Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
デジタル商品の選び方 | わかるナビ
ホーム デジタル商品の選び方

デジタル商品の選び方

デジタルグッズの購入方法。良い製品の選び方、いかに安く買うか。

マイクの基本

PCなどの技術が進歩したおかけでオーディオやビデオなど、様々なコンテンツを手軽に作成できるようになりましたが、圧倒的にプロと素人との差が付いているのが、マイクなどオーディオ関連技術。 特に、マイクに関しては、パソコン本体やビデオカメラなどに付いている物をそのまま使用したとしてもクオリティはかなり低い。 映画収録や音楽収録は当然として、ちょっとした街頭インタビューのTV番組収録でも専門のマイク、音量設定などに複数人が関わることも多く、それを手軽にできるマイク内蔵ビデオカメラで、カメラマンが設定もせず、プロのクオリティに追いつけるわけがない。 また、それに少しでも近づくためにはどうしたらいいかというのも、ネット上には探せばいくつかある物の、手軽な書籍などがないのが現状だ。 今回は、マイクの基本を紹介しよう。 マイクの基本 マイクは大きく分けて2種類あり、コンデンサーマイクとダイナミックマイクの2つに分けられる。 パソコンや一般のビデオカメラに内蔵されているマイクはコンデンサーマイクと言われる物だ。一方、記者会見や歌手が使っているようなマイクはダイナミックマイクという物が主流だ。 一般的に、ダイナミックマイクはキャノン端子(XLR等とも言われる)というiPodなどのヘッドフォン用に使うようなプラグとは全く違うプラグを使用する。プラグ形状はもちろん、それぞれの特性が異なるので、そのマイク端子に合わせたマイクを使用する必要がある。 例えば、パソコン用のマイク端子はコンデンサーマイク用に設計されているので、ダイナミックマイクはそのままでは使用できない。一般のビデオカメラにマイク端子がある物は数えるほどしか無いが、ここにあるマイク端子もコンデンサーマイク用に設計されている。 一方、プロ向けの機材では一般的にキャノン端子だけが用意された製品がほとんどだ。 マイクの特性 それぞれのマイクは、形なども異なるが、特性が全く異なる。 例えば、ICレコーダーなどに搭載されているマイクは、無指向性のマイクが搭載されていることが多い。この無指向性マイクはどの方向から入った音も全て録音できる。 たとえて言えば、特に耳を澄ましていない時の人間の耳のような物だ。 このマイクなら、どの方向から音が来るかわからないような収録の時に役に立つ。インタビューなどの際は、マイクの方向を向けるのが難しいためよく無指向性マイクが使われる。街の雑音も入ってしまいがちなのが難点だ。 一方、声だけ確実に収録したく、周りの音声をなるべく収録したくないような場合は、単一指向性マイクを使用する。ライブなどで歌手が使うようなマイクはほとんどがこの単一指向性マイクだ。 このマイクなら、ライブなど大音量がなっているところでも、マイク近くの音のみを集中して収録できるので、近くのスピーカーから出ている大きな演奏はマイクに入ることがない。 この単一指向性マイクをさらに強化した超単一指向性マイクなどもある。 このように、マイクの特性、方式などを機器や収録目的に合わせて変更する必要があり、それぞれのマイクがどのような性能なのかも見極めた上での設定が必要となる。 この辺りの知識と経験が優れているのが、各映像の収録現場に欠かせない音声収録のプロだ。 画像はだれでも比較的簡単に収録できるが、音声が難しいのはこの知識と経験を自動化する事はなかなか出来ない。
AmazonのKindleで本格化した電子書籍だが、Amazonは英語コンテンツを中心に展開し、事実上日本語の書籍はなく、一部アップルのiPadなどにコンテンツが提供されたり、従来型携帯電話は漫画などが提供されるのみだった。 2010年の年末に来て、ソニーのReader(リーダー)やシャープのGALAPAGOS用のメディアタブレットなど、日本語にも対応する本格的な電子書籍用端末が続々と登場している。 Kindleなどを既に所有している方も多いと思うが、Amazonがいつ日本向けのサービスを開始するかわからない中、日本の本格的なサービスを受けられる端末は興味深いところだ。 読書好きには、紙の本はともかくとして、電子書籍を体験してみたい、購入してみようかなと思っている方もいるだろう。 電子書籍端末とは 現在の電子書籍端末といわれる製品、それに近い製品をいくつかピックアップすると次のようになる。 Amazon Kindle Barnes & Noble NOOK シャープ GALAPAGOS メディアタブレット ソニー Reader Apple iPad Samsung Galaxy Tab 各種スマートフォン この中で、Appleは自社の書籍サービスを開始しているが、iPad自体は純粋な電子書籍端末とは言えない。Galaxy Tabもどちらかといえば大きめなAndroid端末で純粋な電子書籍端末ではないだろう。スマートフォンも同様だ。 シャープのメディアタブレットは将来、iPadの様な多機能端末を目指しているようだが、現在の所、電子書籍端末と言えるだろう。 