「ドコモがiPhoneを投入」報道の真相

携帯電話関連で、定期的にニュースになっているのが「ドコモがiPhoneを投入へ」という物だ。
ドコモに限らず、世界中の携帯電話キャリアは常にアップルと何らかの交渉はしているし、ドコモもiPhoneが世界で初めに発表された当初から交渉はしているだろう。

しかし、2013年4月現在、ドコモはiPhoneを取り扱っていない。

これは、アップルとの交渉がうまくいっていないからで、その最大の原因はドコモが独自のサービスにこだわったりすることとみられている。
そもそもドコモは、iPhone発表当初、iモードやおサイフケータイなどのドコモが開発したガラパゴスケータイと言われている携帯電話などの方がユーザーに受け入れられるとしていたことから、アップルとの交渉がなかなかまとまらない原因ではないかと考えられている。

しかし、日本の携帯電話業界ではドコモは一人負けの状況で、iPhoneを取り扱わずにいると、現在のトップシェアを維持できなくなることは確実だ。

実際に数年前からこの状態で、ドコモもiPhoneを取り扱うよと一部の報道機関にリークすれば、報道機関にすれば、ドコモ関係者からのリークなので信頼性が高いと喜んで記事にする。
これによって、ドコモをやめてiPhoneが使える他社にMNP(モバイルナンバーポータビリティー)を使い、転出してしまうことを少しでも阻止できる。

最終的な結果はドコモとアップルの交渉次第なので、その報道記事がどうなろうと正式に発表したわけではないリークしたドコモも、それを報道した報道機関も責任は一切とらない。

混乱するのは定期的にこの手の報道で惑われるユーザーだけだ。

プラチナバンドの影響もあり、ソフトバンクの電波状況は向上しつつある。auもiPhoneを取り扱いはじめ時間が経ち、使い勝手は良くなりつつある。ドコモがiPhoneを取り扱うことのメリットは年々低下しつつある。
自分の携帯電話やスマートフォンを買い換えるタイミングで、必要と思った端末やサービスを選ぶという基本を守れば、このての報道に惑わされることはなくなる。

スマートフォンのOSの種類とその基本的な特徴

現在、スマートフォンはiPhoneとAndroid系が人気だが、そもそもiPhoneとはなにか、Androidとは何かをわかっていない方も多いようだ。
iPhoneはAppleが自社で開発したOSのiOSを採用したスマートフォン、AndroidはGoogleが開発したOSのAndroidを採用したスマートフォンだ。

これらのスマートフォンはパソコンで言えばWindowsとMacの用に、基本的な部分(OS: オペレーティングシステム)が異なる。
それぞれのOSの基本的な特徴を解説しよう。

主要なスマートフォンのOSの種類と基本的な特徴

Symbian
5,000円から15,000円程度の主にノキアが途上国向けなどに提供する、低価格なスマートフォンに採用される。

Android
1万円から5万円程度と価格帯も幅が広く、低価格機からハイエンドモデルまで様々な製品に採用されている。GoogleがOSを開発し、端末メーカーがそれを採用した製品を提供する。

BlackBerry

2万円程度から。RIM(Research In Motion)の端末に採用されている。主にメールなど企業向けの機能を重視している。

Windows Phone

4万円から。Windows MobileやWindows CEなど、従来からあるマイクロソフトの組み込みや携帯型のOSの発展系で主に携帯電話に使われている。
開発はマイクロソフトで、そのOSを採用した機器がノキアや様々なところから登場する見込み。

iOS

4万円程度からのiPhoneに採用される。iPod touchなど携帯電話系の通信機能のない製品にも採用されるが、Appleの機器にのみ採用されている。

他にもwebOS、Bada、BrewなどOS自体は多数存在する。日本の従来型の携帯電話にもOSもあるなど、OSはどんな製品にも基本的には存在している。

スマートフォンは2011年より2012年頃買うのがお得か

iPhone 4SやGalaxy S IIなどが好調のようだが、これらのスマートフォンはどれもスペックが高くなった影響で、バッテリ駆動時間に大きな影響が出ている。
特にiPhone 4Sは通知センター(Notification center)などつねに通信するサービスがOSに追加されるなどの影響もあり、バッテリ駆動時間が従来機種より下がっているようだ。

スマートフォンはOSの機能などを問わずに、バッテリ消費が激しい物だが、これを性能や機能を落とさず改善するには、サイズそのままでバッテリ容量を増やすか、低消費電力にするしかない。
バッテリ容量は年々増加しているが、一気に増やすことは技術的に難しいため、あまり期待ができない。

