オウンドメディアとは

0
339

通常のWebサイトを用意して、会社情報、商品やサービスに関する基本的な情報を掲載するのはインターネットが始まった頃から必要とされている基本的な内容です。
近年注目されているのが、自社でメディアを持つオウンドメディア(Owned Media)です。
オウンドメディアとは、自社で自社に関する情報を雑誌や一般のWebサイトの用に発信するメディアを持つことです。

従来は、テレビ、雑誌などは各メディア企業が作成・放送・発行していたので、自社がメディアをコントロールすることは難しかったです。
テレビ番組を一社提供したり、自社で雑誌のような物を発行すること自体は出来ましたが、それをやってもユーザーがそれを見てくれるとは限りません。

既に一定の視聴者、読者がいるメディアに報じてもらう方が有利だったため、各社は各メディアに報じてもらうように様々な施策を行っていました。
しかし、インターネットの時代になり、メディアの製作費用も抑えられるようになり、テレビ番組のように億単位のお金をかけずに、雑誌でも数百万円、数千万円のお金をかけなくても情報が発信できるようになりました。

また、様々な手法を使えばゼロから読者、視聴者をつかむことも難しくなくなっており、自社で自分たちの情報を発信するオウンドメディアが普及するようになっています。

多くの会社がオウンドメディアを持つようになっており、任天堂、トヨタ自動車などの有名企業だけでなく、小さな名も無き会社が自社のあまりメジャーではないジャンルの内容を深く掘り下げるメディアを持っているようなこともあります。

メディアと言っても、本当に楽しめるように日々新しい情報に更新したり、見た目もモダンな感じになっているような所もあれば、無料のブログサービスに数本のブログ記事を載せているだけのような所など千差万別です。

どのような内容であっても、自社の記事としてオリジナルの内容をインターネット上で発信していれば、検索等で訪れた人がそれをきっかけに商品の購入につながる可能性があります。
オウンドメディアをうまく運用すれば、一般の広告費よりも低コストで自社製品を宣伝することが可能です。