B&NのNOOKはカラー版を投入し多機能端末になろうとしているが、電子書籍端末と言えるだろう。 AmazonのKindleとソニーのReaderは、将来も文字表示が主となる純粋な電子書籍端末といっても問題ないだろう。 ここで純粋な電子書籍端末と分類した製品は、E Ink(イーインク)などの電子インク使用デバイスである。電子インクはカラーの発色、表示速度などに問題があり、まだ文字をじっくりと読むような端末にしか向いていない。 一方、液晶(有機EL含む)を採用した製品はカラー表示などが可能だが、高速な表示性能などもあり、動画なども表示可能な多機能端末に使用可能だ。 液晶などを採用した端末は、その機能を生かすべく、どうしても電子書籍端末にも使える多機能端末になってしまう。 電子インクを採用したデバイスは書き換えが遅いなどの欠点はある物の、文字表示が主体の電子書籍端末には問題ない。 液晶と電子インクの利点と欠点 液晶と電子インクの利点・欠点を比較するとこのようになる。 電子インク液晶など カラー難しい(高価)問題ない 書き換え速度遅い非常に速い 発色良くない良い 消費電力非常に低い高い 太陽光下での視認性問題ない悪い 暗所での視認性見えない問題ない この比較で注目なのは、消費電力と太陽光下での視認性である。 液晶を使用した端末は10時間程度動作する物もあるが、どれもフルに使用した場合、何とか1日使える程度の駆動時間でしかない。 一方、電子インクはページめくりなどの表示書き換え時にしか電力を消費しないこともあり、通常の利用方法で数週間利用可能だ。 電子インク使用デバイスは、週末や数週間に一度など、気が向いたときに数時間充電するだけで問題なく使用できる。 一方、液晶使用デバイスは、使用頻度がそれほど高くなくても、少なくとも数日に一度は充電しなければただの板になりかねない。 太陽光下での視認性は電子インク 太陽光下での視認性の良さは、電子インクデバイスの特徴だ。液晶の場合、影に入っても屋外ではほとんど見えなくなる事が多いだろう。 しかし、暗いところでの視認性となると、電子ペーパーは基本的に紙に印刷された文字と同じなので見ることが出来ない。液晶は電卓などに使用されている反射型液晶などを除き、自ら発光しなければ表示が不可能なデバイスなので、暗所でもまぶしいくらいに表示可能。 この、まぶしいという部分で、液晶では長時間文字を読むデバイスとして適していないとか、読んでいると疲れるという意見もある。電子インクは紙に印刷されて文字と同等の表示なので、どちらかというと液晶よりも疲れないという方が多いようだ。 このように、電子書籍端末の表示機能には大きく分けて2種類あり、どちらも利点・欠点があるという点に注目しよう。
新しいプラットフォームが普及するまでの道のりは険しい。 日本国内で、FAXが使われ始めたのは1980年頃からだが、家庭へ普及するまで20年近くかかった。その後、電子メールなどに駆逐されようとしているが、登場から普及までの道のりはかなり険しい。 携帯電話は、本格的に使われ始めた1990年初めから10年程度でほぼ普及したが、これも10年近くかかっている。 電子ブックリーダーは、各社が参入しようとしたがコンテンツの問題もありどこも失敗。唯一成功したのが、AmazonのKindleだ。 Kindleが登場したのは2007年。自社の強みを生かし、コンテンツが充実していたためか、それから1年半程度で読書愛好家などに売れた。 読書デバイスとしてそこそこ売れてはいるし、PCやiPhoneなどのスマートフォンで読めるアプリも提供しているが、電子ブックを本格的に売るためには、文字が読みやすいデバイスをユーザーが実際に所有している必要がある。 2009年になると、米国以外にも海外にも販売を開始し、世界各国で売れたようだが、Amazonが電子ブック市場で覇権を得るためには、デバイス自体をさらに普及させなければならない。 現在は数百万台売れたとも言われているが、英語圏の人口を考えると、少なくともその数十倍のユーザーが実際にデバイス自体を所有している必要がある。 2010年は、Amazonに続こうと、電子ブックリーダーを各社が供給し様々なサービスが始まろうとしている。 価格自体は、横並びになるので、そのデバイス自体の機能や、コンテンツのサービスなどがデバイスが売れるかどうかの焦点となる。 Amazon以外は、ePubというフォーマットを基本とし、よりオープンな市場へ参入しようとしている。Amazonはmobipocketベースの自社独自のフォーマットで、コンテンツ販売も含めて独占しようとしているようだ。 最終的にどちらが勝利するかは、デバイスの普及と、コンテンツの供給などにかかっているが、Amazonはデバイス自体を事実上無料で配布始めた。 Kindleは2万5千円程度で販売されているが、一部ユーザーに無料で使用させ、気に入ったら代金を払う。気に入らなかったら、代金を払わないでもいいし、返品もしないでもいいという制度だ。 さらに、Amazon Primeという米国で2日以内配送が無料になる制度(年間US$79)に加入している方に、Kindle自体を無料で配布することにしたようだ。 当初、一部ユーザーに限定していたが、おそらくこれは書籍を多く購入していた方にオファーしていた物と思われる。Amazon Primeは、よくAmazonで買い物をするユーザーが加入する物で、書籍の購入も比較的多いユーザーだろう。 これらの、潜在Kindleユーザーに事実上無料でデバイスを配布することで、他社を牽制する意味があるのだろう。 ユーザーがいなければ、サービスも充実しない。充実したサービスでなければユーザーが増えない。というジレンマがあるが、ユーザーを初めは赤字になっても増やすことで、サービスを充実させ、他社の端末やサービスを引き離そうというAmazonの戦略は他社にとって驚異だろう。
