3月 172013
 

最近のネット広告は自分の好みに合わせて最適化されます。
その好みはどうやって調べるのでしょうか。

インターネットのユーザーは検索を頻繁にします。
例えばGoogleで「将棋」を検索した人は「将棋」に興味があります。
将棋のサイトに行くこともあるでしょうが、将棋以外の普通のニュースサイトに行くこともあります。
将棋のサイトに将棋の広告が掲載されるのはあたりまえですが、将棋以外のニュースサイトに行く際もその人には将棋の広告を掲載した方が広告としては効率的です。

そのため、将棋を検索した人は、他のサイトでも将棋の広告を出すようにします。
誰が、いつどこのサイトを見たのかはブラウザ内に保存されているクッキーなどの仕組みを利用します。

そのため、いつも使っているパソコンと、全く使ったことのない誰かが使用しているパソコンでみると、表示される広告は全く違う物になるはずです。

例えばこの記事の最後に楽天の広告が表示(2013年3月現在)されています。
ここで表示されている広告は、楽天が独自のアルゴリズムに基づいて表示していますが、一度楽天でいつもとは違うサイトをみると、それに関連した広告が表示されてるようになります。

例えば、楽天にアクセスしてその中で何かを見ると、次からはそのときに楽天で見た内容に特化した広告が表示されるようになります。

これは楽天やGoogleのような大きなサイトだけではなく、小さなサイトも様々な技術を利用して広告の表示を最適にしようとしています。
この動きは今後さらに進化していくでしょう。

以下の楽天のリンクはすべて広告です。

楽天で検索するのが面倒な方は、以下をクリックして確かめることもできますが、これも広告です。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 検索などで最適化されるネット広告 Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.