100Gbpsを実現する高速ポートThunderbolt(サンダーボルト)とは

Appleが2011年2月に発表した、最新のMacBook Proに搭載したLight Peak (インテルのコード名)ことThunderbolt I/Oは、USB 3.0やその他のインターフェースに比べ非常に高速なポートとなる。

現在、一般的に使われているインターフェースのUSBポートと言えば、USB 2.0のことだが、この最高転送速度は480Mbps。
2010年頃から対応機種が増えているUSB 3.0は5Gbps。

一方、Thunderboltは10Gbpsから始まり、将来は100Gbpsになる予定だ。

この速度感はイマイチわかりにくいかもしれないが、現在のインターネット接続速度は速くても100Mbpsで、携帯電話系のネットワークでは10Mbps出ていれば高速な方だ。これらと比べて1000倍の速度で、コンピューターと各種周辺機器が接続できるようになる。これだけ速くなれば、データ転送はもちろん、それ以外の用途でもこのポートを使えるようになる。

一般的に使われているUSBは基本的に後方互換性があり、USB 3.0に対応していれば2.0と混在して使うことが出来る。ケーブルも互換性があるため、古い物を使い回すことも出来る。もちろん、USB 2.0対応機器をUSB 3.0に接続したりしても速度はUSB 2.0のままだし、USB 3.0で2.0のケーブルを使用しても速度は2.0相当になるが、この互換性は古い機器などとの接続など、使い勝手には重要な要素だ。

一方、ThunderboltはUSBとは異なるコネクタとなる。
THunderboltの開発元となるインテルは、Light Peakと呼ばれていた頃の技術デモの段階でUSBコネクタを使用していたが、最終的には異なるコネクタとなったようだ。

そもそもこのコード名Light Peakはその名前から予想が付くかもしれないが、光ファイバーを使用することが予定されていた。2011年に登場した段階では銅線が使われたが、将来は光ファイバーが使われる可能性もある。

現在のパソコン内部でHDDやSSDが接続されているのは、SATAという規格のポートだが、この最高速度は6Gbpsだ。初期のLight Peakでさえ、この2倍の速度で転送可能だからいかに速いかは予想に付くだろう。

将来100Gbpsとなっても使い道に困りそうだが、単にコンピューターとHDDなどの周辺機器とのデータ転送に使うだけではなく、ディスプレイやカメラなどのほとんどの周辺機器の接続用に使われる可能性がある。
現在、ディスプレイはディスプレイ用のケーブル、USBなど、各種インターフェースのコネクタとケーブルはそれぞれ別々だが、Thunderboltだと転送速度が余るほど速くなるため、全ての接続ケーブルをこれ一つにまとめることが技術的に可能となる。
こうなると、ケーブルやポートの位置などを意識することなく、全てのデジタル機器が1つのケーブルで接続できるようになる。数珠つなぎ(デイジーチェーン)で接続できるなどすれば、各機器との接続も今まで以上にわかりやすくなるだろう。

USBの登場で、周辺機器との接続はかなり簡単になったが、このThunderboltが普及することでコンピューターをより簡単に使えるようになる可能性がある。

そんな、THunderboltが2011年にAppleのMacBook Proで使えるようなったのは、USBを採用した初期のiMacと匹敵するくらいの後世にも残るニュースになるのかもしれない。

Apple Thunderbolt
Thunderbolt Technology

Intel Research : Light Peak

Apple MacBook Pro

インテルの6シリーズチップセットリコールとは

インテルが2011年1月31日に、インテル6シリーズチップセットのリコールを発表した。
その後、2月7日に情報をアップデートし、2月中旬より対策品が出荷されることが発表されたが、PCメーカーにとってはPCを構成する主要部品に不都合が生じた事で非常に大きな問題となった。

今回の問題は、6シリーズチップセットにある3Gbps SATAポートに関する部分の設計ミスによる物。技術的な解説などはAnandtechのIntel Discovers Bug in 6-Series Chipset: Our Analysisなどを参照いただきたい。

