6月 262011
 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで提供されている作品は、文章、写真、ビデオ、音楽など多岐にわたります。
それぞれの作品には最低限の条件として著作者のクレジット表記(元作品の作者名表示)が必要になります。

これに加えて、営利目的での利用禁止を示す非営利改変禁止のマーク、その後の作品を元の作品と同じライセンスで公開することを示す継承のマークなど、作品によって条件がいくつかあり、これを注意しないと権利を侵害してしまうようなこともあるので注意が必要です。

それぞれの条件によって異なりますが、利用者として最も利用しやすいのが
CC BY
です。

CCの横にある人のアイコンにBYと書かれていますが、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスで、著作者表示をすれば利用可能という意味です。
これなら、権利者の名称さえ記載忘れなければ、その作品を自由に利用することが可能です。
音楽ならビデオのBGMに使用したり、写真や絵ならそれを本の表紙にして販売することも可能です。

クリエイティブ・コモンズでも使いにくいのが、非営利や改変禁止が入った

のようなライセンス形態です。

CCの横にBYがあり、その横にNC、NDがあります。
NCは非営利でしか使用できないという意味で、NDは改変禁止です。

非営利なので、実際の権利者がどのような意味で使用しているのかわかりにくいのですが、厳密に言うと広告の付いたブログなどへの掲載もダメということになりかねません。
また、改変禁止だと、ビデオのBGMとして音楽を使う事も、オリジナルのファイルを改変することになるのでダメだという受け取られ方をされるかもしれません。

そもそもクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで作品を公開している方はこのあたりの意識の高い方が多く、直接聞けば問題なく利用させてくれることも多いようです。著作者がどのような条件で公開した物かをしっかりと確認して作品を合法的に利用しましょう。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - クリエイティブ・コモンズ作品の利用の仕方 Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.