4K対応のULTRA HD BLU-RAYとは

通常のBlu-rayはフルHDまでの映像しか対応していません。
4Kののようなより高解像度の映像に対応するBlu-rayとして、ULTRA HD BLU-RAYの規格化が2014年から2015年前半にかけてすすめられています。実際の製品は早ければ2015年後半に登場すると言われています。

このULTRA HD BLU-RAYは、フルHDの1920×1080から4Kの3840×2160解像度に対応するだけでは無く、HDRのようなより画質を高める事も含めて品質強化もされることになりそうです。

4Kはデータ量が増えるため、3層で100GBや、4層で128GBに対応するBDXLが使われ、
解像度として対応するのは4Kの3840×2160、フレームレートは60p、色は10bit。

映像のコーディックにはH.264/AVCからH.265/HEVCが採用され、ビットレートは100Mbps程度になり、100GBのBDXL 1枚に2時間程度の映画が収まるようになるようだ。

現在、映像はネット配信が普及しつつあるが、光学メディアでの販売も4K時代でもULTRA HD BLU-RAYで続くことが予想されている。

フルHD以上の解像度4Kや8Kとは何か

テレビなどで4Kや8Kが注目されています。
この4Kとは4000を表す用語で、Kはキロで1,000を表します。

つまり4,000とか8,000とかのことですが、この4,000や8,000は解像度のことです。

解像度とは映像の細かさのことで、この数字が大きければ大きいほど画像がきれいになります。

2014年現在一般的なテレビのフルHDは、1つの画面を1,920×1,080の画像を合わせて構成されています。
つまり、2,073,600の点の集合で画面を構成しているわけです。
アナログテレビは720×480だったので、345,600の点で構成されていました。

この差は6倍となり、一気に画像が高画質化されていることを実感している方が多いと思います。

ちなみに、HDには1280×720でもHDという言い方をしていたので、本当のHDである1,920×720はフルHDと呼んでいます。
そのフルHDは横方向に1,920の点で構成されているので、約2,000となり2Kという言い方も出来ます。

これが倍になって約4,000の解像度となるのが4Kです。

正確には現在のテレビと同じ縦横比(アスペクト比と呼びます)の16:9の場合は、3,840×2,160が4Kの解像度となります。
これはフルHDの2倍の解像度で、構成する点の数は4倍になります。

映画と同じ21:9のアスペクト比の4Kの場合、4,096×2,160となります。

8Kの場合にはフルHDの4倍、8Kの2倍の7,680×4,320となります。

アナログテレビよりも解像度が細かくなったフルHDでは画面がきれいになったように、4KではフルHD以上に、8Kは4K以上の精細な画面になります。

海外では4Kや8Kの事をUltra HDやUHDと呼ぶこともあります。

機能的に買ってもいい4Kテレビ パナソニック VIERA TH-L65WT600

パナソニックが2013年9月5日、4KテレビのVIERA TH-L65WT600を発表した。
65型で4K解像度に対応した製品で、この製品の他社製品にない目玉はHDMI 2.0に対応しているという点。

従来の4KテレビはHDMI 1.4などの対応で、解像度的には一応4Kには対応していたが、4Kに本格対応したのはHDMI 2.0から。
HDMI 2.0は2013年9月に策定された新しい規格で、これより前に発売された製品はアップデートでHDMI 2.0になるかどうかわからない、ほとんどの場合は対応しないだろう。
東芝は2013年6月に発売した4K REGZA Z8XシリーズをHDMI 2.0へ対応させることを発表した。
ソニーも2013年に発売したモデルを4Kへ対応。2012年に発売したモデルも対応する方向のようだ。

HDMI 2.0の対応で、将来ネットコンテンツが4K動画に対応したり、テレビ放送などが4K対応になった場合、チューナーなどを別途接続するだけで4K解像度を存分に楽しめるわけだ。
従来機の場合、解像度としては対応するが、フレームレートが低く総合的な画質が低下する。

