カメラのセンサーサイズ比較

CameraSensorSize

カメラの画質を決める2大要素はセンサーサイズとレンズです。
一般的なカメラのセンサーサイズ一覧です。
センサーサイズが大きいほど、1つの画素がとらえる光の量が大きくなるので、画質が良くなります。しかし、センサーサイズが大きくなると、レンズも大きくなるのでカメラも大きくなります。

フルサイズ(35mm) 36 × 24mm 3:2 (フルサイズセンサーの一眼レフ)
APS-C(キヤノン以外) 23.5 x 15.6mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
APS-C(キヤノン) 22.5 × 15.0mm 3:2 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1.5型 18.7 × 14mm 4:3 (ハイエンドコンパクト)
フォーサーズ(4/3) 17.3 × 13mm 4:3 (低価格な一眼レフやミラーレス)
1型 13.2 × 8.8mm 3:2 (ハイエンドコンパクト)
1/1.8 7.2 × 5.3mm 4:3 (少し高いコンパクト)
1/2.3 5.9 × 4.4mm 4:3 (一般的なコンパクトデジカメ)
1/3 4.8 × 3.6mm (スマートフォンなど)

ここで言う1型は1インチの25.4mmではなく、CCDが使われる前の撮像管を使用していたときの名残で、おおよそ15mmが1型となります。

高倍率ズームレンズ搭載コンパクトデジカメの一覧 2013夏

DMC-FZ70
60倍
センサー 1/2.3型 1610万画素
レンズ 20-1200mm F2.8-5.9
デジタルズーム 300倍 (6000mm)
重量 606g

DMC-FZ200
30倍
センサー 1/2.3型 1210万画素
レンズ 25-600mm 全域F2.8
デジタルズーム 120倍 (3000mm)
重量 455g

DSC-HX300
50倍
センサー 1/2.3型 2040万画素
レンズ 24-1200mm F2.8-6.3
デジタルズーム 200倍 (4800mm)
重量 650g

DSC-HX30
30倍
センサー 1/2.3型 2040万画素
レンズ 24-720mm F3.5-6.3
デジタルズーム 120倍 (2880mm)
重量 272g

FinePix SL1000
50倍
センサー 1/2.3型 1,620万画素
レンズ 24-1200mm F2.9-6.5
デジタルズーム 100倍 (2400mm)
重量 659g

FinePix HS50EXR
42倍
センサー 1/2型 1,600万画素
レンズ 24-1000mm F2.8-5.6
デジタルズーム 84倍 (2016mm)
重量 808g

FinePix S8200
40倍
センサー 1/2.3型 1,620万画素
レンズ 24-960mm F2.9-6.5
デジタルズーム 80倍 (1920mm)
重量 670g

FUJIFILM X-S1
24倍
センサー 2/3型 1,200万画素
レンズ 24-624mm F2.8-5.6
デジタルズーム 52倍 (1248mm)
重量 945g

EX-H50
24倍
センサー 1/2.3型 1610万画素
レンズ 25-600mm F3.0-F6.9
デジタルズーム 96倍 (2400mm)
重量 238g

COOLPIX P520
42倍
センサー 1/2.3型 1808万画素
レンズ 24-1000mm F3.0-5.9
デジタルズーム 82倍 (1968mm)
重量 550g

COOLPIX L820
30倍
センサー 1/2.3型 1605万画素
レンズ 22.5-675mm F3.0-5.8
デジタルズーム 120倍 (2700mm)
重量 470g

PowerShot SX500 IS
30倍
センサー 1/2.3型 1,600万画素
レンズ 24-720mm F3.4-5.8
デジタルズーム 120倍 (2880mm)
重量 341g

PowerShot SX50 HS
50倍
センサー 1/2.3型 1,210万画素
レンズ 24-1200mm F3.4-6.5
デジタルズーム 200倍 (4800mm)
重量 595g

高倍率ズームレンズ搭載コンパクトカメラの基本 2013

高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトカメラは1つのジャンルとなっている。

2013年現在、最大ズーム倍率で60倍、35mmフィルム換算で1200mmが最大となっているようだ。

1200mmのレンズは一昔前にキヤノンが一眼レフカメラ用に販売しており、重量は約16kg、当時の価格は約1,000万円という価格だった。
レンズの性能は異なるが、これと同等のレンズ性能のコンパクトデジカメが数万円で手に入る時代となっている。

このような超高倍率ズームレンズは、スポーツ観戦、野鳥撮影などには必要だが、野鳥撮影などは、従来から標準的なカメラに、別途レンズを装着するという手法がよく使われていた。

フィールドスコープと呼ばれている双眼鏡のような物と、デジタルカメラを組み合わせた「デジスコ」という手法だ。
フィールドスコープをカメラのレンズとして扱うことで、通常のデジタルカメラではできない超望遠を実現できる。

