2月 202011
 

最近のパソコンはOSも64bitに移行し、64bitネイティブに対応するソフトも増えています。
特に動画編集ソフトなど、メモリが大量にあればあるほど快適に動作するソフトは、予算がある限りメモリを増やしたいところです。

現在のパソコンで大量に搭載できるパソコンは、メモリスロットが6つあり、1つあたり4GBのメモリを搭載して合計24GBとなる製品です。

これに対応するのは2009年後半に出荷された、インテルのCore i7 900番台といわれるコード名Bloomfield、GulftownとなるCPUを搭載した製品です。LGA1366のソケットに対応したCPU搭載製品とも言えます。
2011年1月に出荷開始されたコード名Sandy Bridgeはメモリスロットが4つしか物理的に搭載できないため、4GBのメモリを4枚差しても最大16GBとなっています。これに使われているソケットはLGA1155と言われています。
Sandy BridgeはCPUのパフォーマンスは非常に高い物の、メモリを大量に搭載する用途では若干劣ります。

しかし、2011年第3四半期(7月以降)にはコード名Sandy Bridge-ENと呼ばれる新しいCPUが登場します。
これは最大で12枚のメモリをさせるようになります。実際に製造されるパソコン用マザーボードには、おそらく6枚のメモリを差せるようにした物が多く出回ると思われますが、この場合でBloomfield、Gulftownと同等のメモリ容量となります。
物理コア数も6か8になるので、2011年前半に発売されたSandy Bridge対応機をより強化したデスクトップパソコンが登場するでしょう。

2011年に購入するメモリを大量に搭載するパソコンを選ぶなら、7月以降に発売されるSandy Bridge-EN採用モデルがねらいです。

もちろん、サーバーやワークステーションは100GB以上のメモリを搭載できますが、コストがハイエンドパソコンの数倍になるので、ブルジョア階級以外には手は出せないでしょう。

Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ DDR2-667 2GB 永久保証 JM667QSU-2G

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2011年のメモリを大量に搭載できるパソコン選び Bookmark this on Delicious Digg This
Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather

Sorry, the comment form is closed at this time.