4Kテレビの買い時としては、HDMI 2.0に対応した今、多少高くてもフルHD(2K)を超解像度技術で高画質化した物を中心に楽しみ、将来はチューナーなどを接続して4Kコンテンツを楽しむ。
4Kテレビは現在1型あたり1万円程度だが、1型あたり5000円台など価格が下がる数年待ち、放送規格などの4K化が決まりチューナーなどが対応するまで待つかのどちらかだ。

現在、多少予算に余裕があるならようやく買い時になりつつあり、その第一弾として発表されたのがVIERA TH-L65WT600だ。

HDMI 2.0正式発表 4K機器対応の第一歩

HDMI Forumは2013年9月4日、HDMI規格の最新版HDMI 2.0を発表した。
HDMI 2.0は4K解像度への本格対応などが目玉で、今後の4K(Ultra HD)テレビなどで標準的に使われるようになる規格。

従来のHDMI 1.4でも3840 × 2160 30pもしくは4096×2160 24pの解像度に対応していた。
今回のHDMI 2.0からは4096×2160 60pの対応になることで、テレビの4K対応が本格化する。

4Kテレビの普及のためには、HDMI規格の登場と、放送規格の策定などが待たれているが、その1つの課題が解消したことになる。

主な特徴
4K@50/60, (2160p), which is 4 times the clarity of 1080p/60 video resolution
Up to 32 audio channels for a multi-dimensional immersive audio experience
Up to 1536kHz audio sample frequency for the highest audio fidelity
Simultaneous delivery of dual video streams to multiple users on the same screen
Simultaneous delivery of multi-stream audio to multiple users (up to 4)
Support for the wide angle theatrical 21:9 video aspect ratio
Dynamic synchronization of video and audio streams
CEC extensions provides expanded command and control of consumer electronics devices through a single control point

HDMI FORUM RELEASES VERSION 2.0 OF THE HDMI SPECIFICATION
HDMI Forum

4K機器の購入は2013年もまだ早いが、それを見据えた機器選定が必須

4K解像度のテレビは2013年以降確実に普及します。
その理由は単純で、特に30から40型以上の大型ディスプレイで視聴した場合、従来のフルHD解像度に比べて圧倒的に画面がきれいだからです。

10万円のステレオと、100万円のステレオは音の違いがわかったとしても、どっちがいいかは微妙と感じる方が多く100万円のオーディオ機器を購入するのは余裕のある方やオーディオファンだけです。
しかし、4Kテレビと従来のフルHDテレビを比較すると、視力が相当悪くなければ画質の違いは一目瞭然です。
現状、各社は特に高価格帯のフルHDテレビでの画質の差を競っていますが、一般ユーザーにはイマイチわからない程度の差でしかないでしょう。それらと4Kテレビを比較すると、誰が見ても4Kの方が高画質と感じると思います。

現在、4Kテレビは非常に高価ですが、フルHDのテレビの価格が下がったように4Kテレビも今後確実に価格は値下がりします。
価格が下がるのは各社が様々な製品を提供する2014年以降おそらく2015年頃になりますが、たったの数年待てば圧倒的に高画質なテレビが比較的手頃に手に入れられます。

テレビは10年は使用できます。
日本では2010年から2011年頃にテレビを購入した方が多く、次に買い換える時期は2020年頃です。

しかし、2015年頃になるとより高画質のテレビが普及価格帯で手に入れられるようになります。
2010年前後に高い価格で購入した方は、2020年に近づき、4Kや8Kの製品が手頃な価格で手に入れられるようになってから買い換えてもいいでしょう。
購入のタイミングを逃し、2013年にテレビを購入する必要があるなら、4Kなどの製品が手頃になっても損したと思わないような、今現在結構安い製品を狙っておきましょう。
もし、数年待てるなら4Kのテレビが買いやすくなってから買うのもいいでしょう。