パソコン販売サイトのクレジットカード払い対応状況まとめ

パソコンの価格は安くても5万円程度、高い物だと30万円を超える場合があります。
各種ダイレクト販売サイトでは、銀行振込、クレジットカード、ショッピングローンなどから支払い方法が選べます。
その中で手っ取り早い決済方法はクレジットカード払いです。

そのクレジットカード払いの中でも、日本ならではの支払い方法が分割払いやボーナス一括払いです。
*分割払いやボーナス一括払いは日本のクレジットカードにしかない特徴です。海外ではリボ払いが基本です。

金利はショッピングローンの方が安いですが、審査手続きの面倒を避ける場合には、クレジットカードの分割機能などを使った方が手っ取り早いです。

しかし、分割払いに対応するのは一部のショッピングサイトのみです。
また、クレジットカードのブランドも利用出来るモノできない物がサイトによって異なっています。

そんな国内主要パソコン販売サイトのクレジットカードの対応状況をまとめました。

国内主要パソコンメーカー

NEC

主要なクレジットカードは利用可能で、分割払いにも対応しています。

FUJITSU

AMEXの利用は不可能ですが、分割払いに対応しています。

TOSHIBA

利用出来るのはVISA、Master、JCBに限られますが、分割払いには対応しています。

Panasonic

主要なカードブランドが利用出来ますが、分割払いには対応していません。

海外系主要メーカー

DELL

主要なカードブランドは対応していますが、分割払いは実質リボルビング払いにしか対応していません。

HP

主要なカードブランドに対応していますが、分割払いの回数は制限がある物の対応しています。

Apple

主要なカードブランドに対応し、分割払いにも対応しています。

Lenovo

主要なカードブランドに対応していますが、分割払いには対応していません。

ASUS

主要なカードブランドに対応していますが、分割払いには対応していません。

パソコンのクレジットカード分割払いまとめ

パソコンをクレジットカード払いで購入する場合、自分が利用したいクレジットカードが利用出来るのかどうかをまずは確認しましょう。
今回調べた中ではAMEXやDinnersが利用出来ないサイトは結構ありました。

金利の付かないボーナス一括払いが利用出来るところはありませんでした。
分割払いは分割回数の選択肢が限られるところもありますが、一部に対応しているところがあります。
対応していない場合は、利用しているクレジットカードの後から分割やリボ払いを利用する事になります。

分割払いやリボ払いは年利で15%前後になることが多いので、20万円の製品を20回払いで買うと総額で22万円程度になります。
金利を考えるなら、各販売サイトが用意しているショッピングローンを利用した方がお得です。

プログラミングを始める前にパソコンの使い方を覚えよう

プログラミングの勉強は本だけでも出来ますし、スマートフォンやタブレットでも出来ます。
しかし、実際にプログラムを作って、その結果を確認するというような事は、パソコンを使わないと出来ません。

このため、パソコン自体の使い方をある程度覚える必要があります。
決して細かなところまですべて覚える必要はありませんが、パソコンで何をするとどうなるのかは理解しないとプログラミングは出来ないです。

プログラミングの勉強をする前に、パソコンの基本的な操作は出来るようにしておきましょう。
特に必要なのはパソコン無いのファイルやフォルダの構造、プログラムのスタートのさせ方、インストール方法といった基本的な事です。
パソコン教室ではWordやExcelの使い方などを中心に教えているようですが、そのような使い方はプログラミングではあまり役に立ちません。WordやExcelで利用出来るVBAでプログラミングの勉強は出来ますが。

自己流で結構ですので、プログラミングの勉強をする前に、パソコンをある程度使えるようにして、プログラミングの勉強している間にもパソコンの機能自体がどうなっているのかある程度理解しておきましょう。

プログラミングを勉強する上でパソコンの使い方、パソコンの機能を知ることは、プログラミングを理解する助けにもなります。

モダンPCとは 2012年頃までの普通のパソコン

モダンPC(Modern PC)という用語が2016年頃から登場しています。
日本で初めにこの用語が公に出たのは、マイクロソフトがヨドバシカメラマルチメディアAkibaでWindowsコーナーを開設した時です。
ここで2012年頃までの普通のパソコン(モダンPC)を使っているユーザーに、最新のパソコンの機能を訴求したいということを訴えました。

2016年現在、今までなかった機能を持つパソコンが続々と登場しています。これが登場するきっかけの1つがUltrabookでしょう。

インテルがUltrabookを提唱したのは2011年のことでした。Ultrabookは薄型軽量のノートパソコンのことと言ってもいいでしょう。
Ultrabookに準拠するような製品は以前からありましたが、価格が高いとか特定メーカーしか設計製造できなかったというような問題がありました。
これをより手ごろな価格で入手できるようにする動き自体がUltrabookだったとも言えます。Ultrabookの最終目標はUltrabookの様な製品の普及でした。その結果、Ultrabookを超えるWindowsタブレット、例えばMicrosoftのSurfaceのような製品が徐々に普及しています。
実際にSurfaceや、同等の機能を持つ製品は各社から登場しています。

