iPhoneのSafariでyoutube.comを開く方法

iPhoneのSafariでyoutube.comを開こうと思って、youtube.comと入力したり、ブックマークから行こうと思っても。

YouTube_app iPhone

という表示になって、「開く」を選ぶとYouTubeアプリが起動してしまう。「キャンセル」を選ぶと何も表示されない場合の対処方法です。

この表示になった場合は、一旦「キャンセル」します。
その後、またyoutube.comと入力すればYouTubeが開きます。

YouTube-iOS-Safari

この操作方法は動画でも説明していますのでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ACWAvCO9Ixc

iPhoneのChromeでYouTubeのデスクトップとモバイル版を切り替える方法

iPhoneにはYouTube Appが用意されていますが、WebブラウザでYouTubeを使う事も出来ます。
通常YouTube Appを使う方が便利ですが、YouTubeチャンネルを持っている場合、一部の管理がYouTube App、YouTubeクリエイターツールAppのどちらかでも出来ません。

パソコンでYouTubeを管理出来ない環境では、Webブラウザで管理したい場合があります。

ChromeでYouTubeを使う場合、

http://www.youtube.com

にアクセスします。

YouTube-iOS-Chrome
左のモバイル版か右のデスクトップ版が表示されます。

YouTube-iOS-07

モバイル版をデスクトップ版に切り替える場合、左上の「・・・」(赤地に白点)を縦にしたアイコンから設定します。
Chromeの方の「・・・」(白地に黒点)をクリックしないようにしてください。

YouTube-iOS-Chrome-desktop

ここでDesktop(デスクトップ)を選びます。

そうするとデスクトップに切り替える事ができます。

YouTube-iOS-10

デスクトップからモバイルにするには、デスクトップの画面一番下のYouTubeのフッター部分にMobile版というリンクがありますのでここをクリックします。

以上、iOS 9.3.2、Chrome 51.0.2704.104 でのテスト結果です。
2016年6月現在。

iPhoneやiPadで使われているOSのiOSとは何か

アップルのiPhoneやiPadにはiOSというOSが使われています。
OSはパソコンなどの基本ソフトのことで、OSはOperationg Systemの略です。

パソコンではWindowsがよく使われていますが、Mac用のOS Xというのもあります。
iPhoneやAndroidなどのスマートフォンはパソコンではありませんが、パソコン的な機能があるので、OSが必要になります。
以前使われていた携帯電話にもOSは使われていましたが、自由度がなかったのでほとんど意識する必要はありませんでした。

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでは、OSに何が使われているかが重要です。
iOSはアップルが提供しているiPhoneやiPadでしか使えませんが、AndroidはGoogleが提供しているスマートフォンやタブレット向けのOSで、機種も豊富です。

豊富な機種の中から選ぶならAndroidの方が適していますが、アップルがOSやハードウェアすべてを1社で提供してるiOSは機種こそ少ないですが、どの機能も安定して利用できる利点があります。

OSの更新頻度
このiOSは定期的に機能が追加されます。
OSなどのソフトウェアはバージョン番号というものがあり、この番号が高い方が最新の物となります。
2007年に始めて登場したiPhoneで使われていたのはバージョン1.0、日本で始めて2008年に発売されたiPhone 3Gは2.0でした。

その後、ほぼ1年おきにOSの機能が拡充され、2013年に「フラットデザイン」と呼ばれるシンプルなデザインが採用されたiOS 7.0が登場しました。
最新のiOSはその時販売されている最新機種と2世代前の製品までが対応機種となっています。
アップルは一般に1年に1度最新機種を販売するので、最新のOSは3年前の機種まで利用できます。

iOSが対応するのは2010年に販売されたiPhone 4までです。
2014年にはiOS 8が登場しますが、ここで対応するのは2011年に登場したiPhone 4Sまでです。

つまり、常に最新の機能を使うなら、少なくとも3年おきに新機種に買い換える必要があります。

セキュリティのアップデート
一般的にOSは古くなるほど、セキュリティの不安が高まりますが、アップルの場合はアップデートの期限を特に定めていません。問題が見つかれば古いOSでもアップデートしますが、スマートフォンの場合進化が速い事もあり5年程度で実質的な使用期限となっています。

iOS用のアプリ
iPhoneやiPadではApp Storeで各種アプリが提供されています。
アプリは無料の物もありますし、有料の物もあります。App StoreはApple IDで管理されていて、iPhoneとiPadを使う場合、一度購入したアプリはどの機種でも共通して使う事が出来ます。
iPhoneを買い換えた場合でも継続して使用することが出来ます。

