スーパーコンピューターの話題で、スカラー型かベクトル型かという議論があります。そもそもこのスカラーとかベクトルとは何でしょうか? ものすごくわかりやすくすると、スカラー型は汎用的なパソコン。ベクトル型は専用の演算機というような感じです。 ベクトル型の方が演算が高速に出来るが、スカラー型は汎用品で速度はそこそこでコストが安いみたいな特徴があります。 もう少し詳しく書くと、ベクトル演算というのがありますが、これはスーパーコンピューターで行うような気象予測などの科学技術演算で多用する演算です。 専用のベクトル演算装置のあるスーパーコンピューターの方が、圧倒的に速いということになります。 しかし、スーパーコンピューターの世界ではベクトル型はほとんど使われていません。ほとんどのCPUがインテルやAMD製を採用したスカラー型となっています。 ベクトル型の技術を持っているのは日本のNECなどですが、スーパーコンピューターの採用例が少ないため、技術があってもあまり売れないというような状態です。 そんな中、NECがインテルと協業し、ベクトル型のハードやソフトに関する共同開発することが発表されました。 将来(2011年頃)登場予定のインテルのサーバー用プロセッサXeonにIntel AVX(Advanced Vector eXtentions)というベクトル演算機能が追加されます。 CPU開発の規模はますます巨大化し多くの投資が必要になります。技術があっても売れないのでは、開発に見合った回収が見込めません。 特にスーパーコンピューターのような単価が高くて数も出ない物では、開発に失敗しては会社自体の存続にも関わります。 そんな中、世界最大の半導体企業で、CPUのシェアも高いインテルが、今後さらに強化したいHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)の分野で、ベクトル型の技術のあるNECと組むというのは両社の利点を生かした選択であるといえるでしょう。 これによって、NECの技術が取り入れられる将来登場するXeonを使ったスーパーコンピューターは、スカラー型でありながらベクトルの機能も持った物となることが予想されます。 1980年代はCPUの種類でRISCかCISCかという議論がありましたが今ではほとんど語られることがありません。これはCISCがRISCの機能を取り入れるなどしたことが影響しています。 これと同じように、スカラー型とベクトル型の違いについても、将来は語られることはなくなることが予想されます。
Googleが企業や学校向けに提供しているG Suite(旧Google Apps)は、無料で提供しているGoogleアカウントとは管理方法などが異なります。 Gmail.comのメールアドレスなど、無料で提供しているGoogleアカウントではGoogleアシスタントをそのまま使えますが、G Suiteでは設定しないと使えません。 Googleアシスタントとは そもそもGoogleアシスタントをご存じでしょうか。 Google検索の音声検索とは異なり、個人向けに情報を提供するのがGoogleアシスタントです。 Googleアカウントの情報に合わせて個人ごとの検索結果などを表示したり、文字通りアシスタント的な動作をします。 利用するには、Androidの場合はホームボタンを長押し、iPhoneの場合はGoogleアシスタントアプリを使って利用します。 Androidで「OK Google」から呼び出す場合、どちらが呼び出されるかは設定によりますが、設定が適切ならGoogleアシスタントになります。 G SuiteでGoogleアシスタントを使う方法 G Suiteのドメイン管理からアプリを選びます。 G Suiteの管理者以外はこの操作はできません。利用したい場合は管理者にご相談ください。 アプリからその他のGoogleサービスを選びます。 ウェブとアプリのアクティビティを右側にある「・・・」を横にしたメニューからオンにします。 この状態で、GoogleアシスタントをG Suiteのアカウントに設定します。 ここまで設定すればGoogle HomeをG Suiteのアカウントで利用可能です。
日本では、数字を表現するときに小数点以下はピリオドを使用します。ピリオドは「.」で単なる点です。 一方で、大きい数字を表示するとき、わかりやすいように3桁ごとにカンマを加えて表示します。カンマはニョロみたいになっている「,」です。 例えば、ゼロ、テン、ゴパーセントを表現する場合は 0.5% となります。 四万千円なら、 4.1万円 と表示することもあります。 100万円を表示するときは 1,000,000円とカンマを使って読みやすいようにします。 10億円は 1,000,000,000円 です。 カンマをどの位置で入れるかがわかっていれば、大きな数字もすぐに読めます。 このカンマとピリオドは全く意味が違う物ですが、カンマとピリオドを間違えて表記し人は相当知識が無い無能な人間だと認識されます。
