6月 192012
 

飛行機の機内には、ゲーム機やスマートフォン、パソコンやデジカメなどの電子機器を持ち込むことが出来る。
機内に持ち込む理由は様々だが、預けた場合の破損を防止することと、機内で使用するためという2つにわけられる。

機内で使用するために電子機器を持ち運ぶと言うことは、使うと言うことだが、最近の電子機器には無線機能などが備わっており、この無線機能が飛行機の計器などに影響する心配がある。

そのため、多くの飛行機の機内では無線を発信する電子機器の使用は禁止されている。
例えば、携帯電話やスマートフォンはその代表的な例で、携帯型ゲーム機やパソコンなども同じく無線機能があるし、最近ではデジカメなどにも無線機能がついている。

これらの無線機能があったら使えないわけでは無く、無線機能を切ることが出来る。
例えば、携帯電話やスマートフォンには機内モードがあり、これを入れればすべての無線機器をオフにすることが出来る。

ノートパソコンも同様に無線機能を切る事が出来るので、搭乗前に切っておくことが必要だ。

欧米の航空会社の中には、機内でインターネットに接続できるサービスを提供していることがある。これは機内で無線LAN(Wi-Fi)がサービスされているから利用できる。
この場合、インターネットに接続するために各機器の無線LAN機能を使う事が出来る。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 飛行機の機内でスマートフォンやゲーム機、パソコンを使う方法 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.