Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
デジタル商品の選び方 | わかるナビ
ホーム デジタル商品の選び方

デジタル商品の選び方

デジタルグッズの購入方法。良い製品の選び方、いかに安く買うか。

デジタルカメラを使う利点の一つに、コンピュータを使った撮影後の加工があります。 ネガで撮影しても、現像するときに、やり方一つでプリント結果が変わってきますし、RAWで撮影して、自分好みに現像して楽しんでいる方も多いようです。 しかし、デジタルで撮影するなら、その利点をさらに突き進めましょう。 その一つが、今回紹介するHDR(High Dynamic Range:ハイ・ダイナミック・レンジ)もその一つです。 デジタルカメラなど、映像を撮影する機材はその性能上いくつかの限界があります。 ダイナミックレンジもその一つで、カメラで明るいところを撮影すると、明るいところばかりが撮影され、暗いところが暗くなりすぎ、暗いところを撮影すると、明るいところが飛んでしまうということがよくあります。 これは、カメラのダイナミックレンジが人間の目よりも狭いことから来る仕方のない仕様です。 このためには、逆行を避けたり、明るいところでも、暗いところが写るようにわざとストロボをたいたり、レフ板を使用したりしますが、露出設定を変えるだけでもある程度見栄えのする写真になります。 今まで、カメラ撮影の際に露出を変えたことがなかった方は、同じ被写体で、いくつか露出を変えて撮影してみてください。今までとは違った感じになっているはずです。 例えば、次のようになります。 これでも、それなりに撮影できていますが、露出を前後に振った場合は次のようになります。 こうしてみると、露出を-1.7にした場合は、空は写っているが影の部分が暗く。0.3EVのものは影の部分は良く写っているが、空が明るすぎという状態です。 この中間が、普通に撮影した場合(-0.7EVだけど)ですが、この露出を変えた物を合成したらどうなるのでしょうか? それがHDRによる画像の統合です。 それぞれの良いところ取りをして、今回の例では、空はより空っぽく、影の部分もきっちりと見えるようにするというのがHDRで加工する利点となります。 PhotoShopで先に紹介した3つの画像を自動的に統合した結果がこれになります。 よく見ないとわからないかもしれませんが、1枚目の画像に比べて、空の部分と影の部分が変わっていることがわかります。 今回はほぼ自動的に統合しましたが、統合方法にもテクニックがあり、もっと美しく加工できる方もいます。 また、HDRで加工するには、普通に撮影するよりも、被写体選び、 露出設定などが重用になりますし、HDR加工テクニックなどそれぞれに一工夫が必要となります。 それらのテクニックを磨く前に必要なのは、カメラ自体の機能です。 ここで重用になるのが、オートブラケット機能です。メーカーによって多少名称の違いはありますが、デジタル一眼レフにはほとんどの機種に付いていますが、コンパクトデジカメは付いていない事が多いです。 このオートブラケット機能は露出設定の延長的な機能で、一般的に、撮影時に露出を自動設定する機能のことを言います。 この機能を使えば、設定した幅の露出をシャッターを押すだけで撮影できます。 通常、普通に撮影した場合、暗くした場合、明るくした場合の3回撮影します。3回撮影するので、連写速度が速いと、三脚が無くても、被写体がある程度動く物でも対応できるので便利です。 キヤノンの場合はAEB、ニコンはAEブラケティングという名称になっています。 これらの機能を使って撮影した画像を、PhotoShopやPhotomatixなどのソフトを使って加工することになります。 それなりに技があるようですが、FlickrなどでHDRをキーワードに検索するとものすごい画像が見つかります。 うまく撮影し、加工できれば、あなたも普通の撮影では出来ない画像を得られるようになります。 注意 ブラケット機能は露出以外にも各種設定を変更できる機能を持つカメラがあります。 まとめ オートブラケット機能のあるカメラで、露出を変えて撮影する 撮影したデータを統合してダイナミックレンジの広い画像に加工する
キングジムのデジタルメモ、ポメラの新製品が発表になりました。 2008年11月に発売になったポメラDM10の上位モデルという位置づけの、ポメラ プレミアムモデルDM20は液晶が大型化し、テキスト入力に関する部分が強化されました。 パッと見は従来モデルと変わりませんが、内部はかなり強化された製品です。 画面サイズが4インチから5インチへ大型化されたのは、わかりやすい部分です。 液晶が大きくなり、文字サイズも従来は3サイズだったのが、7サイズに増えました。 肝心の文字入力機能では、1ファイルあたりの全角文字数は8,000文字から28,000文字へ、内蔵メモリに1,000ファイル保存できるようになりました。 また、フォルダ構造も設定できるようになっています。 キーボードは基本的にDM10と同じですが、キーバインドの設定が出来るようになっています。 CtrlとCapsキーを入れ替え、insキーと前候補キーの機能を別の機能に入れ替え。修飾キーをロックするなどの機能があります。 通信機能は従来通りありませんが、入力中のファイルの内容をQRコードで表示する機能があります。 QRコード一つで表示できる文字数には制限がありますが、複数のQRコードを表示し、それぞれのQRコードを読み込み、携帯電話などに取り込むことが出来ます。 バッテリは、通常のアルカリ電池に加えて、三洋のエネループにも対応しました。 見た目は同じですが、テキスト入力機能を中心に機能が大幅に強化されています。 DM10DM20 画面サイズ4インチ5インチ 大きさ(mm)145×100×30145×100×33 使用時大きさ(mm)250×110250×110 重さ(電池込)340g370g 価格(税込)27,800円34,650円 http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm20/
