10月 232011
 

ヘッドホンにはそれぞれ特徴があります。

見た目やサイズで大きく2つに分けると、耳に入れるような小さな物と、バンドのような物で頭に挟み込むような大きな物に分けられます。
耳に入れるような小さな物でも、耳栓のようにして耳の中に入れるもとと、耳に引っかけるだけの物などがあります。大きな物ではバンド部分なども大きい物から、小さめな物、バンド部分が後ろに来る物や、バンド部分がなく、耳に引っかけるように使う物など多種多様です。

この形や見た目以外の特徴としては音質があります。
ヘッドホンに限らずスピーカーなどは、それぞれの製品が目的に応じて特徴のある音が出るようにしています。
安い製品は無難な音がそれなりに出るように、高級製品は音楽ファンなどの要求に耐えうるような繊細な音が出るようになど。

ヘッドホンによる音質の違い
特にヘッドホンは目的別に特徴のある音が出るようにしてあります。いくつかありますが、大きく分けると3種類あります。低音を重視した物、モニター向けというどんな音も平均的に出す物、その他となります。
その他は、ヘッドホンごとに特徴があり、微妙で繊細な違いになります。本当にこだわる方が自分の視聴スタイルに合わせてじっくり検討する必要があるでしょう。

ヘッドホンの選び方

モニター向けヘッドホン
音楽や映像などを制作する方がフラットな音で視聴する場合に適しています。同様に、偏った音ではなく平均的な音が無難に聞きたい場合にも適しているでしょう。

低音向けヘッドホン
低音を重視した音楽などを聞く方に適しています。

その他のヘッドフォン
ヘッドホンごとに特性の違いがあるので、実際に試聴したり、専門誌などのレビューを参考に自分の聴く音楽に合わせて選びましょう。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 音が異なるヘッドホンの音質の違い Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.