タブレットこそがスマートテレビ

Tablet Video

家電各社は2012年頃からテレビのインターネット機能などを強化しているが、テレビ自体をスマート化しても使い勝手が悪い物が多い。
従来のテレビチューナーに加えて、YouTubeなどの動画視聴環境を用意しているが、従来型のリモコンでの操作性はともかく、スマート機能自体の使い勝手は良くは無い。

これに比べると、タブレットの動画視聴機能は非常に優れている。
タブレット自体はもともとタッチ操作を重視しており、操作性自体に問題はほとんどない。

テレビチューナーのインターネット機能がアップデートすることはほとんど無いが、タブレットはAndroidやiOSをOSとして採用しており、アプリの機能追加などは日々行われている。
使い勝手の改良はもちろん、新しいアプリも日々追加されているし、新サービスも続々と登場している。

タブレット自体も画面表示やスピーカーの改良が進んでおり、動画の利用でも問題ない。
強いて言えば、一般的には画面サイズが小さいことだが、これもMiracastなどを利用すれば特に問題になることはない。この場合、タブレットがテレビのリモコンになるため、手元で様々な操作ができ非常に便利だ。

テレビは従来のテレビ放送に縛られることでスマート化の進化が遅れている。また価格がそれなりに高いことから買い換えのサイクルも長い。
一方で、タブレットの機能向上、アプリの使い勝手向上の方が進化は非常に速く、価格も安い。

インターネットの速度は問題となるが、タブレット自体が真のスマートテレビになるのも時間の問題だろう。

HDMI 2.0正式発表 4K機器対応の第一歩

HDMI Forumは2013年9月4日、HDMI規格の最新版HDMI 2.0を発表した。
HDMI 2.0は4K解像度への本格対応などが目玉で、今後の4K(Ultra HD)テレビなどで標準的に使われるようになる規格。

従来のHDMI 1.4でも3840 × 2160 30pもしくは4096×2160 24pの解像度に対応していた。
今回のHDMI 2.0からは4096×2160 60pの対応になることで、テレビの4K対応が本格化する。

4Kテレビの普及のためには、HDMI規格の登場と、放送規格の策定などが待たれているが、その1つの課題が解消したことになる。

主な特徴
4K@50/60, (2160p), which is 4 times the clarity of 1080p/60 video resolution
Up to 32 audio channels for a multi-dimensional immersive audio experience
Up to 1536kHz audio sample frequency for the highest audio fidelity
Simultaneous delivery of dual video streams to multiple users on the same screen
Simultaneous delivery of multi-stream audio to multiple users (up to 4)
Support for the wide angle theatrical 21:9 video aspect ratio
Dynamic synchronization of video and audio streams
CEC extensions provides expanded command and control of consumer electronics devices through a single control point

HDMI FORUM RELEASES VERSION 2.0 OF THE HDMI SPECIFICATION
HDMI Forum

日本のテレビ視聴に必須のB-CASカードの入手方法

日本のテレビはスクランブルがかかっており、そのスクランブル解除にB-CASカードが必須となっている。

B-CASカードは日本のテレビやBlu-rayレコーダーなどを購入すると付いてくる物ではあるが、中古で購入すると付いていなかったり、引っ越しなどでなぜかなくしてしまったりする場合がある。
そんな場合には、B-CASを仕切っている業界団体の株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズに問い合わせて、その旨を連絡すれば新しいB-CASカードを送ってもらえる。

送料込みで2,000円(税込)

この方法が最も手っ取り早く入手できる方法だ。

これ以外には、中古のチューナーなどを入手してそこに付属するB-CASカードを入手するという方法がある。
この場合、地デジ専用なら青いカード、BSなどにも対応しているなら赤いカードになる。一般的に地デジ専用の中古チューナーはかなり安く販売されているため、低コストに入手できる場合がある。

