7月 252013
 

高倍率ズームレンズ搭載のコンパクトカメラは1つのジャンルとなっている。

2013年現在、最大ズーム倍率で60倍、35mmフィルム換算で1200mmが最大となっているようだ。

1200mmのレンズは一昔前にキヤノンが一眼レフカメラ用に販売しており、重量は約16kg、当時の価格は約1,000万円という価格だった。
レンズの性能は異なるが、これと同等のレンズ性能のコンパクトデジカメが数万円で手に入る時代となっている。

このような超高倍率ズームレンズは、スポーツ観戦、野鳥撮影などには必要だが、野鳥撮影などは、従来から標準的なカメラに、別途レンズを装着するという手法がよく使われていた。

フィールドスコープと呼ばれている双眼鏡のような物と、デジタルカメラを組み合わせた「デジスコ」という手法だ。
フィールドスコープをカメラのレンズとして扱うことで、通常のデジタルカメラではできない超望遠を実現できる。

フィールドスコープとカメラによっても異なるが、3000mmなどの超望遠が実現できる。
実際に3000mm必要かどうかは撮影対象によっても異なるが、カメラ自体に1000mm程度のレンズが付けばデジスコが必要なくなるケースもある。

デジスコはカメラとフィールドスコープの選び方、そのセッティングが簡単ではない場合もあるが、高倍率ズームのカメラなら誰でも簡単に撮影ができる。
また、このようなカメラには専用のテレコンバージョンレンズが提供されていることもあり、場合によっては純正品で2000mm程度にすることもできる。

デジスコはまだ用途によっては重要な技術ではあるが、高倍率ズームカメラが続々と登場していることで、誰でも気軽に今までは不可能だった被写体の撮影ができるようになっている。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 高倍率ズームレンズ搭載コンパクトカメラの基本 2013 Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.