2013年9月に発売される、iPhone 5sおよびiPhone 5cからソフトバンク、au、ドコモでiPhoneを正式に利用可能となった。 これで事実上日本の全携帯電話ユーザーがiPhoneを選べるようになったわけだが、どこの通信キャリアで使うのがいいだろうか。 通信料金自体は各社争っているため事実上ほぼ同一。 加入時の割引などは、今後その時々によって変わってくるため、なるべくお得に加入するならそのときに行われているキャンペーンなどを比べてみるのがいいだろう。 それよりも各社の特徴が出るのが、それぞれのサービスと通信そのものの品質。 ドコモはiPhoneを初めて扱うようになったため、各種サービスがiPhoneに対応しない。 例えばいわゆるキャリアメールというeメールサービス(@docomo.ne.jpのメール)の対応は遅れるし、今後いくつかの問題が発生することが予想される。 また、各社が行っている独自サービスはiPhoneでは事実上利用できなくなる物が多いため、iPhone以外の機種でそれぞれの独自サービスを愛用している場合、iPhoneの利用自体は考え直した方がいいだろう。 その中でも、iPhoneで利用できるサービス自体はそれぞれ用意されており、興味があるなら各社のサービス内容を比較検討するのも悪くはない。 最も大きく特徴が出るのは通信品質そのものだ。 iPhoneに限らず携帯電話は機種により利用できる周波数などが異なる。 ドコモはドコモの周波数にカスタマイズするなどした機種を従来は販売していたが、iPhoneではアップルから提供される製品をそのまま販売するためそれが出来ない。 このため、iPhoneが対応する周波数と、各社がサービスしている周波数の関係で有利不利が出てくる。 2013年後半現在で最も有利なのは800MHz帯と、2.1GHz帯が利用できるauだ。 ただし、これはスペック上だけの数値で実際に快適に利用できるかどうかは、他の利用者がどう使っているかなどの混雑状況、利用できる地域などのアンテナの数、電波が届く範囲や距離などのアンテナや通信状態などの品質などによって異なる。
最近ではテレビやカメラ、パソコンなど各種電子機器は中国で生産される割合が多くなっている。 もちろん、日本で製造している日本ブランドの製品も少なくないが、それほど多いわけではない。 しかしながら、それらの製品で使われている特に汎用ではない高度な製品の多くは日本製が多い。日本で製造される部品は、その工場で何らかの問題が発生した場合に大きな影響を受ける。さらに、その部品に使われる部品や原料は同じく日本から供給されていることも多く、それらの部品や原料が供給されなくなると末端製品までに影響を与える。 これらが部品を供給できなくなることとの短・中期的な影響だ。 長期的には、海外で半導体を初め、様々な製品が製造されつつあるが、それらの製造に使われる機器は日本製であることが多い。製品が日本製でなくても、日本製の部品や材料を使用していることは、一般的な電子機器と同様に多い。 これらの機器を供給できない、部品を供給できなくなると、各種機器の製造に影響する。短期的にはそれほど影響なくても、長期的には何らかの影響が出てくることは必死で、各種計画に影響を及ぼすだろう。 これが中・長期的な影響だ。 2011年3月に発生した地震・津波の影響によって、原料から最終製品の組み立てなど様々な業種の工場が被害を受けた。 それらの物流のための燃料も、全体では不足していない物の、燃料の物流系統が一時的に麻痺した影響で、混乱が続いている。
Android(アンドロイド)はグーグルが開発しているスマートフォンやタブレット向けのOSだ。 一般的にスマートフォンでAndroidと呼ばれている物があるが、これはOSにAndroidを採用しているだけのことであり、それ以上の意味は無い。 ちなみに、AppleのiPhoneはiOSというAndroidとは違うOSを採用しており、iPhoneとAndroid OS採用スマートフォンは全くの別物だ。 このAndroidはGoogleが2005年にAndroid社を買収したことから始まる。Android社を立ち上げた現Googleのモバイル部門シニアバイスプレジデントのアンディ・ルービンは欧米などで一定の人気を得たSidekickという端末を開発したDanger社の創業者でもある。同社がMicrosoftに買収された後立ち上げた後に立ち上げたのがAndroid社だ。 GoogleがAndroidを買収した後、2007年に概要が公開され2008年10月にT-Mobile G1が発売された。 その後、何回かのバージョンアップを経て2009年9月に公開されたバージョン1.5から複数の端末が登場することになる。 コンピューター関連業界では、バージョン番号などを開発中はコード名で呼ぶことが多く、Androidもこのコード名がよく使われる。コード名は開発者などが好きな地域の名前、スーパーヒーローの名前など既存の何かが使われることが多いが、Androidの場合はお菓子の名前が採用されている。 Androidの主なバージョンとコード名 1.5 Cupcake 2009年4月 1.6 Donut 2009年9月 2.0 Eclair 2009年10月 2.2 Froyo (Frozen Yogurt) 2010年5月 2.3 Gingerbread 2010年12月 3.0 Honeycomb 2011年2月 4.0 Ice Cream Sandwich 2011年11月 パソコン向けのOSであるWindowsやMac OS Xはバージョンが進んでもそれほど機能は増えないが、Androidに限らず、スマートフォン向けのOSは進化が激しく、バージョンアップするたびに高機能になる。 関連機器の開発も激しく、それらの関連機器に対応するための追加機能もたびたび発生している。パソコン向けのOSのバージョンアップはおおよそ2年おきなのに対し、Androidのバージョンアップは半年程度と非常に短期間で更新されている。 OSは2世代古くなるとハードウェアの対応が遅れるなどして陳腐化が激しくなるが、Androidの場合、1年ほどでハードウェアが陳腐化する傾向にある。

人気

最新