もちろん、パソコンなどに接続するTVチューナーなどをB-CASカード目的だけで入手するというのも悪くはない。この場合、何らかの原因でかなり安く提供される場合もある。

10万円以上の高価なテレビを買うのは無駄

テレビは10年は使える耐久消費財だったのは1990年代までで、2010年に入った今では5年も使えば買い換えを考えてもいい商品になってしまいました。
テレビ受像器の表示関連テクノロジは常に進化しており、色などの画質が向上するのはもちろん、今後確実に向上するのは解像度です。

視聴距離などにもよりますが、おおよそ30インチ以上のテレビの場合、今のHDやフルHDテレビよりも4Kテレビや8Kテレビの画質は明らかに向上します。
現在、例えばシャープと東芝の同価格帯の製品を比べた場合、画質の違いは微々たる物ですが、微妙な違いはあります。この違いがよくわからない方も多いかと思います。

一方で、50インチのフルHDテレビと4Kテレビを比較すると、ほとんどの方が明らかに4Kの方がきれいと感じるでしょう。
2012年は1インチ1万円程度で4Kテレビは販売されますので、50インチなら50万円程度の価格となります。
一方、50インチのフルHDテレビは海外では10万円を切る価格であたりまえのように販売されています。日本では15万円から20万円程度で安い製品になります。
4Kテレビも数年で現在のフルHDテレビと同等になるでしょう。
その先に来るのが8Kテレビですが、こちらも2020年代には同じように安くなるでしょう。

仮に20万円のフルHDテレビを10年使おうと思って買うと、5年後には4Kテレビが20万円もしくはもっと安く販売されているかもしれません。
それなら、比較的安い40インチ程度のテレビを買って、5年くらいで安くなる4Kテレビを購入、その5年くらいで8Kテレビを購入しても損したと思わないような値段の製品を買いないでいくのがいいのではないでしょうか。

もちろん、20万円や50万円のテレビなどを購入して、数年で買い換えることに金銭的な負担がないならどんどん最新の高価な製品を買うというやり方を否定するわけではありません。

4K機器の購入は2013年もまだ早いが、それを見据えた機器選定が必須

4K解像度のテレビは2013年以降確実に普及します。
その理由は単純で、特に30から40型以上の大型ディスプレイで視聴した場合、従来のフルHD解像度に比べて圧倒的に画面がきれいだからです。

10万円のステレオと、100万円のステレオは音の違いがわかったとしても、どっちがいいかは微妙と感じる方が多く100万円のオーディオ機器を購入するのは余裕のある方やオーディオファンだけです。
しかし、4Kテレビと従来のフルHDテレビを比較すると、視力が相当悪くなければ画質の違いは一目瞭然です。
現状、各社は特に高価格帯のフルHDテレビでの画質の差を競っていますが、一般ユーザーにはイマイチわからない程度の差でしかないでしょう。それらと4Kテレビを比較すると、誰が見ても4Kの方が高画質と感じると思います。

現在、4Kテレビは非常に高価ですが、フルHDのテレビの価格が下がったように4Kテレビも今後確実に価格は値下がりします。
価格が下がるのは各社が様々な製品を提供する2014年以降おそらく2015年頃になりますが、たったの数年待てば圧倒的に高画質なテレビが比較的手頃に手に入れられます。

テレビは10年は使用できます。
日本では2010年から2011年頃にテレビを購入した方が多く、次に買い換える時期は2020年頃です。

しかし、2015年頃になるとより高画質のテレビが普及価格帯で手に入れられるようになります。
2010年前後に高い価格で購入した方は、2020年に近づき、4Kや8Kの製品が手頃な価格で手に入れられるようになってから買い換えてもいいでしょう。
購入のタイミングを逃し、2013年にテレビを購入する必要があるなら、4Kなどの製品が手頃になっても損したと思わないような、今現在結構安い製品を狙っておきましょう。
もし、数年待てるなら4Kのテレビが買いやすくなってから買うのもいいでしょう。