各機器を低消費電力にするという点では、現実的な選択肢が2012年頃になると普及する。
それが、半導体の製造プロセスだ。

たとえば、TSMCという大手半導体製造会社は10月24日に28nmプロセスでの製造開始をアナウンスした。
半導体製造プロセスは単純に言えば細かくなればなるほど、部品自体が小型化され、低消費電力で動作できるようになる。従来40nmだったものが一段階小型化されるため、消費電力面では非常に有利になる。

この28nmプロセスでの半導体製造はプロセッサーだけではなく、通信モジュールなど様々な部品にも影響する。これが多くの部品に採用されるのが2012年頃からなので、スマートフォンは2012年頃になると2011年の同等製品と比較し、バッテリ駆動時間が延びることになる。

その代わり、2012年頃になると次世代のより高性能なARMアーキテクチャーを採用する製品が登場し、よりパフォーマンスが向上することになる。このパフォーマンス向上とバッテリ駆動時間の関係がどうなるかは製品が出てみないとわからない。

日本の携帯電話会社や携帯電話の端末会社が落ちぶれていくわけ

「落ちぶれていくわけ」というタイトルを書いていてなんだが、日本の携帯電話会社は世界でトップレベルの品質を誇っている。
特にドコモのネットワークはすばらしく、市町村役場がエリアかどうかで判断する人口カバー率で2007年3月に100%を達成している。この後も、地下や山間部、ビルの谷間などでエリアを強化していると思われ、いつでもどこでもつながるという品質は世界で最高水準だ。
これに続きKDDIのauやSoftBankも国際レベルから比較すると、非常に高品質なサービスを展開している。SoftBankも国際レベルから比較すれば高いが、国内であまり評価が高くない。電波の問題もあり、地方や室内、繁華街の密集地などを除けばある程度の品質が得られているだろう。

そんな高品質なサービスを展開している携帯電話会社だが、これからは落ちぶれていくことが予想されている。通信という基本的なサービス自体は、これからも高品質を維持していくだろうが、基本的なサービスに付随する各種サービスレベルが低下していくことが予想される。

従来のフィーチャーフォン(多機能携帯電話、ガラパゴスケータイとも言われる)の時代には、携帯電話会社が主導的に企画した新サービスに対応する端末を、各端末メーカーが開発し、新サービス開始時に端末が多数そろっているという流れだった。

たとえば、電子決済機能では、おサイフケータイなどの基本的なサービスを鉄道会社などと連携し、各端末メーカーが対応端末を開発、利用者の利便性を向上させるという、よいサイクルができていた。
また、動画配信サービスを携帯電話会社が始める際には、その動画を視聴できる端末を開発するなど、携帯電話会社が求めるサービスを提供できる端末が市場に投入されつづけていた。
この回転がうまくいっていたからこそ、高性能な携帯電話が日本で開発され続けていたとも言える。

サービス面で見ても、iモードなど携帯電話会社のプラットフォーム上で外部の会社が有料サービスを展開し利便性が向上した。利用者は有料サービスも携帯電話の料金支払い時に決済するだけになり、利便性が向上し、サービス提供側としても比較的簡単に利益を得られるようになった。

しかし、スマートフォンの時代になると、携帯電話のプラットフォームを通さず、直接インターネットにアクセスできるようになった。ネット上の無料で利用できるサービス利用が中心になり、携帯電話会社経由で提供される有料サービスなどを利用するユーザーが減少する傾向にある。
従来月額料金が必要だった情報サービスも、インターネット上には無料の情報やサービスがあるし、ゲームなどについても月額料金は不要で楽しめる物が多数ある。

こうなると、携帯電話会社としては単なるデータ通信など基本的なサービスを展開するだけの会社になってしまう。これは「土管屋」などと言われる現象だ。
ここで言う土管屋とは、従来のように通信網を整備し、その上で展開するサービスも展開し、通信網とサービスの両側面を持った会社から、通信網にデータを流しているだけの水道で言うところで、土管の製造施工業者のようになってしまうことを言う。

もちろん、土管屋が悪いわけではなく、たとえばUQ WiMAXはこの土管屋に徹して通信サービスを提供しているわけだし、通信料収入があるので損をすることはない。問題は従来得られていた利益が減少し、発言力なども低下してしまうと言うことだ。

今までは自社の新サービスに合わせて専用の端末を各社に開発してもらえていたが、そのようなサービスが利用者が不要と考えるなら、その通信会社に特化した特殊な端末の開発コストは無駄になってしまいかねない。
世界では年間15億台を超える携帯電話が販売されているが、日本の一部通信会社に合わせた端末を年に数台開発するというのはコストの面で不利だ。

