Warning: Use of undefined constant wp_cumulus_widget - assumed 'wp_cumulus_widget' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kamikura/www/wakaru/wp-content/plugins/wp-cumulus/wp-cumulus.php on line 375
デジタル商品の選び方 | わかるナビ
ホーム デジタル商品の選び方

デジタル商品の選び方

デジタルグッズの購入方法。良い製品の選び方、いかに安く買うか。

デジタルカメラの本体は、各販売店で競争しているので、どこでも比較的安く購入できます。 本体をどこで買うかは、悩み多いところだと思いますが、安くても数万円と比較的高額で、故障したときのことなどを考えて、ネット通販ではなく、比較的信頼の出来る大型の家電量販店で購入することも多いようです。 実機を展示してある家電量販店で購入する利点は、似たような機種をいろいろと試せ、比較的知識豊富な店員の説明を聞けるという点です。 また、大手量販店ではポイント制度があるので、これが楽しみな方も多いようです。 具体的には、いろいろ見比べて、デジカメ本体を3万円で購入し、ポイント10%で3,000円になるので、これでメモリーカードの費用にするという購入方法です。 大手家電量販店では、デジカメに限らず、パソコン、テレビなどの高額商品は利益を削って比較的値頃感を出しながらも、ついで買いされるメモリーカードや各種ケーブルなどで利益を出すという販売戦略をとっており、ポイントでついで買いするのはカモでしかありません。 具体例を出すと、 デジカメのメモリーカードなら2009年6月現在、8GB程度が撮影枚数、価格の点からコストパフォーマンスが高いですが、東芝のClass 4対応8GB SDHCカード SD-C08GT4で比較すると 比較的安く販売されているAmazon.co.jpの価格で2,140円 店舗とほぼ同じヨドバシ.comでは5,470円で15%ポイント還元 と、実に2倍以上の差となっています。 実はこの差は全く同じ製品ではなく、Amazon.co.jpでの価格は海外パッケージ品SD-K08GR5W4の価格であり、ヨドバシカメラ.comで販売されている国内品ではありません。Amazon.co.jpの国内パッケージ品価格は4,034円でそれでも安いですが。 それぞれの価格は2009年6月14日現在 もちろん、中身は同じ製品ですし、メモリーカードは初期不良さえなければ説明書も必要ない製品なので、海外パッケージ品でも不都合はありません。 この例では東芝の製品なので、ブランド力もあり商品自体は安心できます。 東芝のような日本で有力なブランド品ではない、例えばTranscendなどの製品なら、同じ8GBでもAmazon.co.jpで1,980円とさらにお買い得価格になっています。 秋葉原などでは、さらに若干安く販売されている例もあり、ポイントで買うよりも、別の安い店舗で購入した方がお買い得です。 心配なのは、メモリーカードがデジカメで認識しない場合がある、安いのはメモリーカードが壊れる可能性があるという点ですが、一般的にはそんな心配はありません。 メモリーカードならTranscend、Sundisk、東芝、ハギワラシスコム、Kingstonなど大手ブランド品なら全く問題ありませんし、それ以外でも問題になることはほぼ無いでしょう。
Appleが2011年2月に発表した、最新のMacBook Proに搭載したLight Peak (インテルのコード名)ことThunderbolt I/Oは、USB 3.0やその他のインターフェースに比べ非常に高速なポートとなる。 現在、一般的に使われているインターフェースのUSBポートと言えば、USB 2.0のことだが、この最高転送速度は480Mbps。 2010年頃から対応機種が増えているUSB 3.0は5Gbps。 一方、Thunderboltは10Gbpsから始まり、将来は100Gbpsになる予定だ。 この速度感はイマイチわかりにくいかもしれないが、現在のインターネット接続速度は速くても100Mbpsで、携帯電話系のネットワークでは10Mbps出ていれば高速な方だ。これらと比べて1000倍の速度で、コンピューターと各種周辺機器が接続できるようになる。