Androidとの互換性
iOSはiPhoneやiPad用のOSでAndroidとの互換性は一切ありません。
つまり、Androidで提供されているAndroid用のアプリはiOSで使用する事は出来ませんし、iOSで提供されているiOS用のアプリはiOSでは使う事は出来ません。
iOSかAndroidのどちらかにしか提供されていないアプリも少なくありませんのでご注意ください。

当然ながら、AndroidからiPhoneに買い換える際に、Androidで購入したアプリはiPhoneでは使えないということです。
AndroidとiPhoneの両方で有料販売されているアプリをAndroidからiPhoneに逆も含め買い換えた場合、それぞれのストアで購入する必要があります。

iPhoneやiPadがAndroidに圧倒的に勝っているのは音楽アプリ

アップルのiPhoneやiPadのiOSが、GoogleのAndroidに圧倒的に勝っているのは音楽アプリだ。
音楽アプリとは音楽再生アプリのことではなく、楽器演奏などの音楽作成などのアプリだ。

アップルはiPhone以前のMac時代から音楽アプリなどの充実度ではWindowsなどを引き離していたが、それを引き継ぎ、OSの機能自体でも音楽系アプリを作りやすくなっていることがAndroidに圧勝できている理由だ。
つまり、同じソフトを作るにしても、iPhoneで提供されているアプリはAndroidに移植しづらいと言うことだ。

iPhoneやiPad用の音楽作成アプリは多数あるが、Androidに少ないのはここに理由がある。

もしも、スマートフォンやタブレットなどで音楽作成や、楽器演奏などをしたいのならiPhoneやiPadを選ぶのが正しい。

情報漏洩の無い安全なスマートフォンはどれか?

スマートフォンの普及が徐々に進んでいるが、2012年に入るとスマートフォンからの情報漏洩が一般のニュースでも話題になっている。
どこまでを情報漏洩とするか、何を情報漏洩とするかは難しいところだが、インターネットを使っていれば、IPアドレスやブラウザに何を使っているかなどの情報は、接続先のサーバーにはわかる。さらに、検索結果などから表示する広告を厳選するような事まで出来るような仕組みがインターネットにはある。
これはインターネットの技術上防ぐのが難しい部分だが、メールや電話帳の内容など通常送信しない情報まで送信してしまうウイルスのようなソフトが、スマートフォンでもたびたび見つかっている。

スマートフォンのアプリはアプリストアなどからダウンロードするのが一般的だが、それ以外の手段で入れることも可能。
例えば、Androidはアプリストア自体をGoogleが提供しているGoogle Play(旧Android Market)や、その他の携帯電話会社のアプリストアなどいくつもあり、様々なところからダウンロードできる。
一方で、アップルのiPhoneはアップルのApp Storeからダウンロードすることしか一般ユーザーには出来ない。

アップルのApp Storeは登録されているアプリをすべてアップルが審査しており、ウイルスなどのアプリは基本的に無い。もちろん、アップルの審査をかいくぐるようなウイルスが出てくるような事も考えられるが、その可能性は非常に低い。

一方、AndroidのGoogle Play(旧Android Market)は基本的に審査なしに登録されたアプリが多く、どれが正常なソフトなのかウイルスなのかは一般ユーザーには判断が出来ない。
当然ながら、問題が発覚すれば、Googleが公開を止めるのでその点では安心できるが、情報流出などの被害を回復することは出来ない。
AndroidではGoogle Play以外に登録するソフトを事前にしっかり審査するマーケットもあるが、審査のレベルもいくつもあり、それが完全なことは無いので、完全に信頼することは出来ない。

基本的に、AndroidよりもアップルのiPhoneの方が、審査が厳しいため安全と言えるが、今後、その審査をかいくぐるようなウイルスが出てくる可能性はゼロでは無い。
Androidも使うアプリを開発元が著名で、定番となっているようなソフトだけに絞れば安心度が高い。情報漏洩するかどうかはアプリと本人の使い方次第だ。

まとめ
情報漏洩を防ぐにはアップルのiPhoneがお勧めだが、これが完全なわけでは無いし、Androidでもダウンロードアプリを厳選するなどすれば、その問題も少ない。
結局は使う人次第。