このSATAポートとは、HDDやSSD、光学ドライブなどを接続するポートのことで、パソコンでは非常に重要で欠かせないインターフェース部分となる。
この問題になった3Gbps SATA以外に6Gbps SATAポートもあり、後者だけを使うならチップセット自体は問題なく使用できる。

このチップセットとは、CPUと直接接続されるPCを構成する重要な部品だ。PCで使われる主要な回路が、一つのチップとしてまとまった物だという解説だとわかりやすいだろう。
この6シリーズチップセットとは、インテルが2011年に出荷した第二世代インテルCoreプロセッサーファミリーに使われる唯一のチップセットだ。

第二世代インテルCoreプロセッサーファミリーとは、コード名Sandy Bridgeという新しいアーキテクチャ(設計)によるCPUで、2011年秋ころまでの主要な製品だ。
この新しいCPUを使うには6シリーズチップセットは欠かせない物で、どちらかが欠けてもPCとして使用することが出来ない。

Intel 6 Series chipset recall
インテルの6シリーズチップセット

こちらが、その構成図で、CPUに接続できるメモリー以外のHDDやSSDなど各種デバイスが直接接続されるのがチップセットという事がわかるかと思う。

Intel 6 Series Chipset
インテル 6シリーズ チップセット

これが、チップセット内の問題のある部分をわかりやすく模式化した物だ。
SATAは2種類あり、6Gbps SATAは問題なく、3Gbps SATA部分だけに問題が発生している。
ノートパソコンでは通常、HDDかSSDと光学ドライブの2つのポートしか使用しない。6Gbps SATAポートを2つしか使わない構成の製品ならチップセットに問題が発生していてもそのまま継続して使用できる。
このため、マウスコンピューターなどは、それを納得した消費者には問題のあるチップセットのまま販売を再開している。

この問題による各社の影響

一般には、このチップセット搭載のマザーボードは1月上旬から販売が始まり、大手メーカーの対応パソコンは1月下旬から出荷が始まったが、問題のないチップセットが出荷されるころまで出荷が止まる。既に出荷された製品の交換などの対応は、3月頃から順次始まる。

本来、1月から販売が始まり、2月頃からこの最新CPU採用製品の販売が本格化。日本では4月の新年度シーズンにあわせ、各社が採用製品の営業活動が活発化するはずだった。しかし、この問題によりこれらの出足がくじかれ、既に発表された製品の出荷も遅れるなどしている。

最新の高性能製品は通常、ハイエンドモデルにしか採用されないが、今回のチップセットも同じくハイエンドモデルを中心に採用されていた。各社、この問題となった製品を採用した割合は異なる物の、多いところはかなりの割合の製品が1ヶ月ほど販売できないという状態になった。

ネットブックが安い理由 2 Atomプロセッサーの登場

2008年から本格的に販売が始まったネットブックですが、この成功にはインテルのAtomプロセッサーの存在が欠かせないでしょう。

Atomプロセッサーは当初、産業用機械などに組み込まれるCPUや、手のひらにのせて気軽に使える電子手帳(Mobile Internet Device:MID)のような用途向けプロセッサーとして計画されていました。
しかし、Atomプロセッサーが発表された2008年前半にコンピュータ業界で注目されていたのは、このネットブックです。

ネットブック(Netbook)という名称が始めて登場したのは、2008年3月にドイツで行われた展示会CeBITでのインテルの発表会でのことのようでしたが、ASUSのEee PCが人気であることから、インテルもネットブックという新たなカテゴリを作り、そこにAtomプロセッサーを投入していくことを決めたようでした。

Atomプロセッサーは、もともと手のひらに乗るくらいの小型製品に採用されることを目指して開発された製品で、非常に小型、低消費電力であることから、ネットブックにも最適な製品でした。
なによりも、CPU自体のコストが低く、価格も安くできるため、コストダウンにもつながっています。

ネットブックが発売された当初は、インテルのCeleronやAtom以外にも、VIAのC7などのプロセッサーを採用したネットブックがありましたが、2008年後半にはほぼすべてのネットブックはAtomプロセッサー搭載になりました。
これも、Atomプロセッサーがコストや性能面で非常に優秀なことを表しています。

CPUに加えて、さらに小型、低コストに貢献したのはフラッシュメモリです。