9月 042013
 

HDMI Forumは2013年9月4日、HDMI規格の最新版HDMI 2.0を発表した。
HDMI 2.0は4K解像度への本格対応などが目玉で、今後の4K(Ultra HD)テレビなどで標準的に使われるようになる規格。

従来のHDMI 1.4でも3840 × 2160 30pもしくは4096×2160 24pの解像度に対応していた。
今回のHDMI 2.0からは4096×2160 60pの対応になることで、テレビの4K対応が本格化する。

4Kテレビの普及のためには、HDMI規格の登場と、放送規格の策定などが待たれているが、その1つの課題が解消したことになる。

主な特徴
4K@50/60, (2160p), which is 4 times the clarity of 1080p/60 video resolution
Up to 32 audio channels for a multi-dimensional immersive audio experience
Up to 1536kHz audio sample frequency for the highest audio fidelity
Simultaneous delivery of dual video streams to multiple users on the same screen
Simultaneous delivery of multi-stream audio to multiple users (up to 4)
Support for the wide angle theatrical 21:9 video aspect ratio
Dynamic synchronization of video and audio streams
CEC extensions provides expanded command and control of consumer electronics devices through a single control point

HDMI FORUM RELEASES VERSION 2.0 OF THE HDMI SPECIFICATION
HDMI Forum

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - HDMI 2.0正式発表 4K機器対応の第一歩 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.