9月 232013
 

Ustreamやニコニコ動画、YouTube Liveなどネット動画が普及しています。
このネット動画は、自宅やスタジオなどからのライブは当然可能ですが、屋外でのライブ配信も通信環境さえあれば可能になっています。

屋外でライブ配信するには、通信環境に何を選ぶかが重要になっています。
2013年現在、LTEやWiMAXを選ぶと高品質な通信環境を得ることが出来ます。しかし、それぞれの通信環境は常に高品質な状態を維持しているわけでは無く、刻々と変化しています。

通信状況は刻々と変化しており、手動で変更するのは難しいです。
また、配信を途中で止めずに通信環境を変更するのもほぼ不可能です。

この最適な通信環境を自動的に選択するシステムがあります。

各社の3GやLTE、WiMAXなど最適な環境を自動的に選択したり、データを分割して送信するなどして高品質なライブ配信を確保するシステムです。

単純に3GやLTEを選択するだけでは無く、送信を高品質にするため、受信用のサーバーも必要になります。
このため、機材の価格も高価になり、個人などでは利用が難しい金額になっています。
1日単位などのレンタルシステムもあるので、利用は不可能ではありませんが、高画質で高品質なモバイルライブ配信を検討している方は利用を検討してみましょう。

主な最適な通信環境を自動的に選択するライブ配信システム
TVUPack
LiveU

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 最強のネット動画ライブ配信通信環境 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.