さらに、ペン入力や、顔認証といった新しい生体認証の仕組み、クラウドを活用した新しい使い方も広がっています。

各種サービスを活用しつつ、新しい使い方が出来るのが最新の製品です。しかし、昔ながらのパソコンを使い続ける方も多いです。
古い製品を使い続けているだけならともかく、新しいパソコンを選ぶ際も従来同様の機能しか使わない場合も多いようです。

今後、新しい機能を持たない昔ながらのパソコンを「モダンPC」と定義していくようにするようです。
モダンPCと新しいPCとの機能、ユーセージモデルの差で、利便性、生産性がどう向上していくのかを訴求するために、古い昔ながらのパソコンを「モダンPC」としていくようです。

ストレージを速くすればパソコンが一気に高速化

パソコンの性能を上げるにはいくつかの方法があります。
その中で、体感上の速度を一気に上げるにはストレージを最新の物にするのが最も効果的です。

ストレージとは要するにハードディスクやSSDといった、データを記録する部分のことです。
HDDはハードディスクドライブの略なので、ドライブという方もいますし、ハードという方もいます。このハードディスクをSSDのようなソリッドステートドライブにするだけで速度は大幅に向上します。

HDDは円板の上に磁気情報としてデータを記録しています。このデータを読み出したり、書き込むには物理的に円板を回したりする操作が必要です。
SSDは円板ではなく、フラッシュストレージという半導体に直接データを記録します。物理的な駆動部分がありません。
このため、HDDに比べるとSSDのデータのアクセス速度は非常に高速で、使用上の体感速度が一気に上がります。

さらにこだわるならSSDの種類による速度の違い、SSDのパソコンの接続方式にも注力しましょう。

iPhone、iPad、MacBookの買い換えタイミングをコストから考える

アップルの製品はパソコン黎明期の1990年前後から一貫して安くはありませんでした。
パソコンだけだった時代から、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスといった製品ラインナップを増やしていても、結局はハイエンド製品が中心のラインナップになっています。

一般的に、短期間で性能が向上するハイテク製品であったとしても、新製品が出る度に買い換えることはコスト的に難しいでしょう。
現時点で、アップルはiPhoneとiPadの新製品は1年に1度投入。MacBookといったパソコンは1年前後で新製品を投入という形になっています。

現時点で、スマートフォンは必需品、さらにパソコンかタブレットもしくは両方を利用出来れば、デジタル機器には不足しない生活が送れます。
1年間に個人がこの手のデバイスにハードウェアのコストとして支払えるのは、出せて月に1万円程度でしょうか。年間12万円くらいですが、こんなに出せないという人も多いと思います。

そこで年間12万円と年間5万円の予算で、どの程度デジタル機器を買い換えてなるべく新しい製品を使い続けられるかを考えてみましょう。

ここで、各製品の価格をみてみます。
iPhone 6s 64GB $749
iPhone 6s Plus 128GB $949
iPad Pro 32GB $799
iPad Pro 128GB $1079
MacBook $1,299、$1,599
これは2015年秋現在、実質的に選ぶのにふさわしいの最新モデルのアメリカでの価格です。

わかりやすくするとiPhone 10万円、iPad 9万円前後、MacBook 15万円前後となります。
仮に各製品を2年おきに買い換えると2年間の必要コストは34万円となります。
年間12万円しか使えない場合は、2年で24万円なので10万円近く不足します。

このため、各製品を2年おきに買い換えることは不可能ということになります。
もしも、スマートフォンとパソコンだけにするというようなやり方なら、問題はほぼ解消します。

例えば、スマートフォンを購入した翌年にタブレットを購入し、その翌年はスマートフォンというようなサイクルです。
これなら各製品はほぼ機能的に劣らない製品を使い続ける事が出来ます。

これにパソコンを加えたい場合はどうでしょうか。
例えば、スマートフォンはいつも使うのでなるべく最新を維持し続けるために2年に1度はキープし、タブレットとパソコンは交互に買い換えるというようなペースです。

1年目 スマートフォン
2年目 タブレット
3年目 スマートフォン
4年目 パソコン
5年目 スマートフォン
6年目 タブレット
7年目 スマートフォン

仮にこのサイクルを続けた場合、ある時期にパソコンかタブレットが3年前の製品となります。
現時点でパソコンの進化は鈍化しているので、3年前の製品なら許容範囲内ですが、タブレットはかなり見劣りする可能性もあります。

一方で年間5万円の予算が無い場合はスマートフォンの買い換えペースを3年に1度にしても、それ以外のデバイス購入はかなり難しくなります。

1年目 スマートフォン
2年目 購入無し
3年目 購入無し
4年目 スマートフォン
5年目 購入無し
6年目 購入無し
7年目 スマートフォン
8年目 タブレット

このように、各年に予算をキープしてもスマートフォン以外のデバイス購入はかなり先送りとなります。
スマートフォンの進化は急速で3年以上前の製品では実質使い物になりません。

このため、この手のデバイスを活用するには年間予算5万円程度では全く足りない、ギリギリが月に1万円、年間12万円程度の予算ということになります。
これ以外に、カメラ、周辺機器、各種サービスを考えると、月に1万円以上の出費は現代生活で必須となりそうです。

とうぜん、この計算には通信費は含まれていませんので、ある程度快適に使おうと思ったら、トータルコストは月に2万円以上になることもありそうです。