これだけ速くなれば、データ転送はもちろん、それ以外の用途でもこのポートを使えるようになる。 一般的に使われているUSBは基本的に後方互換性があり、USB 3.0に対応していれば2.0と混在して使うことが出来る。ケーブルも互換性があるため、古い物を使い回すことも出来る。もちろん、USB 2.0対応機器をUSB 3.0に接続したりしても速度はUSB 2.0のままだし、USB 3.0で2.0のケーブルを使用しても速度は2.0相当になるが、この互換性は古い機器などとの接続など、使い勝手には重要な要素だ。 一方、ThunderboltはUSBとは異なるコネクタとなる。 THunderboltの開発元となるインテルは、Light Peakと呼ばれていた頃の技術デモの段階でUSBコネクタを使用していたが、最終的には異なるコネクタとなったようだ。 そもそもこのコード名Light Peakはその名前から予想が付くかもしれないが、光ファイバーを使用することが予定されていた。2011年に登場した段階では銅線が使われたが、将来は光ファイバーが使われる可能性もある。 現在のパソコン内部でHDDやSSDが接続されているのは、SATAという規格のポートだが、この最高速度は6Gbpsだ。初期のLight Peakでさえ、この2倍の速度で転送可能だからいかに速いかは予想に付くだろう。 将来100Gbpsとなっても使い道に困りそうだが、単にコンピューターとHDDなどの周辺機器とのデータ転送に使うだけではなく、ディスプレイやカメラなどのほとんどの周辺機器の接続用に使われる可能性がある。 現在、ディスプレイはディスプレイ用のケーブル、USBなど、各種インターフェースのコネクタとケーブルはそれぞれ別々だが、Thunderboltだと転送速度が余るほど速くなるため、全ての接続ケーブルをこれ一つにまとめることが技術的に可能となる。 こうなると、ケーブルやポートの位置などを意識することなく、全てのデジタル機器が1つのケーブルで接続できるようになる。数珠つなぎ(デイジーチェーン)で接続できるなどすれば、各機器との接続も今まで以上にわかりやすくなるだろう。 USBの登場で、周辺機器との接続はかなり簡単になったが、このThunderboltが普及することでコンピューターをより簡単に使えるようになる可能性がある。 そんな、THunderboltが2011年にAppleのMacBook Proで使えるようなったのは、USBを採用した初期のiMacと匹敵するくらいの後世にも残るニュースになるのかもしれない。 Apple Thunderbolt Thunderbolt Technology Intel Research : Light Peak Apple MacBook Pro
2012年9月現在の最大容量 iPhone 5 64GB iPod touch 第5世代 64GB iPod nano 第7世代 16GB iPod classic 第6世代iPod 160GB この最大容量は、実はかなりの間変わっていないモデルが多い。 特にiPod classicは5年間変わっておらず、大量に音楽データを持ち歩きたい方には不満だろう。iPod nanoも4年間かわかっていない。 最近ではPC本体の容量が増えたことなどから、ロスレスフォーマットでデータを保存している方も多いだろう。この場合、最近のアップルが行っている256kbpsでのデータの4倍ほどの容量がある。 今の容量を突破するのはいつになるだろうか。 iPhone 16GB 2007年6月 iPhone 32GB 2009年6月 iPhone 3GS 64GB 2011年10月 iPhone 4S iPod touch 32GB 2007年9月 第1世代 64GB 2009年9月 第3世代 iPod nano 4GB 2005年9月 第1世代 8GB 2006年9月 第2世代 16GB 2008年9月 第4世代 iPod classic (iPod 第6世代) 80GB/160GB 2007年9月 120GB 2008年9月 160GB...
