日本以外でも使える事がほとんどです。 ACアダプタの中身は、交流からその機器が利用する直流にするAC-DC変換器で、これ自体が変圧器になっています。ここにはAC-DCコンバータが使われています。 AC-DCコンバータはRSコンポーネンツなどで市販されています。 各ACアダプターには「入力」や「INPUT」という文字で100V、もしくは100V~240Vなどと書かれています。この100Vというのは日本などの100ボルトに対応という意味で、100V~240Vというのは100ボルトから240ボルトに対応しているという意味です。 後者の100V~240Vと書かれているACアダプターなら、海外でそのまま使用することが可能です。 ちなみに、海外で最も電圧が高い国でも240Vで、最も低いのが日本の100Vなので、100V~240V対応で使えない国や地域はありません。 様々なACアダプターで、その表示を確認してみましょう。 以下の画像の中にある赤い丸は、わかりやすくするために表示しているので、実際の商品にはありません。 上の画像は2000年前後に提供されていた携帯電話用のACアダプターです。入力に100Vとしか書かれていないので、日本でしか使用できません。 このような古い携帯電話をそのまま海外で使いたい方はご注意ください。そもそも、そんなに古い携帯電話は、海外では電波の関係で使えないかもしれませんが。 この画像は、初期型ニンテンドーDSのACアダプターです。よく見るとINPUT 100Vと120Vの2つ書かれています。 これは日本の100Vとアメリカなどの120Vに対応しているという意味です。ヨーロッパなどの240Vには対応していないのでご注意ください。 上の画像は、アメリカで4,000円程度で販売されている携帯電話に付属のACアダプターです。 INPUTに100-240Vと表示されていますので、全世界で使用することが出来ます。 こちらはキヤノンのデジタルカメラのバッテリ充電器です。 デジタルカメラのバッテリ充電器は、カメラ本体からバッテリを取り外して装着する単体でACアダプターと充電器をかねている物が多いですが、これもそのタイプです。 INPUTに100-240Vと書かれていますので、全世界に対応しています。デジタルカメラのように、携帯電話に次いで持ち運ばれるカメラのような電子機器はほぼ全てこのように全世界に対応したACアダプターが付属していると思って大丈夫です。 デジタルカメラに次いで、旅先で持ち運ぶことが多いビデオカメラのACアダプターです。 こちらもINPUTに100-240Vと書かれているため、全世界でそのまま使うことが出来ます。 旅先で情報入手、コミュニケショーンなどに欠かせないパソコンのACアダプターです。 これも当然ながら100Vから240Vに対応していることがわかります。 同じような海外で使えるACアダプタの情報のサイトはこちらなども参考にしてください。
オーディオの世界では、迷信のような嘘か本当かわからない事がいくつもあります。 具体的には避けますが、オーディオの世界に凝ってしまうとお金がいくらあっても足りなくなるくらいになりますので、そこそこ自分が満足できるレベルで落ち着くのが一番なのかなと思います。 そんな迷信ともわからないものの中に、エージング(aging)というものがあります。 エージングとは、新品の状態からしばらく使い込んで慣らし運転をさせるというような意味の事です。 新しいオーディオ機器を購入したら、おおよそ50時間から100時間程度のエージングさせることが、オーディオファンの中では一般的のようです。 何をエージングさせるかはこれまた迷信に近づいてしまいますが、迷信ではないとはっきり言えるのが、スピーカーやヘッドホンのエージングです。 スピーカーなどは、物理的に空気を振動させて音を出す部品ですが、この部品は購入直後の状態ではまだまだ、そのスピーカーやヘッドホンの中でなじんではいません。しばらく使うことで、物理的に安定するようで、本来の音が出るようになります。 エージングさせるということは音を良くするのではなく、本来持っている性能の音を出す作業というような意味として考えた方がより正しいでしょう。 具体的にどうするかは簡単で、購入したらまず数十時間音楽を再生させます。長さはおおよそ丸1日から2日程度が目安でしょうか。 これをすることで、何もしていない状態とは異なる音となります。もちろん、この作業をしなくても普通に使用し数十時間経過すればそれと同等になりますが、早めに本来の音で聞きたい場合は、2日くらい音を鳴らしっぱなしにするのが一番手っ取り早いでしょう。 どの音を鳴らすかは難しいところですが、オーディオチェックCDなどはバランス良く様々な音が含まれているので、本格的にやる場合はおすすめです。 自分で再生する曲を選ぶ場合、良く聞くのがクラシックだけだとしても、ポップスとクラシック、ジャズなど様々なジャンルをリピート再生するのが良いと思われます。