AppleのiPhoneは実質1台の端末を1年ほどの周期で開発している。一方の日本のメーカーは3社ある通信メーカーに、年間数機種提供している。台数を増やせば共通化できるモジュールはあるにせよ、その分の開発コストはかかるし時間もかかる。かといって販売数が多いわけでもなく、もちろん利益も多いわけではない。
これでは携帯電話端末会社の方もうまくいかなくなっていくのは当然だろう。

この流れのままでは、端末開発会社は日本の通信メーカーに特化した端末開発を減らし、携帯電話会社側も自社の進めたいサービスに対応した端末を開発してもらえなくなる。

それまでの日本の携帯電話が高性能な機能を必要とし、各デバイスメーカーがそれに合わせた高性能なデバイスを開発したからこそ、後のスマートフォンに使えるデバイスが出てきたとも言える。サービスに関しても日本の物から発展していった物がいくつもあるだろう。代表的な例で言えば絵文字だ。

日本のこれらの企業は、従来の利益の延長上でしかやってこなかったが、Apple iPhoneやGoogleなどのAndroid勢にそのいいところを持って行かれ、スマートフォンにビジネスの流れを奪われてしまいつつある。

このまま日本に特化したサービスだけを展開していけば、落ちぶれることはたやすい。しかし、先進国でもスマートフォンの普及率は高いわけではないのが実情だ。
これからの戦略次第で落ちぶれてしまう前に競争力を戻す可能性はある。

日本の携帯電話を海外で使う方法 実践編

https://www.youtube.com/watch?v=SEuchzsbmkg
動画の説明をご覧ください。

日本の携帯電話を海外で使う場合には、海外で使えるタイプか、サービスに加入しているかのチェックが何よりも重要。
日本の携帯電話を海外で使う方法 準備編より

それらのチェックが完璧で、実際に海外で使用する場合、日本とは掛け方が多少変わる。電話番号に国番号などが必要になる事がある。

国際電話で重要な「+」の入力方法

国際電話をする際、国番号の前に「+」が必要になる。この「+」は携帯電話など国際電話するときに使う。
「+」は「0」を長押しすると出てくる。

海外から日本に電話をかける

日本の携帯電話を持って海外旅行中に日本に電話する場合、海外から日本に国際電話をする感覚でかける必要がある。
例えば、日本の番号が「03-1234-5678」だった場合、はじめの「0」を抜かして日本の国番号「81」を加えてかける必要がある。81の前には「+」を加える必要もある。この「+」は国際電話をかける際に必要になるので覚えておこう。

海外から日本にかける場合の電話番号は
「+81-3-1234-5678」
となる。
市外局番などの始めの「0」を抜かすのと、「+」と「国番号」が必要になる。
ちなみに、市外局番の0を抜かすのは長野県飯田市の0260や、埼玉県加須市の0480などのように末尾に「0」がある場合は、末尾の「0」を抜かす必要は無い。

電話帳に登録している場合は、この+81や0を削除するなどを自動で行い、そのままかけられる設定になっている事があるが、この国番号など、海外でかける際の番号設定は重要なので覚えておこう。

日本に国際電話

海外にいる日本の携帯電話同士で会話する

それぞれ日本で使用している携帯電話を持って一緒に海外旅行しているが、一時的に別行動している人と携帯電話で話したい場合。
それぞれ同じ国にいるが、日本の携帯電話を海外で使用している事になるので、日本に国際電話する感覚でかける必要がある。

つまり、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、
「+81-90-1234-5678」
としてかける必要がある。料金も国際電話となる。

現地の電話にかける場合

日本の携帯電話を海外で使用し、現地の電話番号にかける場合、通常現地の電話番号の市外局番からかける事でつながる。
アメリカの場合、(310) 123-5555 というような番号の場合はそのままでかかる事が多い。
国や地域によっては、この番号の前に国番号のアメリカなら1を加えて1 (310) 123-5555 としてかけなければいけない場合もある。
注意事項として各携帯電話会社はこの辺りを解説しているので、マニュアルなどにある説明事項はよく読んでおこう。

日本から海外に行っている人に電話する

日本の携帯電話を持って海外旅行している人に、日本から電話する場合は、日本で電話するのと同じ番号でかければいい。
この場合、日本からかけた人は日本にかけるのと同じ料金となる。
実際には国際電話になっているが、国際電話分の料金を負担するのは海外に携帯電話を持ち出している方となるので、海外旅行中に日本からの着信があった場合は、自分の懐を心配しよう。

現地の電話から海外に持ち出している電話にかけてもらう場合

海外に持ち出している日本の携帯電話の番号に、現地の電話番号からかけてもらう場合も日本に国際電話するようにかけてもらう必要がある。

番号は、携帯電話の「090」や「080」の始めの「0」を削除し、
「+81-90-1234-5678」
となり、料金も国際電話となる。