デジタル一眼レフは、コンパクトデジタルカメラに比べると、大きくて重くかさばるという欠点がありますが、カメラとしての性能はピカイチです。 カメラのセンサー自体が高機能で、コンパクトデジカメに比べ同じ場面でも確実に綺麗に撮影可能 撮りたいと思った瞬間に確実に撮れるリレーズタイムラグの短さ 高速に動く乗り物、動物、子供のシャッターチャンスを逃さない連続シャッター機能(連写) 自分の思ったとおりに設定できるマニュアル撮影機能 望遠や広角、魚眼など、様々なレンズを取り付けられる拡張性 など、撮影にこだわる方にとっては便利な機能が満載です。 しかし、注意しなければいけないのは、高価で拡張性が高いからこそ、将来性を考えた選び方です。 例えば10万円のカメラ本体を買っても、さらに数万円のレンズが必要になります。 初めは標準ズームとセットの物を購入し、慣れてもっといろいろな撮影をしたくなると、望遠やマクロ、広角、単焦点など様々なレンズを選ぶことになると思います。さらにストロボなど、様々な周辺アクセサリーもそろえるようになるでしょう。 もしも、標準ズームだけで使い、レンズ交換など興味ないのなら、コンパクトデジカメか少し大きめのデジカメを選びましょう。一眼レフの拡張性はありませんが、なによりこちらの方が安いし、そのまま使えるので面倒がありません。 しかし、将来いろいろな撮影を楽しみたいと考えるなら一眼レフでしょう。 その場合、拡張性が重要です。 拡張性にもいろいろありますが、大きなところはレンズと、周辺アクセサリーです。 特にレンズは一眼レフの醍醐味とも言える部分で、様々なレンズがそろっている本体を選ぶのが無難でしょう。 レンズは、各メーカーによって取り付け部分の形状が異なり、例えばニコンのレンズをキヤノンの本体に取り付けることが出来ません。 ニコンのレンズ取り付け部分はFマウントという規格で、キヤノンはEFマウントという規格を使っています。デジタル専用マウントもありますがここでは省略します。 これ以外にもソニーのαマウント(旧ミノルタのAマウント)、フォーサーズマウントなど、カメラメーカーごとに規格はいくつもあります。 それぞれのマウントを使えるようにするマウント変換アダプターなどもありますが、これを使うと制約も出てくるので一般的にはあまり使いません。 当然、キヤノンはキヤノンのEFマウントのレンズしか発売していませんし、ニコンも同じです。レンズの種類はメーカーごとに異なりますが、キヤノンやニコンは数十以上のレンズがあり選択肢が豊富ですが、そうではないマウントもいくつかあります。 自分が欲しいレンズが他のマウントにしかないという事態を防ぐためにも、一眼レフを選ぶのなら、選択できるレンズの数が多いマウントのメーカーから選ぶのが無難でしょう。 そのため、初めにどのマウントのカメラを選ぶかというのは非常に重要です。
Amazon.co.jpにおいてようやく電子書籍サービスが開始された。 電子書籍端末が発売する前の2012年10月25日には書籍販売のKindleストアもスタートし、iPadなどのタブレット端末やiPhoneやAndroidのスマートフォンなどでKindleで提供される書籍が読めるようになった。 ここで、開始時時点での書籍の価格をチェックしてみよう。 Kindleなどの電子書籍では紙、印刷、製本、物流などのコストがかからないことから、本が安くなることが期待されているがどうだろうか。 「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」は、書籍が1,470円のところ、Kindle版が700円で期待通りに安く設定されている。 「道をひらく」も書籍が914円のところ、Kindle版は667円となっている。 コミックの場合はどうだろうか。 「ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 2」は書籍が420円のところ、368円となっている。 ここで注目なのが、この価格は出版社の集英社が設定した物と言うことだ。 出版社が設定していない物はAmazonが卸値から独自に設定した物でかなり安くすることが予想されるが、出版社は紙の書籍を守るためか、それほど安くは設定しない。 その典型的な例が次となる。 「まほろ駅前番外地: 2」は単行本が1,575円だが、文庫は530円。出版社はKindle版をこの文庫に会わせた530円に設定している。 このような書籍と同等に設定している物もあれば、書籍より高くなる物もある。 「ツナグ」は単行本が1575円で、文庫が662円だが、Kindle版は文庫よりも高い833円となっている。

人気

最新