Amazon.co.jpがAmazon.comなどに続き、音楽ファイルのMP3ダウンロードを2010年11月に始めた。 Amazon.comがこのサービスを始めたのは2007年9月なので、遅れる事3年という事になるが、始まる事自体は歓迎したい。特にDRMフリーであることはユーザーにとって利便性が非常に高く、今後のサービスの進化にも期待したいところだ。 とは言う物の、今回始まったサービスの価格をみると、アメリカでの価格よりはだいぶ割高だ。日本では音楽や映画のコンテンツ自体、アメリカと比べると高いが、それをそのまま反映した価格となっているようだ。 日本では1曲あたり150円が基準のようだが、アメリカでは$.99となる。為替の問題もあるが、感覚としては日本の価格はアメリカに比べ1.5倍という感じだろうか。 アルバムも日本では1500円程度に設定されている事が多いようだが、アメリカでは$7.99となっている。 これはCDと比較するとわかりやすいかもしれないが、アメリカのAmazon.comではCDは$9.99程度で販売されている事が多い。つまり、ダウンロード版の方が安いわけだ。日本では1500円となっているが、日本で一般的に販売されるCDは2種類あって比較しにくい。 輸入版は1500円から2000円で販売されている事が多いが、ダウンロード版と比べると若干安い程度でしかない。独自のライナーノーツなどが加わっている事が多い国内版は2500円から3000円程度で、ダウンロード版に比べると倍近くする。 こうみると、Amazon.co.jpのサービス価格は、iTunesなど他のサービスの価格と横並びかつ、国内版販売業者と調整したであろう事がよくわかる。 また、DRMフリーという事で、iTunes同様に対応する邦楽がかなり少ない事は前年と言わざるを得ない。 少なくとも、毎月大量に購入するような洋楽ファンにとって、Amazon.co.jpは利便性は高まる物の、従来同様、CDを自分で輸入するのが安上がりになる事は間違いない。
スマートフォンの普及が徐々に進んでいるが、2012年に入るとスマートフォンからの情報漏洩が一般のニュースでも話題になっている。 どこまでを情報漏洩とするか、何を情報漏洩とするかは難しいところだが、インターネットを使っていれば、IPアドレスやブラウザに何を使っているかなどの情報は、接続先のサーバーにはわかる。さらに、検索結果などから表示する広告を厳選するような事まで出来るような仕組みがインターネットにはある。 これはインターネットの技術上防ぐのが難しい部分だが、メールや電話帳の内容など通常送信しない情報まで送信してしまうウイルスのようなソフトが、スマートフォンでもたびたび見つかっている。 スマートフォンのアプリはアプリストアなどからダウンロードするのが一般的だが、それ以外の手段で入れることも可能。 例えば、Androidはアプリストア自体をGoogleが提供しているGoogle Play(旧Android Market)や、その他の携帯電話会社のアプリストアなどいくつもあり、様々なところからダウンロードできる。 一方で、アップルのiPhoneはアップルのApp Storeからダウンロードすることしか一般ユーザーには出来ない。 アップルのApp Storeは登録されているアプリをすべてアップルが審査しており、ウイルスなどのアプリは基本的に無い。もちろん、アップルの審査をかいくぐるようなウイルスが出てくるような事も考えられるが、その可能性は非常に低い。 一方、AndroidのGoogle Play(旧Android Market)は基本的に審査なしに登録されたアプリが多く、どれが正常なソフトなのかウイルスなのかは一般ユーザーには判断が出来ない。 当然ながら、問題が発覚すれば、Googleが公開を止めるのでその点では安心できるが、情報流出などの被害を回復することは出来ない。 AndroidではGoogle Play以外に登録するソフトを事前にしっかり審査するマーケットもあるが、審査のレベルもいくつもあり、それが完全なことは無いので、完全に信頼することは出来ない。 基本的に、AndroidよりもアップルのiPhoneの方が、審査が厳しいため安全と言えるが、今後、その審査をかいくぐるようなウイルスが出てくる可能性はゼロでは無い。 Androidも使うアプリを開発元が著名で、定番となっているようなソフトだけに絞れば安心度が高い。情報漏洩するかどうかはアプリと本人の使い方次第だ。 まとめ 情報漏洩を防ぐにはアップルのiPhoneがお勧めだが、これが完全なわけでは無いし、Androidでもダウンロードアプリを厳選するなどすれば、その問題も少ない。 結局は使う人次第。

人気

最新