フィールドスコープとカメラによっても異なるが、3000mmなどの超望遠が実現できる。
実際に3000mm必要かどうかは撮影対象によっても異なるが、カメラ自体に1000mm程度のレンズが付けばデジスコが必要なくなるケースもある。

デジスコはカメラとフィールドスコープの選び方、そのセッティングが簡単ではない場合もあるが、高倍率ズームのカメラなら誰でも簡単に撮影ができる。
また、このようなカメラには専用のテレコンバージョンレンズが提供されていることもあり、場合によっては純正品で2000mm程度にすることもできる。

デジスコはまだ用途によっては重要な技術ではあるが、高倍率ズームカメラが続々と登場していることで、誰でも気軽に今までは不可能だった被写体の撮影ができるようになっている。

アクションカムはGoProで決まりのわけ GoPro HD HERO3発表

スキーやサーフィンなど、過酷な環境で使うカメラを一般的にアクションカメラやアドベンチャーカメラなどといます。
この市場で一番強いのは参入も早くこれに特化したGoProです。
へビューデューティーな環境に耐える静止画が中心のカメラではなく、動画を中心として静止画も撮影できるというのがこのカメラです。

テレビ放送で、手元のカメラやヘルメットに取り付けるカメラとして使用している四角いカメラがこのGoProです。それがカメラな事は知っていても、それがGoProであったことは知らないとしても、このカメラはいろいろなところで使われていることを認識している人は多いでしょう。

2012年になってビクターやソニーもこの市場に参入していますが、2012年10月17日に発表したGoPro HD HERO3によって、GoProの天下はまだまだ続きそうです。

GoPro HD HERO3は3つのエディションがあり、最も安いのはWhite Editionは199.99ドルで日本円では2万円を切る値段になっています。最も高機能なBlack Editionは399.99ドルで4万円弱ですが、4Kの動画も撮れるのが特徴です。

最近のカメラの特徴で2011年に発表された全機種ではオプションでの対応だったWi-Fiも、全エディションで本体に機能を内蔵しました。

最新モデルからは変わりましたが、オプションも豊富で様々な環境で利用できるようになっています。
様々な環境での実績、ライバル各社との機能や価格での差など、この用途のカメラを選ぶならGoProを選ぶのが最も無難です。

その理由もこの動画を見れば一目瞭然でしょう。

GoPro

センサーサイズで選ぶデジタルカメラ

デジタルカメラはレンズから入ってきた光を、CMOSやCCDなどのイメージセンサーで受け取りデーターとして保存します。このイメージセンサーは専門用語で固体撮像素子などとも言われますが「センサー」と略されていることが多いです。
この基本的な部分で重要になってくるのはレンズとセンサーです。
コンパクトデジカメなどでは特にセンサーは重要です。2009年頃から暗いところでもノイズを少なく撮影できるようになりましたが、これはセンサーが進化した結果です。

従来、暗いところで撮影するためには、ストロボを使用したり、明るいレンズを使用したりする必要がありました。しかし、センサーの性能が向上すれば、不自然な光になりがちなストロボを使う必要はなくなり、明るいレンズを使用できないコンパクトデジカメでも、うす暗いレストランなどでも自然な撮影ができるようになります。

このセンサーにも様々な物がありますが、センサーの性能を決める上で非常に重要なのがセンサー自体のサイズです。

一般的にカメラのセンサーサイズはカタログなどを見ると、1/1.7や1/2.3のように分数で表示されています。これは対角をインチで表示した物でわかりにくいですが、分数なので、分母が大きい方がサイズが小さいセンサーとなります。

同等の画素数で、センサーサイズを比較すると、サイズが大きい方が1つ画素にとらえられる光が多くなるため画質は高くなります。つまり、画素数がほぼ同じなら、センサーサイズが大きい方が高画質となります。

ただし、1/1.7と1/2.3は縦横のサイズが、1/1.7で7.6mm x 5.7mm、1/2.3は6.2mm x 4.7mm程度になり、物理的なサイズはそれほど変わりありません。
しかし、一般的なデジタル一眼レフで使われているAPS-Cサイズは22.2mm x 14.8mmで1/1.7と比べても縦横のサイズが3倍近く、面積比だと7.6倍にもなっています。こうして比べるとコンパクトデジカメよりも、一眼レフがいかに高画質かわかるかと思います。

同じセンサーサイズで比較すると、画素数が少ない方が1画素あたりの面積が大きくなり、光の取り込み性能はあがります。単純に画素数が多ければいいわけではない理由はこの辺りにあります。

最近の携帯電話はセンサーサイズが公開されていませんが、1/2.3より小さい物を採用している場合が多く、携帯電話よりもコンパクトデジカメの方が高画質となります。

また、イメージセンサーのサイズが大きくなると、レンズもそれに合わせて大きくする必要があります。これも高画質化に影響しています。レンズが大きくなるとコストも跳ね上がります。

まとめ
同等画素数のカメラでもセンサーサイズによって画質は異なる。
センサーサイズは大きければ大きい方が高画質。