そもそもiPhoneのSafariでyoutube.comが開かないという方はこちらをご覧ください。 iPhoneやiPadで使われているiOSのSafariではYouTubeの画面を表示することが出来ます。 しかし、App Storeで提供されているYouTube Appと同様の画面になってしまうことがあります。このYouTube Appの画面をモバイル版と言います。 一方で、パソコンで表示したときと同じ画面はデスクトップ版(PC版)と言います。 このデスクトップ版に変更する方法はiOSのバージョンなどによって変わります。 今回はiOS 9.3.2(2016年6月)版での解説となります。 この方法については動画でも解説していますので、こちらも参照してみてください。 https://www.youtube.com/watch?v=8kq6Mfb9FLo https://www.youtube.com/watch?v=8kq6Mfb9FLo 右側がモバイル版、左側がデスクトップ版です。 デスクトップ版からモバイル版に変更したい場合、画面一番下のフッターを表示します。 ここにMobile Version(モバイル版)という表示があるので、ここをタップします。 デスクトップ版からモバイル版に戻す場合、右上にある「・・・」を縦にした白い点をタップします。 デスクトップ(Desktop、PC版)をタップします。 ここで、YouTube Appを開くかどうか聞かれます。 開くを選ぶとYouTube Appが開きます。 開かないを選択するとまたデスクトップ版を選ぶ画面に戻ります。 こうなると、デスクトップ版にすることは出来ません。 こうなった場合はYouTube Appを削除するしかありません。 YouTube Appを削除するには、アイコンを長押しすると「×」マークが表示され、アイコンがぶるぶる震えるので一旦そこをタップして削除します。 この状態でまたデスクトップ版を選ぶ画面に戻り、デスクトップ版を開くを選ぶと、デスクトップ版に切り替わります。 YouTube Appはまたインストールしましょう。 Safari上では二度とモバイル版に切り替えない方がいいです。 モバイル版と同じ画面はYouTube Appで表示できますので。
モダンPC(Modern PC)という用語が2016年頃から登場しています。 日本で初めにこの用語が公に出たのは、マイクロソフトがヨドバシカメラマルチメディアAkibaでWindowsコーナーを開設した時です。 ここで2012年頃までの普通のパソコン(モダンPC)を使っているユーザーに、最新のパソコンの機能を訴求したいということを訴えました。 2016年現在、今までなかった機能を持つパソコンが続々と登場しています。これが登場するきっかけの1つがUltrabookでしょう。 インテルがUltrabookを提唱したのは2011年のことでした。Ultrabookは薄型軽量のノートパソコンのことと言ってもいいでしょう。 Ultrabookに準拠するような製品は以前からありましたが、価格が高いとか特定メーカーしか設計製造できなかったというような問題がありました。 これをより手ごろな価格で入手できるようにする動き自体がUltrabookだったとも言えます。Ultrabookの最終目標はUltrabookの様な製品の普及でした。その結果、Ultrabookを超えるWindowsタブレット、例えばMicrosoftのSurfaceのような製品が徐々に普及しています。 実際にSurfaceや、同等の機能を持つ製品は各社から登場しています。 さらに、ペン入力や、顔認証といった新しい生体認証の仕組み、クラウドを活用した新しい使い方も広がっています。 各種サービスを活用しつつ、新しい使い方が出来るのが最新の製品です。しかし、昔ながらのパソコンを使い続ける方も多いです。 古い製品を使い続けているだけならともかく、新しいパソコンを選ぶ際も従来同様の機能しか使わない場合も多いようです。 今後、新しい機能を持たない昔ながらのパソコンを「モダンPC」と定義していくようにするようです。 モダンPCと新しいPCとの機能、ユーセージモデルの差で、利便性、生産性がどう向上していくのかを訴求するために、古い昔ながらのパソコンを「モダンPC」としていくようです。

人気

最新