6月 302011
 

原子力発電所は定期的に検査が必要だが、東日本大震災以降、地元自治体などの反対で稼働していない原子力発電所がいくつかある。
原子力発電所の定期検査は安定稼働した時点で終了するので、稼働しない限り定期検査が終わることはない。
2011年6月末に2011年中に技術的に稼働が可能と思われる原子力発電所をまとめた。

定期検査中で稼働再開が可能な原子力発電所
北海道電力 泊原子力発電所 1号機 57.9万kW
北海道電力 泊原子力発電所 3号機 91.2万kW

東京電力 柏崎刈羽原子力発電所 2号機 110.0万kW
東京電力 柏崎刈羽原子力発電所 3号機 110.0万kW
東京電力 柏崎刈羽原子力発電所 4号機 110.0万kW

日本原子力発電 東海第二発電所 110.0万kW
日本原子力発電 敦賀発電所 1号機 35.7万kW

関西電力 美浜原子力発電所 1号機 34.0万kW
関西電力 美浜原子力発電所 3号機 82.6万kW
関西電力 高浜原子力発電所 1号機 82.6万kW
関西電力 大飯原子力発電所 1号機 117.5万kW
関西電力 大飯原子力発電所 3号機 118.0万kW

中国電力 島根原子力発電所 1号機 46.0万kW

四国電力 伊方原子力発電所 3号機 89.0万kW

九州電力 玄海原子力発電所 2号機 55.9万kW
九州電力 玄海原子力発電所 3号機 118.0万kW
九州電力 河内原子力発電所 1号機 89.0万kW

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2011年中に稼働が可能と思われる原子力発電所一覧 Bookmark this on Delicious Digg This
facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.