9月 042011
 

スマートフォンが増える事で、携帯電話回線でのデータ通信が混雑する事が実際に発生していますし、今後さらに深刻になる事が予想されています。

その最も低コストで簡単な対策がWi-Fiにオフロードする事です。
データ通信は要するにインターネットを利用しているので、スマートフォンユーザーはわざわざ高コストの携帯電話回線を使うよりも、Wi-Fiを使った方が低コストになります。

例えば、スマートフォンで一般的に使われているHSDPAは14Mbpsまでしか対応していませんが、IEEE802.11gという無線LANでは54MbpsというHSDPAの数倍の通信速度に対応しています。
この無線LANの設置は携帯電話の基地局を設置するのに比べ非常に低コストになるので、各事業者は携帯電話回線で使われているデータ通信を、Wi-Fiに逃すオフロードが今後活発になります。

図解 スマートフォンが増えて速度規制されるわけでいくつかの通信がWi-Fiにオフロードしたときの状況を見てみましょう。

携帯電話のWi-Fiオフロード

この図では10台接続されているうち、3台のスマートフォンをWi-Fiにオフロードしただけで、携帯電話のデータ通信回線にかなりの余裕が出ている事がわかります。
オフロードしたスマートフォンでは3G回線を使ったデータ通信よりも高速に接続できるようになるので満足度も向上するでしょう。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - Wi-Fiによるオフロードでスマートフォンも快適利用 Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

  One Response to “Wi-Fiによるオフロードでスマートフォンも快適利用”

  1. […] Wi-Fiによるオフロードでスマートフォンも快適利用 […]

Sorry, the comment form is closed at this time.