4月 142012
 

スマートフォンの普及が徐々に進んでいるが、2012年に入るとスマートフォンからの情報漏洩が一般のニュースでも話題になっている。
どこまでを情報漏洩とするか、何を情報漏洩とするかは難しいところだが、インターネットを使っていれば、IPアドレスやブラウザに何を使っているかなどの情報は、接続先のサーバーにはわかる。さらに、検索結果などから表示する広告を厳選するような事まで出来るような仕組みがインターネットにはある。
これはインターネットの技術上防ぐのが難しい部分だが、メールや電話帳の内容など通常送信しない情報まで送信してしまうウイルスのようなソフトが、スマートフォンでもたびたび見つかっている。

スマートフォンのアプリはアプリストアなどからダウンロードするのが一般的だが、それ以外の手段で入れることも可能。
例えば、Androidはアプリストア自体をGoogleが提供しているGoogle Play(旧Android Market)や、その他の携帯電話会社のアプリストアなどいくつもあり、様々なところからダウンロードできる。
一方で、アップルのiPhoneはアップルのApp Storeからダウンロードすることしか一般ユーザーには出来ない。

アップルのApp Storeは登録されているアプリをすべてアップルが審査しており、ウイルスなどのアプリは基本的に無い。もちろん、アップルの審査をかいくぐるようなウイルスが出てくるような事も考えられるが、その可能性は非常に低い。

一方、AndroidのGoogle Play(旧Android Market)は基本的に審査なしに登録されたアプリが多く、どれが正常なソフトなのかウイルスなのかは一般ユーザーには判断が出来ない。
当然ながら、問題が発覚すれば、Googleが公開を止めるのでその点では安心できるが、情報流出などの被害を回復することは出来ない。
AndroidではGoogle Play以外に登録するソフトを事前にしっかり審査するマーケットもあるが、審査のレベルもいくつもあり、それが完全なことは無いので、完全に信頼することは出来ない。

基本的に、AndroidよりもアップルのiPhoneの方が、審査が厳しいため安全と言えるが、今後、その審査をかいくぐるようなウイルスが出てくる可能性はゼロでは無い。
Androidも使うアプリを開発元が著名で、定番となっているようなソフトだけに絞れば安心度が高い。情報漏洩するかどうかはアプリと本人の使い方次第だ。

まとめ
情報漏洩を防ぐにはアップルのiPhoneがお勧めだが、これが完全なわけでは無いし、Androidでもダウンロードアプリを厳選するなどすれば、その問題も少ない。
結局は使う人次第。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 情報漏洩の無い安全なスマートフォンはどれか? Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.